企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「定着」関連のコンテンツ

  • 1

10件中 110件を表示

記事・コラム2019/04/17
定着率が高くても、注意が必要なワケ
採用難の状況にあって、従業員の定着は大変重要な課題です。平成29年版パートタイマー白書によると、9割以上の企業が、パート・アルバイトに長期継続して勤務してほしいと希望しています。一方、「できるだけ長く勤めたい」と答えたパート・アルバイトは6割にとどま...

記事・コラム2018/11/12
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。

記事・コラム2018/08/20
パート・アルバイトの職場に対する隠れた不満
ES(従業員満足度)の向上が高いCS(顧客満足度)を生むという考え方があります。従業員が仕事や職場環境に不満を持ったままでは、十分な成果を出すことは難しいのです。では、アルバイト・パートとして働く人たちは、現在の勤務先や仕事、働き方のどのような点に満...

記事・コラム2017/03/16
定着のカギは、自社をよく知ってもらうこと
新卒採用活動で大事にしたいのが、学生に自社をよく知ってもらうことです。面接や内定をうけるかどうかを決めるのは学生本人であり、企業がコントロールすることはできません。自社のことをきちんと知ってもらった上で判断されれば、ミスマッチも避けられます。各種調査...

記事・コラム2015/12/17
パート・アルバイトの定着を促す3ポイント
今回はパートタイマー白書で行ったアンケート、「現在の勤務先に就職を決めた理由」「パート・アルバイトという働き方を選んだ理由」「働きやすさと働きにくさ」などの調査結果から、パート・アルバイトの定着を考えるときのポイントについて考えます。

記事・コラム2014/11/14
パート・アルバイト定着の第一歩
新しい環境に足を踏み出すときに“不安”はつきもの。それは、パート・アルバイトとして働く人々も例外ではありません。「たかがパート・アルバイト」といって適切なフォローを行わなければ、あっさり退職などということも……。そういった損失を避けるために、企業側は...

ニュース2013/01/29
入社3年以内の離職率は未だ高い推移。
企業が導入する定着質向上のための「人事・人材教育制度」とは
昨年10月に、厚生労働省が入社後3年以内に仕事を辞めた人に関する調査結果を発表した。2009年入社では高卒で35.7%、大卒で28.8%が3年後に離職しているという。業種別に見ると、「教育、学習支援」「宿泊、飲食サービス」「生活関連サービス、娯楽」は...

記事・コラム2012/11/12
3. 新入社員教育の種類と内容
新人研修を多く「入社前研修」「入社後研修」に分けて解説。それぞれ目的は大きく異なり、それに伴って研修内容も違う点を押さえる。

記事・コラム2012/11/07
5. ワーク・ライフ・バランスを社内に定着させるための取組み
どれだけ立派なワーク・ライフ・バランス支援制度を用意しても、それだけで実現できる環境が整うわけではない。実際、法定水準を上回る充実した制度がありながら、あまり利用されていないという事例は数多い。制度以上に大きな意味を持ってくるのが、職場での人材マネジ...

ニュース2010/12/21
転職サービス「DODA(デューダ)」
〜ビジネスパーソン800人の意識調査〜
2010年総括 仕事と転職の実態調査
インテリジェンス(東京都千代田区、高橋広敏・代表取締役 社長執行役員)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、25歳〜39歳までのビジネスパーソン800人を対象に、2010年を総括し、仕事と転職状況について振り返るアンケート調査を行いました...

  • 1

10件中 110件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会