企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15405件   回答数33288

半日休暇午前午後の基準時間

お世話になります。
当社の勤務時間は、8:30~17:30(昼休み12~13時)となっていますが、勤務時間を
①7:30~16:30(昼休み12~13時)と②9:30~18:30(同13~14時)との2種類の勤務時間(全員が同じ)が出来ます。今まで半日休暇は12時までを午前半休、13時から午後半休としていましたが、上記2種類の時間帯になった場合、どのようにしたら良いか悩んでいます。ご指導をよろしくお願いします。

  • タカさん
  • 埼玉県
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2011/03/19 15:12
  • ID:QA-0043065
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/19 23:13
  • ID:QA-0043070

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

いわゆる半休につきましては、法令に定めのある制度ではございませんので、その内容につきましては原則として法令違反となる内容を含んでいない限り会社が任意に就業規則に定めて運用する事が可能です。

その場合、考えられる方法としましては、1.午前午後で単純に区分する 2.勤務時間を各々4時間ずつに区分する 3.昼休みの前後で各々区分するといったところになります。通常労働日とは暦日の24時間を指すことからも、現状採られている1.の方法が最も理に適っており運用も容易ですので、特に変更される必要性まではないともいえるでしょう。

また、これらいずれの措置を採られましても全員が同じ勤務態様ですので不公平は生じませんし、時間の分け方等で損得が生じましても、そうした半休を選択し取得する事自体当人の自由意志に委ねられているはずですので法的に問題はございません。

  • 投稿日:2011/03/22 08:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりありがとうございました。
この投稿の回答のおかげで、一歩前進できます。
今後ともよろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/20 14:18
  • ID:QA-0043075

代表者

アンバランスが大きすぎる

※.半休制度は企業の自由とは云え、それなりの合理性と公平性が必要です。勤務時間帯は、完全な個人選択制としても、選ぶときに、半休のアンバランスまで考えていないでしょう。取得するときになって、「 あれっー! 」 と感じることになるのではないでしょうか。 .
※.現行制度 ( 休憩時間込みで計算 ) だと、① の場合、午前・午後とも、4時間半、② の場合には、午前2時間半、午後6時間半となります。少々、不均衡が目立ち過ぎる感じがします。特に、事務管理が増えるともおもえませんので、後者に就いては、午後2時を基準とするのが望ましいと思います。

  • 投稿日:2011/03/22 07:59
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
大変参考になりました。投稿してよかったと感じています。これからもよろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/03/20 15:37
  • ID:QA-0043082

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

昼休みで分ける。

1.①であれば、12時まで(13時から勤務できる)を午前休、13時から(12時まで勤務)を午後半休。②であれば、13時まで(14時から勤務できる)を午前休、14時から(13時まで勤務)を午後半休をおすすめします。
2.上記の場合の勤務時間は、①が午前4.5h、午後3.5hとなり、②が午前3.5h、午後4.5hとなります。午前、午後で勤務時間が違いますが、全社員がどちらもとれますので、不公平とはなりません。
3.どこでわけるかは、会社の決めによりますので、業務上、管理上から決定してください。昼休みで分ければ、まわり(他の社員等)もわかりやすいので、業務効率上もおすすめしています。
以上

  • 投稿日:2011/03/22 07:56
  • 相談者の評価:大変参考になった

お世話になっております。大変参考になりました。
投稿してよかったと感じています。
今後ともよろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
勤務間インターバル規制
インターバル(interval)とは、英語で「合間」や「休憩時間」のことを意味します。スポーツで、「インターバルを挟んでトレーニングをする」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、仕事の場面でも、ほぼ似たような意味で用いられています。つまり、勤務間インターバル制度とは、仕事と仕事の合間に一定時...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...