企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

営業社員(法人向)の人材育成について

具体的でなく恐縮しますが、弊社では営業会社といいながら、なかなか理論だてた営業マンの育成方法がありません。今期以降更に法人営業に力点を起き、活動を行う計画です。
推薦いただけるような、セミナーや教育訓練の企業やプログラムをお教え下さい。

  • *****さん
  • 大阪府
  • 通信
  • 回答数:9件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2009/04/13 14:48
  • ID:QA-0015782
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
10件中 1~10件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/13 15:11
  • ID:QA-0015783

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

営業社員の育成

営業は「会社の代表者」という重要なポジションです。
会社全体のことを掌握し、お客様からのご依頼には、責任をもってお答えすることが要求されます。
単に「商品やサービスを売る」のではなく、「商品・サービスに託されたビジョンを普及させる」という使命を託されています。
このような考え方の育成をお考えでしたら、当社の社員研修で開発しています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/13 15:49
  • ID:QA-0015785

観音寺 一嵩
株式会社NRIJ 代表取締役

営業における交渉力の強化

こんにちわ。
確かに、営業のセミナーや教育訓練と言いましても、その目的によって異なりますので、もう少し、詳細をお聞きしたいモノです。
私どもは『戦略的交渉力』プログラムのセミナーを行っている会社ですが、昨今、営業職対象のクライアント様からの多くのニーズは、「御用聞き営業」からの脱却です。そのために、営業職の交渉力をアップさせ、受注に結び付けたいというモノです。
もしご興味があれば、ご連絡願います。
                   株式会社NRIJ
                 代表取締役社長 観音寺一嵩

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/13 16:33
  • ID:QA-0015786

この回答者の情報は非公開になりました

営業社員の育成について

こんにちは。前の方もおっしゃるように営業は会社の顔ですから、自社らしさや理念を活かした行動を推進していけるよう、教育の仕組づくりができるのがベストだと思います。そのためにも、現状の棚卸、ナレッジの共有、言語化からスタートし、指導ノウハウとして構築していくことをおすすめいたします。ステップとしては以下のようになります。
1、営業の現状把握(営業のプロセスごとに現状把握)
2、営業戦略推進の阻害要因の把握
3、営業のロールモデル作り
4、ロールモデル定着支援
もしお役に立てそうであれば、ご連絡いただければ幸いです。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/13 17:27
  • ID:QA-0015788

赤木 美香
クラークフューチャーコンサルタンツ有限会社 代表取締役

営業基礎研修

ご質問ありがとうございます。
不況が続く今、営業活動に力を入れることは大変重要です。

弊社がお届けしております営業プログラムをご紹介いたします。

【目的】
・これまでの営業活動を棚卸し、自身の現状と課題を明確にする
・信頼される営業パーソンとなるための実践的なスキルを
 理解・習得する
【特徴】
・一方的にスキルや知識を付与するのではなく、
 討議や演習を中心として研修を進めることで、
 これまでの営業活動を棚卸しできる
・お客さまへの接し方から、質問・提案方法など、
 明日からすぐに実践に活用することができる
 具体的な内容を持ち帰ることができる

【プログラム】
1.オリエンテーション
2.営業に必要なスキル
 1)NG営業パーソン 
 2)スキル・知識・バランス
3.役割期待の理解
 1)営業のレベル(御用聞き→パートナー)
 2)周囲から期待されていること
 3)その期待に応えるためにできること
4.出会いの第一印象を磨く
 1)マナー・姿勢・表情・動作
 2)自己紹介の型を決める
5.信頼関係を形成する
 1)お客さまとのWIN-WINを考える
 2)話題づくり(ネタ作り・共通点探し)
 3)訪問後のフォロー
6.お客さまのニーズを共有する
 1)話しかける(限定質問と拡大質問)
 2)耳を傾ける(傾聴
 3)要約して伝える
7.お客さまに合わせた提案を行う
 1)ホールパート法・三段構成法・PREP法
 2)お客さまの行動特性と提案
 3)提案の修正
8.お客さまに感動してもらえる商談を行う
 1)顧客感動とは
 2)最大限の誠意を見せる
 3)リピートしてもらうために取るべき行動を考える
9.自信を持って対応する
 1)自分の頭の中のもうひとりの自分に向き合う
 2)自分の価値観やミッションを信じる
10.まとめ講義
 1)学んだ内容・気づきの総括
 2)行動宣言

ご不明な点がございましたらどうぞご遠慮なくご連絡下さい。
御社のますますの成長を心よりお祈り申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/13 17:37
  • ID:QA-0015790

