企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】プレップホウ PREP法

「PREP法」とは、会話や文章において説得力を高めるための手法のことをいいます。結論から先に話すことで論理的に要点を伝えることができるため、ビジネスシーンなどで好まれる話し方です。PREPとは、「Point(結論・要点)」「Reason(理由)」「Example(事例・具体例)」「Point(結論・要点)」の頭文字をとったもの。「P」が最初と最後にあることからもわかるように、結論を繰り返すのが特長です。結論を最初に述べてから理由や具体例を挙げ、最後に再び結論を述べるため、相手の記憶に残りやすいと言われています。

PREP法のケーススタディ

ビジネスには向かない「起承転結」
聞き手が知りたいのは、ネクストアクション

話すことに苦手意識がある人なら、クライアントへのプレゼンテーションだけではなく、社内のミーテイングで発言するときでさえ、緊張するかもしれません。自分が話しているときに聞き手のつまらなそうな顔を見ると、「それで、何が言いたいの?」と言われるのではないかと不安になってしまう。そんな人は、PREP法のフレームワークに沿って、発言する内容を事前に決めておくといいでしょう。

日本では文章を書くとき、起承転結をつけるように教わります。確かに起承転結は時系列に話が進むため、体験した出来事や物語を伝えるのに向いています。しかし、ビジネスの現場などで目的があって行われるコミュニケーションには不向きです。

例えば、部下から「先ほど訪問した○○社の担当者がお怒りのようで、来月の契約金を安くしろといってきました。誤解を解くためにこんな説明をしたのですが、なかなか理解してもらえず……」と相談を受けたらどう感じるでしょうか。聞き手の上司からすれば、発言の内容が冗長で、問題が続いているのか解決したのかが理解しにくく、次の行動につながる情報がありません。

そこでPREP法を用いて、「○○社との間にトラブルがあったので、謝罪に同行してください」もしくは「○○社でトラブルがあったのですが、解決しました」と、聞き手にとって最も重要な結論を最初に伝えるようにするとコミュニケーションがスムーズになります。

また、限られた時間で漏れなく情報を伝達しようとする場合も、PREP法のフレームワークを活用することができます。先ほどの例で言うと、「○○社でトラブルがあったが解決した(結論)」「先方の誤解だとわかったから(理由)」「管理者設定を間違えているようだった。こちら側でできる改善としては、管理画面のインターフェースを改善すること(具体例)」「だが、ひとまず解決済みだ(結論)」とすれば報告としても質が高くなり、コミュニケーションの齟齬も減らすことができるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった1
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
東京都 情報サービス・インターネット関連 2020/03/19

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

あわせて読みたい

ホールパート法
「ホールパート法」とは、最初に全体像を示した上で、話の各部分を説明していくコミュニケーション手法。「ホール(whole)」は全体、「パート(part)」は部分を表し、最後に結論に戻ることで伝わりやすい効果的なプレゼンテーションを目指すときに使われるフレームワークです。例えば、「今日の議題は三つです」...
SDS法
「SDS法」とは、「Summary(要点)」→「Details(詳細)」→「Summary(要点)」の順に話を展開していくフレームワークのこと。文章やプレゼンテーションなどにおいて、聞き手・読み手の理解を促したいときに有効な表現手法です。類似のフレームワークにPREP法やDESC法などがありますが、...
エレベータートーク
「エレベータートーク」とは、同じエレベーターに乗り合わせた際に話せる程度の、ごく短い時間の中で、自分の言いたいことを相手にわかりやすく簡潔に伝える会話術のことをいいます。もともとは、起業家が集まるアメリカ・シリコンバレー発祥のビジネス文化。限られた時間内で自分の提案やアイデアを印象付け、相手を説得す...

関連する記事

1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座
2. コミュニケーションをめぐる近年の傾向
企業におけるコミュニケーションの現状と課題について、アンケート結果をもとに考察する。およそ3社に2社が、組織内コミュニケーションに課題を抱えている。その背景にある対面コミュニケーションの機会の減少についても触れる。
2012/11/29掲載よくわかる講座
3. 近年のコミュニケーション研修の特徴
コミュニケーション不全は、対面での対話が苦手と言われる近年の若手社員に限った問題ではない。職場の至るところでコミュニケーション不全が顕在化しており、それに対応するように、最近ではコミュニケーション研修の内容も、非常に多岐に渡っている。
2012/11/29掲載よくわかる講座

関連するQ&A

就業規則の成功例・失敗例
就業規則で、このように規定していたのであらかじめトラブルを予防できたとか、これは会心の規定だとか、具体的な例をご教示下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...