企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12131件   回答数25117

事業所の届出について

いつもお世話になります。
事業所新設にあたり、届出に関することでご相談させていただきます。
今般、弊社のグループ会社(約30名)が、他県にサテライトオフィス(分室)を設置することになりました。そこで勤務する社員は5名程度ですが、この場合、新設にあたってその拠点管轄の官公庁(監督署・税務署など)へ何らかの届出が必要となりますでしょうか?初歩的な質問で恐縮ですが、ご回答の程お願い申し上げます。

  • 投稿日:2016/02/09 23:02
  • ID:QA-0065130

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/02/10 11:26
  • ID:QA-0065139

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

文面内容を拝見する限りでは、サテライトオフィスはごく小規模の出張所的な単位と考えられます。

そうした人事管理機能を有さないオフィスであれば、直近上位の事業所に包摂されるものとなりますので、独立した事業所としての手続きは不要になります。オフィスの場所を管轄するハローワークへ「事業所非該当承認申請書」を提出する事でそうした取扱いが可能です。

尚、税務については人事労務管理とは別の扱いになりますので、顧問税理士または管轄の税務署へご確認頂くとよいでしょう。

  • 投稿日:2016/02/10 11:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
但し、36協定の届出は事業所単位が原則となるのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/02/11 18:01
  • ID:QA-0065149

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして有難うございます。

「36協定の届出は事業所単位が原則となるのでしょうか?」
― 当該オフィスについては事業所に該当しないわけですから、当然ながら同じく直近上位の事業所に含めての取扱いになります。

  • 投稿日:2016/02/12 09:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/02/18 09:48
  • ID:QA-0065186

社会保険労務士法人SRグループ 代表

勤怠管理や指揮命令権などの人事権を持っているかどうかがポイント

サテライトオフィスの組織の長が人事権(勤怠管理や指揮命令権など)をもたず、その組織に事務処理機能もない場合、届出内容は以下のとおりです。

年金事務所に対して:手続き不要
ハローワークに対して:雇用保険事業所非該当承認申請書を提出
(50人未満の事業書は提出)
監督書に対して:手続き不要(保険関係成立届 、36協定)
税務署に対して:税務署に確認ください。


規模が著しく小さく、組織的な関連や事務能力等を勘案して一つの事業場という程度の独立性が無いものは、直近上位の機構と一括して一つの事業場として取り扱うとされています。規模について明確な定義はありません。

一方で、勤怠管理や業務指示を行っている方がサテライトオフィスにいる場合、独立した事業場と考える傾向があります。
(監督署によって判断が分かれますので、確認をお勧めします。)
この場合は、監督署に労働保険保険関係成立届と労働保険継続一括認可申請書を提出します。

労働保険継続一括認可申請は、以下の要件を満たす必要があります。
(1)それぞれの事業が継続事業であること
(2)指定事業と被一括事業の事業主が同じであること
(3)それぞれの事業について成立している保険関係が同一であること
(4)それぞれの事業が労災保険料率による事業の種類が同じであること

  • 投稿日:2016/02/18 10:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

非常に参考になりました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則の届出について
弊社は社員数300名強。全国に数十箇所の支店を持っていますが、それぞれの支店は社員が10名おりません。 このような場合でも、すべての事業所で就業規則の届出を行なわないといけないのでしょうか?
36協定届出について
担当となってわかったのですが、上記届出がここ2年されていないことが判明しました。 早急に届出する事は理解しているのですが、罰則はうけるのでしょうか?
36協定は10名未満でも必要ですか?
36協定は10名未満の事業所でも届出が必要ですか? 根拠を教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...