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

推薦セミナー

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

御社の状況は、いわばこれから新しい営業ビジネスモデルを創造していく段階にありますので、教育企画とあわせて、有効なビジネスプロセスの共有化が必要ですね。
その上でお勧めのセミナーですが、弊社とも協力関係にある富士ゼロックス総合教育研究所という研修会社があります。
営業マネジャー・営業部隊への研修コンテンツが豊富で、対話や質問技法を活用した先進的な営業研修も展開しています。大阪にも拠点がありますので、一度ご相談されてはいかがでしょうか?
http://www.fxli.co.jp/

ご参考まで。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/14 09:45
  • ID:QA-0015806

この回答者の情報は非公開になりました

顧客の課題が見える人材育成

法人営業の特徴は、まず取引金額が大きいことです。
そしてマーケティング面、営業面の難しさは、直接の顧客である取引先と、その先にある利用者(顧客の顧客)の両方の利害やニーズが見えていないと商売ができないという点にあります。つまり市場の末端までよく見えた上で、提案ができなければ、取引先から相手にしていただけません。取引先と利用者の利害は不況になると顕在化します。それを見通せないと受け容れられる提案ができません。昨今の不況はこのあたりの能力を見て業者の選別を厳しくしています。

能力についていうと、コンサルタントと同じように顧客の課題を見通せる力が必要になります。コンサルタントになれということではありません。

コミュニケーション能力や、質問能力など、基礎的な技法も必要だと思いますが、それ以上に要求されるのは対話を通して顧客の課題を導いて分かりやすい絵に落とし込む力です。顧客を取り巻く環境(市場)、顧客の問題を整理し、顧客の課題へと導いていくステップです。これができる方は少ないと思いますが、営業マン選別の時代がくれば、できる人、できない人と、必ずパフォーマンスで大きな差が見えてくるようになります。逆に、対話能力が多少未熟であっても、それは次第に後から付いてきます。

研修として提供できるところとしては、営業研修専門会社よりもシンクタンクやビジネスコンサルタント系のところが良いと思います。定番商品を持っていないことが多いと思いますので、多少高めになると思いますが、ご予算があればそういうところに研修メニューを作ってもらうのがベストだと思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/14 09:45
  • ID:QA-0015806

この回答者の情報は非公開になりました

顧客の課題が見える人材育成

法人営業の特徴は、まず取引金額が大きいことです。
そしてマーケティング面、営業面の難しさは、直接の顧客である取引先と、その先にある利用者(顧客の顧客)の両方の利害やニーズが見えていないと商売ができないという点にあります。つまり市場の末端までよく見えた上で、提案ができなければ、取引先から相手にしていただけません。取引先と利用者の利害は不況になると顕在化します。それを見通せないと受け容れられる提案ができません。昨今の不況はこのあたりの能力を見て業者の選別を厳しくしています。

能力についていうと、コンサルタントと同じように顧客の課題を見通せる力が必要になります。コンサルタントになれということではありません。

コミュニケーション能力や、質問能力など、基礎的な技法も必要だと思いますが、それ以上に要求されるのは対話を通して顧客の課題を導いて分かりやすい絵に落とし込む力です。顧客を取り巻く環境(市場)、顧客の問題を整理し、顧客の課題へと導いていくステップです。これができる方は少ないと思いますが、営業マン選別の時代がくれば、できる人、できない人と、必ずパフォーマンスで大きな差が見えてくるようになります。逆に、対話能力が多少未熟であっても、それは次第に後から付いてきます。

研修として提供できるところとしては、営業研修専門会社よりもシンクタンクやビジネスコンサルタント系のところが良いと思います。定番商品を持っていないことが多いと思いますので、多少高めになると思いますが、ご予算があればそういうところに研修メニューを作ってもらうのがベストだと思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/14 10:46
  • ID:QA-0015810

この回答者の情報は非公開になりました

営業社員(法人向)の人材育成について

はじめまして。イプセの水戸と申します。
よろしくお願いいたします。

「営業会社といいながら、なかなか理論だてた営業マンの育成方法が
ありません。」
とのことですが、もし今後営業力強化を目指していくのであれば、
このような方法もあると思います。

①営業マニュアルの作成
・優秀な営業社員と、そうでない営業社員をそれぞれ分析し、
御社の営業の勝ちパターンを抽出し、それをマニュアル化。

②作成した営業マニュアルを元にロールプレイングなどの定期的な実践研修

まず営業マニュアルを作成する中で、営業プロセスや必要なスキルが
明確になります。
また、御社の現在の営業社員の苦手な部分も見えてくると思います。

その上で、他の皆様がご提案されているような営業スキル研修などを
組み込んでいくと効果的だと思います。

ざっくりとした内容ですが、ご参考になれば幸いです。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/14 10:58
  • ID:QA-0015811

この回答者の情報は非公開になりました

営業社員の育成について

おはようございます。

私どもでは社員の育成のお手伝いをさせていただくときに一番大切にしていることは現状の把握です。
社員の方の現状把握はもちろんですが、各企業様の抱える課題、設定する目標をお伺いした上で、オリジナルのプログラムを作成・提案をしております。

