企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

コーポレート部門従事者の競業避止義務

お世話になります。
経営スタッフや人事、CSRといったコーポレート部門に従事する者が一部競業する企業へ転職することは、就業規則に規定される競業避止義務違反にあたるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

投稿日:2015/03/29 16:08 ID:QA-0062031

チカチャンさん
大阪府/化学

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

就業規則の定めが、十分な抑止力ある内容かどうかをチェック

退職後の競業避止は、 憲法に定められている 「 職業選択の自由 」 の観点から、 一定の条件が満たされていないと、 係争で敗訴になる事例が多く見受けられます。 「 一定の条件 」 には幾つかありますが、 「 誓約書や就業規則で定めてあること 」 も、 その有力な条件の一つです。 コーポレート部門従事者のみならず、 研究開発、 製造技術、 客先情報など、 企業にとって重要な守秘情報は数多くあります。 先ず、 就業規則の定めが、 十分な違反抑止力として機能する内容かどうか、 更めて、チェックして下さい。

投稿日:2015/03/30 11:35 ID:QA-0062034

相談者より

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただき、対処いたします。

投稿日:2015/04/01 23:37 ID:QA-0062057大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

競業避止のついて

経営スタッフ、人事部等であれば全て競業避止義務があるということではありません。
退職後まで、本人の就職についてしばるのは、職業選択の自由に反しますので、
それなりの必要性、企業秘密といえるまでの機密を知る立場にあるのか、さらに
期間や地域なども限定して考える必要があります。

また、
就業規則という包括的な約束だけではなく、個別合意書も取っておく必要があります。

投稿日:2015/03/30 12:42 ID:QA-0062035

相談者より

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただき、対処いたします。

投稿日:2015/04/01 23:38 ID:QA-0062058大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、何処までが競業避止義務の対象となるかに関しまして明確なルールはございません。訴訟等になった際には、事案の個別具体的な事情を考慮した上での判断になるものといえますので、この場で確答は出来かねます件ご了承下さい。

その上で申し上げますと、経営に深く携わっている場合は別ですが、単にコーポレート部門の属しているというだけで同業他社への転職が違反行為になるとまではいえません。仮に就業規則上の定めがあるとしましても、憲法で認められた当人の職業選択の自由が尊重されるからです。当人が前社で得た経験やスキルを生かすというのもまた当然の流れといえるでしょう。

加えまして、違反行為に対し損害賠償請求等により咎める事が出来るのは、実際に営業秘密を漏洩する等によって損害が発生した場合になるものといえます。

従いまして、同業他社に転職したからといって直ちに違反と考えるのは早計であり、状況を確認しながら慎重に対応される事が求められます。

投稿日:2015/03/30 18:08 ID:QA-0062044

相談者より

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただき、対処いたします。

投稿日:2015/04/01 23:38 ID:QA-0062059大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

競業避止義務違反

競業避止義務違反の内容によりますが、顧客情報や経営数値、研究開発情報といった「機密」を持ち出したりでないと、なかなか証明が難しいと思われます。新規事業や今後の経営計画の秘密を利用するようなことを、入社先の企業がやってくるなど、露骨な動きがある場合でも、会社としてしっかり機密防衛措置を取っていたかなどの責任も問われます。ゆえに一方的な、機械的縛りと考えず、会社としてきちんとした機密防衛措置を取り、合理的な年数や範囲での競合企業への就業を規制する同意書等で防衛することはできますが、所属部署だけで一律な規制は難しいと思います。

投稿日:2015/03/30 23:02 ID:QA-0062045

相談者より

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただき、対処いたします。

投稿日:2015/04/01 23:38 ID:QA-0062060大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
競業避止義務
「競業避止義務」とは、労働者は所属する企業と競合する会社・組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことです。一般に在職中は、労働契約における信義誠実の原則にもとづく付随的義務として競業避止義務を負うとされ、また取締役は会社法365条により、在任中...
CSR
Corporate Social Responsibilityの頭文字をとったもので、日本では「企業の社会的責任」と訳されています。従業員の労働面での人権保護、地球環境や地域社会など、多様で大勢のステークホルダー(利害関係者)に配慮した経営のことです。文化活動を支援するメセナとは異なり、本来の企業...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

POSITIVEの導入事例はこちら
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/29
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミスなく!手間なく!リスクなく!<br />
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...