企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数15054件   回答数32348

役職者の社会保険について

取締役が1社以上の会社で取締役をしている場合の社会保険はどの様にすれば良いのか
教えて下さい。

現在、常時出社している会社で社会保険の加入をしておりますが、他社でも加入しなければ
ならないのでしょうか。その場合、保険証はどのようになりますか。

宜しくお願い致します。

  • *****さん
  • 新潟県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2013/06/13 16:08
  • ID:QA-0054944

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/06/13 16:33
  • ID:QA-0054945

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

社会保険の加入につきましては原則として常勤の役員の会社のみとなります。勿論、加入している会社のみの保険証発行になります。

但し、他社における役員に関しましても、明確な基準はございませんが、例えば取締役会に出席している等経営への参画がなされており業務執行に携わっているということであれば、勤務時間等に関わらず社会保険の適用対象になるものと考えられています。その場合ですと、当該会社でも保険適用となり、各々の会社の報酬を合算して標準報酬月額を決定し、算出された保険料については報酬額に応じて按分して各々の会社で支払う事になります。保険証は当人の選択した会社のみでの発行となります。その他詳細手続きに関しましては、年金事務所で確認頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2013/06/14 08:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
大変参考になりました。
2社で話し合い、按分する方向にしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/06/14 00:13
  • ID:QA-0054950

社会保険労務士法人SRグループ 代表

役員の社会保険加入要件は総合的に判断。2以上勤務該当時も健康保険証は1枚のみ。

取締役が2か所以上の事業所で社会保険の加入要件を満たすのであれば、
それぞれの事業所で社会保険に加入させる必要があります。

そこで、どのような場合に役員を社会保険に加入させる必要があるかが問題となりますが、
この点に関して法令等で明確な基準があるわけではなく、
下記要素を総合考慮して判断することになります。

・定期的な出勤の有無
・役員会の出席の有無
・従業員に対する指示・監督の状況
・役員との連絡調整の状況
・法人に対してどの程度の意見を述べ、 影響を与える立場にあるのか
・法人からの報酬の支払いの実態 (社会通念上相当とされる程度の実費弁済的なものだけであるか否か)

ただ、同一事案であっても年金事務所によって加入・非加入の判断が分かれることもあるため、
会社判断で社会保険非加入としてしまうと、年金事務所の事業所調査の際に
社会保険の加入漏れを指摘される可能性があります。
管轄年金事務所に具体的な勤務実態・報酬額を伝えて判断を仰ぐのがよいでしょう。

上記基準に照らして、他社でも社会保険の加入要件を充足しているのであれば
2以上の事業所で社会保険資格を取得することになります。

この場合、新たに社会保険に加入することになった事業所で被保険者資格取得届を提出のうえ、
いずれかの事業所を選択事業所として選び
(本人が自由に選べます。各事業所からの報酬の多寡は関係ありません)、
選択事業所管轄の年金事務所(又は健康保険組合)に所属選択・二以上事業所勤務届を提出します。

健康保険証は選択事業所の年金事務所(又は健康保険組合)からのみ発行されますので、
健康保険証が2枚になることはありません。

なお、2か所以上の事業所で社会保険の加入要件を充足した場合には
各事業所からの報酬を合算した額で標準報酬月額が決定されることになり、
社会保険料は事業所毎の報酬月額で按分された金額が
保険者から各事業所にそれぞれ請求されることになります。

  • 投稿日:2013/06/14 08:21
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
大変参考になりました。
2社で話し合い、按分する方向にしたいと思います。保険証は取締役にご相談してからにします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2013/06/14 09:58
  • ID:QA-0054958

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

取締役の場合には、一般労働者と加入要件が異なります。
他社で非常勤であっても定期的な経営参画、具体的には「週1,2回程度」経営会議等に
参加していれば、他社でも加入する必要があります。
例えば、月1程度あるいはそれより少なければ、加入する必要はありません。

複数加入要件があれば、二以上勤務届を主たる会社管轄の年金事務所あるいは健保組合に提出します。保険証はそこで一つ、手続きも全て、そこで行います。

保険料についてのみ、案分して各会社に請求されます。

  • 投稿日:2013/06/14 11:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの社会保険の加入について
アルバイトを社会保険に加入させる時、契約時だとどうしても、時間数がわからない点と、離職率が高い点からすぐに加入させたくないのですが。現場としてどの程度まで許されるものなのでしょうか。宜しくお願いします。
社会保険
いつもお世話になっております。 代表取締役が非常勤の会社があり、そこの社員が関連会社へすべて転籍になったため、社会保険加入者が0になりました。 その際に社会保険事務所等へ届出や何らかの手続きは必要でしょうか。
パートタイムの社会保険・雇用保険の加入資格
パートタイムの社会保険加入資格は一般社員の4分の3以上、雇用保険は週20時間以上ですが、それを下回る場合、加入できるのでしょうか?加入できないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

善管注意義務
会社法上、株式会社の取締役は会社から経営の委任を受けている立場にあると考えられ、取締役と会社との関係には、民法の委任に関する規定が適用されます(会社法330条)。そのため、取締役は「受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う」(民法644条)ことを求められま...
106万円の壁
2016年10月からパートタイマーに対する社会保険の適用範囲が拡大され、従業員501人以上の企業であれば、勤務時間が週20時間以上で、1年以上の勤務が見込まれるパートタイマーは、見込み年収106万円(賃金で月額8.8万円)から社会保険の加入対象となります。この改正により、配偶者が会社員・公務員である...
役職序列
会社組織における役職は、事業活動に関する相応の責任と職権を伴う役目や職務のこと。代表取締役社長や専務取締役、本部長、部長など、各企業には組織の規模や形態に応じてさまざまな役職があり、その序列や企業内での位置づけを「役職序列」といいます。役職序列は、責任の所在を明らかにするとともに、企業の意思決定や指...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...