また人材育成は、企業様と共に長期的な視野に立って行いたいと考えており、
①会社理念、企業理念に基づいたプログラム作り
②個別目標設定シート、研修受講記録シートの作成と、それらを目標達成面談で活用する
ことを大切に考えております。

まずは、「対人対応能力を磨く」「印象アップのイメージ戦略」などから取り掛かられるのも一つの方法かと存じます。

私どもでお手伝いできることがございましたら、幸いです。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/04/14 22:50
  • ID:QA-0015824

斉藤 実
株式会社ネクストエデュケーションシンク 代表取締役社長

法人営業部の営業力を全国平均と比較してサーベイ・研修

はじめまして、ビジネス実務力や人間力、ITSSの客観型能力診断を専門で開発しているネクストエデュケーションシンクの斉藤と申します。
この不況の時代、経営がすぐにも必要とする社内の営業力・営業組織力の強化に即効性のある最新の営業力診断と組織分析報告・専用強化研修がセットになった最新ソリューションをご紹介します。
国内で初めて開発し、この2年で大手企業から中堅企業まで数十社・数千人規模での診断実績をもつこれまでにない営業力の強化ツールです。診断は実際の営業ハイパフォーマーとほぼ同期している結果が出ると言われています。(※弊社の100種類ある診断ツールはこれまで累計で100万人以上が利用されています)
営業部社員全員が30分程度のインターネット診断を行うことで、貴社の法人営業人材の強み、弱みを、全国レベルと比較して可視化・分析報告いたします。また、企業毎の特性、法人営業のスタイル、独自のコンピテンシーなどもカスタマイズで付加することもできます。
営業組織分析、部署比較、リーダー人材の影響度、ハイパフォーマーの抽出、営業人材の適材適所での最適化配置、採用、営業そのものの資質、適不適などにも広く活用ができます。
まずは、貴社の営業部人材の現状をこの営業診断ソリューションで可視化して、組織サーベイしてみませんか。その結果を見て、じっくり企業での強化策を検討し、計画し、貴社の営業人材育成の体系化された研修ロードマップを作成し、PDCAを回して、実績結果に繋げることが可能となります。ご関心ございましたら弊社までお問い合せください。診断の体験版もございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
営業職の減給
「月に1契約も取れない営業は給料10%カット」は合法ですか?
営業手当
いつも利用させていただいております。 さて、営業社員に対して「営業手当」を支給することを検討しております。 そこで、営業手当を支給するにあたっての注意事項を教えていただきたく思います。 また、役職別における営業手当の支給金額に関する参考資料等が見れるサイトがあれば教えていただきたく存じます。 以上、...
営業所長降格者への役職名
3人の営業所なのですが、長期にわたる営業成績不振により、「営業所長」より「営業所次長」へ降格し該当者も納得しています。 対外的な通知(例えばHPでの異動情報、名刺等)に営業所次長ではなく、降格だと思われないような役職名はありませんでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 研修・人材育成とは
    人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
  • 転職意思のない人材をその気にさせるのは、至難の業 人材紹介とヘッドハンティングの違い
    人材紹介とよく似たサービスに「ヘッドハンティング」があります。いずれも企業からのオーダーに従って適切な人材を紹介するというものですが、大きな違いは、人材紹介がもともと転職を希望して登録した人の中から候補者を選ぶのに対して、ヘッドハンティングは転職希望の有無に関係なく、最適の人材を探し出し、新しい仕事...
  • 「数字」だけがすべてではない 売上目標以外で評価してもらいたい人材
    会社の売上を伸ばすのが営業の仕事。もちろんそれは分かっているが、あまりにも数字のノルマが厳しいと、心身ともに疲れ果ててしまうこともある。そんな時、どういう会社への転職を考えるのだろうか――。
あわせて読みたいキーワード
ホワイト500
「ホワイト500」とは、経済産業省が2016年に創設した認定制度「健康経営優良法人」のうち、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門の認定法人を指す愛称です。同制度は、特に優良な健康経営を実践している企業や団体を、大規模法人部門と中小規模法人部門の2部門に区分して顕彰する制度。大規模法人...
健康経営優良法人
健康経営優良法人認定制度とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実行する「健康経営」について、特に優良な企業などを顕彰する制度です。2015年から始まった「健康経営銘柄」に続き、2017年から始まりました。規模の大きい企業を対象とする「大規模法人部門」と、中小規模の企業を対象とする「中小...
サクセッション・プラン
サクセッション・プラン(Succession Plan)とは、もともとは「後継者育成計画」のことで、重要なポジションの後継者を見極め、育成することを指していました。しかし、最近では目まぐるしく変わる経営環境の中、ビジネスチャンスがいつ訪れてもいいように、また思いがけないリスクを回避するために人材を育...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...