企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14354件   回答数30503

就業規則 育児時間の規定について

うちの就業規則に育児時間の規定があり、「生後1歳に満たない生児を持つ従業員は1日につき2回、30分間の育児時間を持つことができる」と定めております。この育児時間に具体的に行うこととして、搾乳があることは分かっているのですが、他にどんなことを行うことが考えられますでしょうか。

お手数ですがご回答お願いします。

  • na585203さん
  • 茨城県
  • 化学
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/11/07 22:09
  • ID:QA-0051992

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2012/11/08 11:46
  • ID:QA-0051999

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

育児時間について

この育児時間は、勤務時間の始めや終わりに請求できるとされています。(S33.6.25通達)

また、規定により、連続して60分認める会社もあります。

もともとは授乳を想定して作られたものですが、勤務中のこま切れ時間でなければ、保育園送迎や授乳以外の様々な世話が考えられます。

  • 投稿日:2012/11/09 23:36
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。とても参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/11/08 23:06
  • ID:QA-0052013

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

文面の規定ですが、労働基準法第67条の育児時間について定めたものといえます。その内容ですが、1歳に満たない生児を育てる時間ということからも授乳・搾乳の時間を指すものといえます。

それ以外で生児の授乳・搾乳等に直接関係の無い事柄は育児時間に該当しないものといえます。但し、明らかに見当違いな利用で無い限りは柔軟に対応しても差し支えないものといえるでしょう。

  • 投稿日:2012/11/09 23:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

この規定も労基法からおとしこまれていたんですね。参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/11/09 09:44
  • ID:QA-0052024

社会保険労務士法人SRグループ 代表

保育所への送迎など育児に関する用途での利用が認められます。

育児時間は授乳の他に、保育所の送り迎えなどのために利用することもできます。
30分×2回の育児時間をまとめて取得し、1時間早く退社もしくは遅く出社して
保育所への送迎に充てる使い方が実態的にされています。

なお、育児時間における給与の支払は任意ですが、
使用者があらかじめ一方的に育児時間を指定して、
それ以外の時間帯には与えないと定めることは違法となります。

また育児時間は1日の労働時間を8時間とする通常の勤務を想定し、社員から請求があった際
1日2回の附与を義務づけるものであるので、1日の労働時間が4時間以内であるような場合は、
1日1回の附与でも問題ありません。

  • 投稿日:2012/11/09 23:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

保育所への送迎にも使えるんですね。勉強になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
ファミリー・フレンドリー企業
『仕事』と『育児・介護』とが両立できるような様々な制度を持ち、多様で柔軟な働き方を社員が選択し、しかも安心して利用できる文化をもっている企業。「環境にやさしい企業」、「地域社会にやさしい企業」と同様に、「家庭にやさしい企業」、つまり「ワーク・ライフ・バランス(Work&Life Balance)」...
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...