企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

自分の業務範囲を頑なに守る職員について

当社の地方にある支店の職員ですが、社歴も長くなってきており、会社としてはもう一段上の業務を行って貰いたいということで、指導はしているのですが、「自分は前任者から、ここまでの業務と聞いていますので、それ以外の業務は他の人にお願いします」という、いわば 我が儘を言う始末で困っています。あまり強硬手段をとるつもりは毛頭無いのですが、他の職員との公平感が損なわれると思いますので、なにかしなければとは、思うものの具体的な対策を打てないでいます。やはりこういう職員には会社側としても就業規則に沿って、業務命令 懲戒等で対応するしかないのでしょうか?
ただ、根本的にはこういった職員の「甘え」を放置してきた会社の責任は痛切に感じておりますが、なんとか致したく相談致します。

  • スミタケさん
  • 東京都
  • 不動産
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2010/02/12 12:35
  • ID:QA-0019287
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/02/12 12:54
  • ID:QA-0019289

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

1つ上の仕事

仕事(評価)と賃金の連動が明確になっていれば、一概に「本人の甘え」ととらえなくてもよいのではないでしょうか。
他の職員との公平感も「評価基準」が明確であれば、とれるものと思います。

  • 投稿日:2010/02/12 12:54
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/02/12 20:14
  • ID:QA-0019297

代表者

懲戒処分も視野にいれた厳しい対応姿勢が必要

■ 当該職員は大きな勘違いをされているようですね。「前任者からの引継ぎ」は、その時点で、会社が命じた業務の一部です。守衛や運転手など特定職として採用されている場合を除き、引継ぎ後、「従事する業務の変更を命ずることがある」のは当然で、通常、その旨は、就業規則に明記されている筈です。更に、「正当な理由なく、業務命令、指示命令に従わないとき」は懲戒事由とされています。
■ そうすると、大きな勘違いをしているのは、当該職員だけでなく、会社も同様だと思います。会社には、企業存立を維持し、目的の事業の円滑な運営を図るため、企業秩序を確立し、その構成員に対してこれに服することを求める権利があり、労働者には、その命令に従う義務があります。
■ まず、会社が、毅然とした態度で、必要な業務を命令し、それに、正当な理由なく従わない場合には、《 就業規則に基づいた懲戒処分も視野にいれた厳しい対応姿勢 》 が必要です。そうすることによって、他の職員との公平感も維持できることになります。

  • 投稿日:2010/02/12 20:14
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/02/12 23:43
  • ID:QA-0019298

この回答者の情報は非公開になりました

指導体制の確立を

人事マターは人の心と付き合うという難しさがありますので、対処療法(医学的には対症療法ですが・・)ではなく、相対的な対処が原則です。
本件も問題社員一人をどうする、のではなく、御社の人事体制を見直される進め方をご検討いただくべきではと感じました。

社の方針をどのように社員に伝え、通常は管理職、中間管理職を経て社員に伝わる訳ですから、それだけの資質、資格が求められることになります。
また方針実現のための目標設定やそれによる達成度に基づく評価と、すべての人事マターが連結して行きます。

本件も、ただちに解雇などに向かうのは御社の責任を問われるリスクがございます。まず指導・管理体制を再度見直し、あるいは再構築し、恐らく就業規則見直しまでご検討が必要になるかと思います。その上で社に方針に従えない社員は降格、減給など懲戒に進むというステップをとられるべきと思いました。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/02/16 10:45
  • ID:QA-0019323

この回答者の情報は非公開になりました

本当の原因を見つける

会社(又は上司など)が職員に求めている職務にその職員がついてくれないという状況ということですね。

解決のカギはその表面に現れている事実や行動の根底にある原因を理解することです。



「なぜその職員の方が求められる職務に応えないのか?」

 ・もしかしたら人事評価システムに納得がいっていないのかもしれません。
 ・すでにその同じ職務に就いている人がその職務について常に愚痴を言っているのかもしれません。
 ・新しい職務で求められる責任を負えるだけの能力を自分が持っていないと思っているのかもしれません。
 ・ただ一方的に決められることが嫌で逆らっているのかもしれません。
 ・新しい職務では自分の得意なこと、能力を発揮できないと思っているのかもしれません。



原因は無数に考えられます。色々な理由が複雑に絡み合っているかもしれません。
解決のためには表面的な行動を無理やり返させるよりも、根本的な原因までさかのぼり『逆らう理由がない』という状態を作ることです。

そして、もしかしたら必ずしもその職員の方に新しい職務に就いてもらうことが理想的な状態ではないかもしれません。



【解決策】
1)相手がなぜ求められる職務に応じないのかを考える。
2)本当にその職員の方が求められる職務に応じるべきなのかを考えること。
3)一緒に話し合い、「なぜその職務についてほしいのか?」「なぜ応じないのか?」について共通の理解を作る。


お互いの利害が違ったとしても、現状の理解を共有できればそうすればいいのがは見つかります。
相手がなぜそう考えるんだろう?ということに興味をもって質問してみてください。
表面的な言い分だけでなく、掘り下げて考えて、話し合ってください。


組織作り、チームビルディングの肝は話し合いにあります。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
労働者派遣法施行令第4条11号の業務について
初歩的なことで恥ずかしいのですが、教えてください。 弊社に業務内容として「第11号国内取引業務」としてスタッフが派遣されました。数日後、スタッフからお客様からの受電業務はできないとの連絡がありました。派遣会社の営業担当に確認したところ、電話を受ける業務も含まれるが本人がその業務が出来ないといっている...
一人で複数の26業務に就くのは可能か。
現在2号業務で受け入れている派遣社員を、2号業務が少なくなってきたため、契約更改時にこの社員に5号業務もお願いしようかと考えていますが、一人の派遣社員に複数の26業務をお願いする事は可能なんでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
    「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用を始めとする、「業務改革」が不可欠である...
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
あわせて読みたいキーワード
シェアードサービス
グループ企業や企業内の事業部ごとの人事・経理・総務の間接業務・サービスを1ヵ所に集約・標準化し、人件費などのコスト削減と業務の効率化を図る経営手法。2000年以降、グループ経営を重視・推進する動きの増加とともに、多くの企業が積極的に導入しています。
裁量労働制
働き方改革の推進にともない、労働者が働く時間を柔軟に選べる職場環境の整備が望まれています。労働者のワーク・ライフ・バランスはもちろん、生産性向上や人件費の問題を考える必要性も生じています。こうしたなか注目されているのが「裁量労働制」です。裁量労働制は、労働者自身が業務効率化を図り、時間を有効活用でき...
業務上疾病
「業務上疾病」とは、特定の業務に従事していることによってかかる、もしくはかかる確率が非常に高くなる病気の総称。俗に言う「職業病」のことです。業務上疾病は労働基準法の用語で、医学用語では「職業性疾病」と表現されます。労基法第75条により、労働者が業務上疾病にかかった場合、使用者は必要な療養を行い、その...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。