企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/04/28

【ヨミ】ホールパートホウ ホールパート法

「ホールパート法」とは、最初に全体像を示した上で、話の各部分を説明していくコミュニケーション手法。「ホール(whole)」は全体、「パート(part)」は部分を表し、最後に結論に戻ることで伝わりやすい効果的なプレゼンテーションを目指すときに使われるフレームワークです。例えば、「今日の議題は三つです」や「特長は二つあります」などと先に述べた上で詳細な説明に入ることで、聞き手も話の枠組みをつかむことができ、より話の内容に集中できるようになります。

ホールパート法のケーススタディ

テレワークやオンライン会議こそ
伝わりやすい話し方・書き方を

テレワークやオンラインミーティングの利用が急速に拡大している昨今。対面でコミュニケーションをとらない分、伝え方には通常以上に気を付けなければいけません。オンラインミーティングでは、話す側・聞く側の境界がリアルな会議以上にくっきりとするため、発言者の話し方一つでミーティングの雰囲気から生産性まで、すべてが決まってしまうのです。

ある会社では、新入社員が入ってくると「○○は三つあります」というセリフを皮切りに話し始めるよう教えられるといいます。仮に話す内容が思い浮かんでいなかったとしても「○○は三つあります」と言っている間に、あるいは話しながら、三つの内容を考えるのだそうです。少々乱暴な手法ではありますが、理路整然と話すことは、それだけ相手にポジティブな印象を与えることができる、ということなのでしょう。

テキストでのコミュニケーションも同様です。ダラダラとした長文は、読みにくいだけでなく、伝達ミスを招きます。口頭でもテキストでも、まずは結論と、ポイントがいくつあるのかを伝えることを意識しましょう。またホールパート法は、発言者にとってもメリットがあります。限られた時間でプレゼンをしなければならないとき、要点を分けることでタイムマネジメントがしやすくなるのです。

同様のフレームワークに「PREP法」があります。PREP法とは「Point(結論)」「Reason(理由)」「Example(具体例)」「Point(結論)」の順に話す方法のこと。「ホールパート法」とは、具体例があるか否かという点で異なります。具体例を交えるPREP法はより詳細な説明が求められるとき、具体例を交えないホールパート法は限られた時間でシンプルに説明するときに使用すると良いでしょう。

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

PREP法
「PREP法」とは、会話や文章において説得力を高めるための手法のことをいいます。結論から先に話すことで論理的に要点を伝えることができるため、ビジネスシーンなどで好まれる話し方です。PREPとは、「Point(結論・要点)」「Reason(理由)」「Example(事例・具体例)」「Point(結論・...
テレワークマネージャー
「テレワークマネージャー」とは、総務省が主導する「テレワークマネージャー相談事業」において、テレワークの導入を検討している企業・団体などに、アドバイスや情報提供を行う専門家のこと。テレワークの導入コンサルティング実績を持つ人材を総務省がテレワークマネージャーとして認定したもので、支援を必要とする企業...
ふるさとテレワーク
「ふるさとテレワーク」とは、都市部に拠点を置く企業が、地方に人材や仕事を移して行うテレワークのことで、地方の移転先や委託先で都市部にいるのと変わらない働き方を実現する取り組みをいいます。地方に整備したサテライトオフィスやテレワークセンター、個人宅などで働くことを前提として、都市部の人材を地方へ長期派...

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
「働き方改革」推進に向けての実務(4)テレワーク
注目が高まっている「テレワーク」がもたらす様々なメリットについて、具体的な実務と留意点をまとめた。
2017/03/31掲載よくわかる講座
5. コミュニケーション研修の企画・導入のポイント
コミュニケーション研修を企画・導入する際、より効果を高めるためのポイントを整理。課題と目的を受講者と共有する。導入した研修を常に改善する。外部の専門家を活用する。ここにあげた注意点をもとに、研修内容をチェックするといいだろう。
2012/11/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

パートの労働時間
当社では他社と掛け持ちで働いているパートが数名います。 この人たちの契約時間ですが、他社と合わせて週40時間以内にすべきであるかなど気をつけないといけない点を教えて下さい。
就業規則の成功例・失敗例
就業規則で、このように規定していたのであらかじめトラブルを予防できたとか、これは会心の規定だとか、具体的な例をご教示下さい。
アルバイトとパートについて
最近入社をした会社でパートが何名かいるのですが、全員フルタイムで働いているようです。 (前は、パートタイムだったのか・・・不明です) 会社での取り決めだとはもちろん思いますが、 その場合にパートとアルバイトはどのようなところで違いをつけるものなのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...