企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

年俸金額について

よろしくお願いいたします。
年俸制導入を検討しています。
年俸制導入後、毎年年俸金額を決めると思いますが、前年実績と比較した時に大幅にダウンすることも可能なのでしょうか?
月給制ですと降給するときは何割と決まっていたと思いますが?
ご指導の程、よろしくお願いいたします。

投稿日:2008/04/03 18:18 ID:QA-0011957

*****さん
東京都/医療・福祉関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

田添 忠彦
田添 忠彦
ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

ダウンは可能

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

年俸制を導入した時点で制度変更に伴ってダウンさせることは特殊なケース以外不可能ですが、導入後の改定時であれば制度上のルールに基づくアップダウンは当然可能です。
その際のダウン幅の制限については、特段法律上の取り決めがあるわけではありません。
また、本格的な業績給としての年俸制の対象は、多くの場合管理職層と思われますので、ある程度の上限幅があっても違和感はないものと思われます。

要は、「大幅であるかどうか」は社内的なコンセンサスの問題といえます。
したがって、あまり従前の年収に比べて極端に変動すると管理職の士気にもかかわります。
目安としては、資格や役職に変化がない場合の変動幅は、従来の賞与を含めた年収の増減幅より少し広げる程度にした方が多くの場合うまくいくのではないでしょうか。

ご参考まで。

投稿日:2008/04/03 18:50 ID:QA-0011958

相談者より

 

投稿日:2008/04/03 18:50 ID:QA-0034790大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

宮田 洋行
宮田 洋行
リアル・コンサルティング 代表

どうしても年俸制ですか?

ご相談を拝見し、気になったのでコメントさせていただきます。

従来以上に賃金にメリハリをつけたいのであれば月給制度、賞与制度の改定でも対応可能かと思います。

然るべきルールを設定すれば制度上の月給ダウンも可能です。

対象者が納得するような説明ができるか否かという視点でご検討されてはと思います。

ご参考までに4/18、4/24にセミナー

『今年から始める! 人事制度改定の実務〔ベーシックコース〕』

を開催します。医療・福祉施設様のご参加も承っておりますのでご検討ください。

※こちらのサイトからお申し込みできます

投稿日:2008/04/03 19:41 ID:QA-0011959

相談者より

 

投稿日:2008/04/03 19:41 ID:QA-0034791参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

ビジュアルな基準が必要です

今朝一番に拝見しまして、アドバイスさせて頂きます。
小職も年俸制導入には慎重派でありますが、年収管理相談には積極的に対応しております。
先ず年俸制適用グループの年収を分析して、最適な年収を算出します。
次に年収をプロットして回帰分析します。
そこで出力する年収カーブを基準として、上下に何パーセントかの許容ラインを引きます。
ある社員の年俸を上下するときは上記のラインを基準にすれば、最も合理的な年収管理ができます。
問題は年俸の決定要素は何であるか、上下の許容範囲は何パーセントが適切かですが、それはコンサルサントの意見を参考に御社が決定されれば良いのです。
要するに現実の年収と、最適な年収の比較グラフがあれば、ビジュアルな環境で年収管理が可能です。
なお統計学的な手法については、コンサルタントではなく、専用ソフトのベンダーがノウハウを持っております。

投稿日:2008/04/04 08:01 ID:QA-0011968

相談者より

 

投稿日:2008/04/04 08:01 ID:QA-0034794参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

関野 吉記
関野 吉記
代表取締役社長

いままでの制度とどのくらい違うのでしょうか?

最近、年俸制のご相談が急速に増えてきておりまして、一つの意見として追加します。
ただ、私の考えている年俸制と投稿者の方の年俸制の意味がちがっていたら、ごめんなさい。

法的面では、上記皆さんが書かれているように、制度変更の際注意をしていただき、その後は会社の自由に変更ができます。何割下げてはいけないという法律はありません。

一番重要なのは、なんのために年俸制にするのでしょうか?
会社ですので、制度を変更すれば上がる人もいれば下がる人も出てきます。
会社が目指すビジョンは、出来る人には報酬を上げて、平均社員には年俸をとどめていくというのであれば、「できる人」「重要なポジション」の明確な明記があってからやっと年俸制の年俸の設定が可能です。
年功制給与を支給していたときと同じ職務で、年俸制に変更する日本企業が多く、社員のやる気は落ちてしまう一方です。

医療・福祉関係ということですから、きっときびしいお仕事をされているのかな、と想像しますが、できれば、職務の内容のランク付けをして、ジョブグレードのようなものをいれた後、そのグレードに応じての給与レンジを作成するといいと思います。

社員へは、新制度に応じて給与の制度が変更になることのコミュニケーションを十分してあげられるといいですね。

投稿日:2008/04/04 09:41 ID:QA-0011972

相談者より

 

投稿日:2008/04/04 09:41 ID:QA-0034795大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き感謝しております。

ご相談の件ですが、制裁ではなくきちんとした人材評価上のルールに基いての減給であれば特に定まった制限というのはございません。

但し、前年と比べ余りに大幅な減給というのは、幾らそれなりの根拠があるとしても従業員の生活を脅かしかねませんので避けるべきといえるでしょう。

より重要なことは、公平公正な評価システムを構築し、かつ運用もしっかり行っていくということになります。

また年俸制の導入にあたっては、従業員の理解を得るためにもその導入目的を明確にし、制度設計についても何を重視するのかを具体化した上で検討されることが大切です。

投稿日:2008/04/04 13:51 ID:QA-0011982

相談者より

 

投稿日:2008/04/04 13:51 ID:QA-0034798参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
年俸制社員の雇用契約について
漠然とした質問で申し訳ございませんが、年俸制社員を1年間の契約で雇用しようと考えています。契約の上で留意すべき点があれば教えて下さい。
年俸制の従業員の減額
お世話になっております。 年俸制の従業員についてですが、契約期間の途中で減額することは可能でしょうか。 可能であるとすれば何%まで可能でしょうか。 会社の決め事の部分もあるかと存じますが、法令上問題となる点が分からずご教授いただければ幸いです。
残業代について
弊社は年俸制で、年俸を12ヶ月で割った金額を月給として支払っています。先日、その年俸には20%の賞与が含まれているので、その20%の額を引いて残業計算をするように言われましたが、その考え方は労基法上問題はないでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
年俸制
従来の年功序列制に代えて個人の職務能力や勤務成績に応じて年間の賃金を決定する能力給制度。日本では管理職を中心に浸透しつつあります。定期昇給という概念はなく、前年度の働き具合に応じて、増俸、据え置き、減俸が決まります。
社内公募制度・社内FA制度
社内公募制度とは、会社が必要としているポストや職種の要件を、あらかじめ社員に公開し、応募者の中から必要な人材を登用する仕組みのことです。逆に、社員が自らのキャリアやスキルを売り込み、希望する職種や職務を登録するのが社内FA制度です。人事権はあくまで会社側にあるというのが従来からの考え方ですが、社内...
サマータイム
日照時間の長い夏の間だけ、時計を標準時より1時間早め、昼の時間を増やそうとする制度。地球温暖化対策の一環として導入が検討されています。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...