企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

評価面談について

当社は、人事考課の結果を社員にフィードバックして面談することはしておりませんが、多くの会社が行っていることを知り、当社としても始めたいと思います。
当社の人事考課は、上位からS・A・B・C・Dの評定をすることになっておりますが、Dと評定した部下との面談手法についてポイントをご教示願います。
上司から最低のDと評価されたことを告げられたりしたら、信頼感がこじれ、心の病になったりしないかと危惧もします。他社におかれてはどのようにうまく運用されているのか不思議でなりません。是非ご回答いただきたくお願い申し上げます。

投稿日:2012/07/26 08:45 ID:QA-0050632

あーさん
愛知県/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

うつ病化への過剰反応を避け、本来目的に沿った対応のために

|※| フィードバックとは、結果の良し悪し、問題点を、最初の段階に戻し、改善に役立てようとする仕組みをいいます。 人事制度で言えば、単に結果を通知するということでなく、結果の原因とプロセスを正しく認識し、弱点の補強と長所の一層の伸張が本来の目的です。 .
|※| 確立された原則がある訳ではありませんが、殆どの場合、詳しい評価内容は開示されないようですし、開示そのものが基本的に必要ないと思います。 開示によって、重箱の隅をつつくようなヤリトリになり、非生産的にない易いリスクがあります。それよりも、納得できる面接ができるよう、面接者が、事前にきちんと準備しておくことが肝要です。 .
|※| 具体的には、事前準備が必要な諸点は次の通りです。
① 評価の際に使った、自分の部署の評価項目と評価基準書を再度頭に入れておく
② 大きな評価項目ごとに予想される部下の反応を想定しておく
③ 部下の反応に対する自分の見解を整理しておく
④ ほめる事柄と、注意・指導する事柄を整理しておく
⑤ 評価項目ごとの質問事項を整理しておく
|※| 評価点が低かった社員ほど、フィードバックの必要性が高いのですが、心の病 ( うつ病 ) を引き起こすのではないかという、過剰反応を避け、効果的に実施するためには、評定者訓練に、加えるべきだと思います。 昨年末に、厚労省は、ストレスを引き起こす業務上の具体的な36事例を、強、中、弱に分けて作成しました ( 心理的負荷による精神障害の認定基準 ) ので、活用されるのも有効だと思います。

投稿日:2012/07/26 11:40 ID:QA-0050638

相談者より

ありがとうございます。
評価の開示が何よりも優先と考えておりましたが、
もう少し当社にあったものを検討してみます。

投稿日:2012/07/26 12:41 ID:QA-0050640大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まずD評価という結果自体が通常であれば滅多に発生しないものといえます。

言い換えれば、D評価を受ける社員というのは全くといってよいほど戦力になっておらず、それ故このままであれば解雇や退職勧奨が検討されるような立場にある社員ということになるはずです。事実に基く客観的な評価としましてD評価が出された場合に、それを伝えるのに躊躇したり「信頼感がこじれ、心の病になったりしないか」等と危惧される心配はございません。仮にそれで当人が落ち込んだとしましても、自己責任であって不正な評価で無い限り会社の責任になることはまずないはずです。

勿論、いかに評価が低いからといっても人格を否定する等の発言をしてはいけない等伝え方に一定の配慮が必要である事はいうまでもありません。但し、これは他の評価を受けた社員についても同様ですし、評価面談以外の局面でも同様ですので、決して当事案に限られたことではないものといえます。

投稿日:2012/07/26 12:36 ID:QA-0050639

相談者より

D評価はメリハリをつけるために10%位のものにつけておりました。これは目標監理シートを作成している部課長クラスのことですが。
安易にDをつけるべきでないということを理解いたしました。

投稿日:2012/07/26 12:47 ID:QA-0050641大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
人事考課について
当社は現在人事考課を行っておりますが、今現在使用しているものが古く、新しく作り変えようと考えております。今は、上司が部下を評価するだけではなく、部下が上司を評価する考課システムもあるようですが、どういったものがあるのか教えていただければ幸いです。また、このような考課制度を実施するにあたってなにか注意...
人事考課評価内訳
人事考課の割合についての質問です。 S・A・B・C・Dの5段階評価としてその内訳(Sは全体の○%など)の一般的なものがあるのでしょうか? 正規分布になるのでしょうが、また当然各会社にて違うと思うのですが一般的なものから、独自のものがあれば教えて頂けたらありがたいです。以上よろしくお願いいたします。
休職者へ対する人事考課の取り扱い
いつも勉強させて頂いております。 突然の休職などで、人事考課の評価時期に本人がいないまま人事考課を行わなければならないケースがあると仮定します。この場合、本人との業務目標の達成度の確認などがないまま、上長が評価の最終点数を決定するのは何か法的に問題が発生しますでしょうか? その他、休職者と人事考...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...