企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15102件   回答数32484

赴任手当の定義について

いつも参考にさせて頂いております。

弊社では国内転勤該当者へ「赴任手当」を支給する旨が就業規則に記載されております。 その赴任手当の定義について、お伺いしたくお願いいたします。

第xx第x条
国内転勤を命ぜられたものは支度金として赴任手当を支給する。

x 項 赴任手当次のように定める。
赴任者月額基本給の1カ月分

上記赴任手当に関する記載の全てです。 

最近採用地⇔赴任地を往復したものがおり、本人から赴任地から採用地に戻った際の赴任手当を請求されています。 会社は赴任=下記①を定義しており支払いの意思はありません。 (社員は下記②を主張しておられます)

① 赴任とは採用地から転勤地(赴任先)への異動を指す
② 赴任とは採用地から転勤地への異動、および転勤地から採用地への戻り異動も含む

会社の意思は①である旨を該当者へ伝えようとしている段階ですが、改めて法的にそう言いきって問題がないのかご教示いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2015/07/13 12:08
  • ID:QA-0063016

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/07/14 10:48
  • ID:QA-0063027

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、赴任手当とは会社が任意に定義して支給されるものです。また、赴任という言葉も法的に定義されてはおりません。

従いまして、御社で規程上①の定義をされている以上、帰任の際にまで手当支給される義務はございません。

  • 投稿日:2015/07/14 11:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答をありがとうございました。 会社の任意の定義で問題なしとのこと、安心いたしました。 該当社員へもそのように伝えたいと存じます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2015/07/15 11:26
  • ID:QA-0063040

代表者

格別に妥当な定めがなければ、元勤務地への転勤にも支給するのが筋

先ず、 「 赴任手当 」 なるものの支給基準が明記、 周知を欠いているのは最初の問題点です。 当該手当が、 赴任時に、 荷造運賃関係や、 実費としての証憑類の提出が可能な費用は当然支給した上で、 それ以外の一過的に発生する実費見合いの定額支給金であれば、 赴任の都度、 支給すべきです。 税法では、 数値的線引きは一切示されていませんが、 雑費的性格で多額に亘らずなければ、赴任者に経済的利益を齎さない ( 右から左へ、 OUT OF POCKET EXPENSE ) と看做され、 非課税とされる点からも、 赴任の都度、 支給するのが筋でしょう。 因みに、 「 赴任手当 」 なるものは 「 転勤手当 」 と大差ないものと理解すれば納得し易いと思います。 依って、 格別の定めがなければ、 当該社員の理解の方に分があると考えます。 赴任も転勤も、 社命による勤務地の変更ですから、 A地 ↔ B地、 B地 ↔ C地、 C地 ↔ A地 とその都度、差別なく、手当を支給するべきでしょう。 蛇足ながら、単身赴任の際には、 支給額を変えても、 支給条件は、 それなりに統一すべきです。

  • 投稿日:2015/08/18 12:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂きありがとうございました。 妥当性について改めて検討いたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
赴任手当
当社は赴任する者には、赴任旅費として以下が支給されます。  ①片道交通費   ②荷造運送費   ③赴任手当 うち③赴任手当は、単身で赴任した者が異動により家族居住地へ赴任する場合は、支給の対象外としていますが、 赴任先に実家があり独身者が実家に戻った場合も、同様に赴任手当の対象から外して問題ないでし...
単身赴任者の赴任先住居について
いつもお世話になります。 表題の件、お願い致します。 やむを得ず家族を離れ単身赴任をする場合に、一般的には赴任先の住居についてどのような待遇がされているのでしょうか。 現在賃貸に住んでいる場合に、赴任先でも家賃を払うと2重になってしまうので、どのようにすれば良いのか悩んでおります。 一般的な事例...
転勤、単身赴任に関する手当の処理について
転勤を命じる場合、単身者●万円、家族有者●万円といったように、赴任手当を支払うことにしようと思います。この手当の課税、社会保険料の取扱いはどのようにすればよいでしょうか? また、単身赴任者に月1回帰省旅費の実費を支払う場合についてもご教示下さい。 どうぞ宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 会社は社員の事情をどこまで考慮してくれる?「転勤」に関する取り扱いの最新実態を探る
    サラリーマンに「転勤」はつきものですが、それが転居を伴うものになると、ちょっとした一大事です。引っ越し先を探したり、子供の幼稚園や学校の心配をしたり。家族と離れて単身赴任する場合は自分の健康や経済的な負担も気になってきます。そんな「転勤」をめぐる個人の事情について、今の会社はどれくらい配慮してくれる...
  • 転勤に関する諸取り扱いの実態――回数、実施時期、本人事情の配慮など
    労務行政研究所が2005年以降、2年ぶりに「国内転勤に関する実態調査」を行いました。定期異動・転勤発令の回数、内示・赴任の日程のルール化、転勤者選定における本人事情の配慮といった転勤発令をめぐる取り扱いなどについて調べています。
  • 海外駐在員の特別休暇、一時帰国制度等の実施状況
    『労政時報』では、1972年から毎年、海外駐在員の給与水準と給与制度の設定内容ほか駐在員管理にまつわる諸事項について実態調査を行っています。今年はこれに加え、(1)赴任(帰任・転任)時の特別有給休暇(2)一時帰国(休暇)制度(3)単身赴任者の国内残留家族の一時呼び寄せ(4)駐在員が帰任または転任した...

あわせて読みたいキーワード

転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 高尾の森わくわくビレッジ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/29
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。