企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15741件   回答数34223

中堅女性社員研修について

 中堅クラス(20代後半から30代前半)の女性社員向けに、研修を検討しています。今まで、全く研修というものを受けてこなかったクラスです。
 人事部としては、現場の管理職と意思疎通を図りながら、事務職の女性たちのまとめ役(リーダー)としてきちんと立場を築いて欲しいと思っているクラスです。当社は、コース別採用はしておりませんが、実際は、男性は営業職、女性はアシスタント職というような明確な区別があります。
 このような場合、女性に特化した研修のほうが有効なのでしょうか?よく、女性リーダー養成といったような感じで、女性向けの、マナーのブラッシュアップとコミュニケーション力アップやモチベーションアップを組み合わせたような研修がありますが、女性向けに特化した研修の長所と短所などございましたら、教えていただけませんでしょうか?
 ごく一般的な、コーチング研修を受けさせたほうが有効なのか、迷っています。よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • その他金融
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2006/05/01 16:28
  • ID:QA-0004556
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/05/02 12:24
  • ID:QA-0004568

株式会社インターディペンデンス・コーポレーション 代表取締役/人材能力開発コンサルティング事業部 プログラム開発ディレクター

中堅女性社員研修について

結論から申し上げます。
まず、「この女性をまとめるリーダーだけの研修」を実施することをお奨めします。理由は、(1)これまで男性のアシスタント的な役割で仕事をしてきたこと(2)女性特有の課題が存在する可能性が高いこと(本人および部下の両方)が考えられるからです。つまり、研修を実践的で活用度の高いものにするには、研修環境(この場合参加者とテーマ)を整える必要があると考えます。

次に女性特化型の研修の長所と短所ですが、
〔長所〕(1)課題や悩みを共有するもの同士がテーマに基づき議論したり、フィードバックしたりできることにより、仲間意識の醸成、問題解決の確度があがること。(2)ノイズ(精神的なものあるいは物理的なものを含め)が最小限に抑えられる
〔短所〕(1)コントロールが甘いと不満や文句の溜まり場になりやすい(2)思考、観点が至って感情的になりやすく、自分や取り巻く課題に対して現実的な範囲でしか考えなくなりがち等 が、考えられます。

それから、もう一点、留意すべきことは、講師です。
この年代、キャリア、志向、趣向から考えて講師とのマッチングは大変、彼女達にとって重要な問題です。同姓がいい場合もあるでしょうし、男性の方が適度な緊張感があっていいかもしれません。今後の検討に是非入れてみてください。

なお、コーチング研修がいいかどうかは現段階では判断ができません。ご承知の通り、研修は問題解決型と能力向上型に分かれます。対象者の皆さんに対して何を提供する研修としたいかによって構成したいと考えます。もう少し、具体的に教えてくださればご提案ができます。

よろしければ、ご返事ください。お待ちしております。

  • 投稿日:2006/05/02 12:24
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/05/02 12:28
  • ID:QA-0004569

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

女性リーダー研修

個人がプロフェッショナルとして仕事で成果をあげる段階からひとつ上のレベルが要求される段階にきているようです。
女性特有というよりは、男女の関係なく、キャリアとして脱皮しなければならない段階ではないでしょうか。
個人レベルの仕事からチームレベルの仕事というキャリアアップです。
チームレベルの仕事を考えるとき、「チームの仕事の成果」とともに「チーム作り」が重要になってきます。
チームづくりでは、チームビルディング研修があります。
コーチングもコミュニケーションをよくする点ではよいと思われます。
チームビルディング研修でも、チーム全体のコミュニケーションを活発にすることが重要になってきます。
コミュニケーションがよいチームは、仕事の成果もあがり、人間関係もよくなると思われます。

  • 投稿日:2006/05/02 12:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。
スポンサーシップ制度
「スポンサーシップ制度」とは、女性の管理職や経営幹部を増やすために、役員クラスが選ばれた女性社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導して昇進を後押しする制度のことです。スポンサーは英語で保証人、支援者の意。自分の裁量権で、リーダーに必要なスキルが学べる仕事を担当させたり、本人に代わって業績や能力を...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...