無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

早期退職制度導入について

早期退職制度導入にあたり、転職先が決まっていない状態で退職をすることに不安を抱える社員のために、転職先斡旋や転職準備のため短時間勤務利用を可能にしたり等、割増退職金以外にも制度を検討しております。

上記以外の制度構築をされている事例をいただければと思います。
宜しくお願い致します。

投稿日:2021/07/30 14:01 ID:QA-0106045

HR人事課さん
東京都/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

一例

リストラ対象者は他社での雇用も難しいことから、独立支援やフランチャイズの加盟をメニューに入れる例があります。
しかしそもそも対象となる方が独立してやっていけるかといえば、現実的には限りなく厳しい可能性が高いので、単にメニューの行が増えるだけともいえます。
奇手は無く、ありきたりの策であっても、いかに説得力を持たせるかが結局のところ最も成果に通じるといえるでしょう。

投稿日:2021/07/30 23:25 ID:QA-0106075

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

早期退職での成功条件

▼早期退職制を目指して、ご記載の斡旋、短時間勤務、退職金等、有効な諸措置(謂わば、箱物)は必要ですがが、転職、独立に関らず、所謂、「つぶしがきく」人材なければ、何をやってもうまくいきません。
▼この「つぶし」は、業種を変えて転職しても柔軟に適応できること言いますが、選択すれば、必ず存在する「営業」・「人と物が移動する流通」・「益々増大する医療系」・「加速著しいWEB編集」・「同時通訳レベルの実用語学」等が比較的苦労し甲斐あるでしょう。
▼テーマから、対象は、お世辞にも、若手とはいえない人材が対象ですから、「過去、又は、最近、関ったことがある」とか、「根っ子から好きな業界」でなければ、制度構築しても効果は期待薄でしょう。

投稿日:2021/07/31 16:06 ID:QA-0106084

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
退職手続きリスト

従業員の退職では社会保険や退職金の手続き、返却・回収するものなど、数多くの業務が発生します。ここでは必要な退職手続きを表にまとめました。ご活用ください。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード