企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

リラクゼーションの福利厚生

リラクゼーションを仕事にしているのですが、法人への福利厚生として
リラクゼーションは認められるのでしょうか?
また、現金で支払って頂く場合の領収書の但し書きはどのようにしたらいいのでしょうか。

投稿日:2012/06/04 13:52 ID:QA-0049813

*****さん
岐阜県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

この相談への回答はありませんでした

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
福利厚生制度の構築
弊社は福利厚生制度がまったく無いため、一からの構築を考えています。 何かいい方法はありますか。 アドバイスいただければ幸いです。
福利厚生費の 職員親睦会への拠出について
職員の福利厚生補助の目的として、毎年一定額(一人3万円~5万円)を福利厚生費から 職員親睦会の口座に支出することは可能なのでしょうか?
福利厚生に活用してもらいたい
弊社には約100坪のショールームがあり商品も常時展示しています。このショールームを企業の福利厚生の生活面で活用出来ないでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 今求められる「福利厚生」施策とは
    現代の日本企業には新しい「福利厚生」施策が求められている。最近ではその実現をサポートするアウトソーシング企業も続々と登場してきた。そうした施策やアウトソーシング企業を紹介する前に、ここではまず、そもそも「福利厚生」とは何なのか、考えてみたい。
  • 人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える! 単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?
    近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業における「福利厚生」の持つ位置付けが大きく変化しています。単なる福利厚生ではなく、社内コミュニケーションや人材戦略に生かそうという動きが出ており、その中でもチケットやカードによる「食事補助」が大きくクローズアップされるようになってきま...
  • 定着と労働条件の微妙な関係
    パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。
あわせて読みたいキーワード
ホワイト500
「ホワイト500」とは、経済産業省が2016年に創設した認定制度「健康経営優良法人」のうち、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門の認定法人を指す愛称です。同制度は、特に優良な健康経営を実践している企業や団体を、大規模法人部門と中小規模法人部門の2部門に区分して顕彰する制度。大規模法人...
健康経営優良法人
健康経営優良法人認定制度とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実行する「健康経営」について、特に優良な企業などを顕彰する制度です。2015年から始まった「健康経営銘柄」に続き、2017年から始まりました。規模の大きい企業を対象とする「大規模法人部門」と、中小規模の企業を対象とする「中小...
ワーク・ライフ・インテグレーション
自らの人生観を軸に、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟、かつ高い次元で統合し、双方の充実を求めること。それによって、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどの相乗効果を目指す働き方をいいます。仕事と生活を対立的にとらえて、その量的バランスの調整・回復を目指...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/13
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...