無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

精勤休暇について

産前産後休暇後に復帰したスタッフがいます。
1年働いた後に育児休暇を申請したいと申し出がありました。育児休暇は子供が2歳になるまで申請できるので問題ないようですが、育児休暇の前に精勤休暇を申請したいと人事部に話したところ4月は人事部が一番忙しい時期で精勤休暇は会社の休暇制度だから育児休暇に合わせて申請することはNGと言われたようです。そもそも精勤休暇は会社の休暇とは言え、申請者が取りたいタイミングで取得できるのでは?と思うのですが、会社がNGという権利はあるのでしょうか?

投稿日:2021/02/19 16:31 ID:QA-0101041

じぇいじぇいさん
東京都/商社(総合)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、御社就業規則上での精勤休暇の定めによるものといえます。

こうした会社が任意で設ける休暇につきましては、当然ながら発生及び取得要件が定められているはずですので、そうした要件を満たしていれば取得する事が可能になります。会社の都合でいきなり付与の拒否等は規定根拠が無い以上認められません。

従いまして、当事案の場合でも、特に取得時期の制限等が定められていなければ、他の要件を満たしている限り取得を認めなければなりません。任意の休暇であればこそ、内容はきちんと定めておく必要があるものといえます。

投稿日:2021/02/19 23:16 ID:QA-0101060

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

一番忙しい時期だから会社の休暇制度である精勤休暇を育児休暇に合わせて申請することは認めないというのであれば、その旨就業規則に根拠(取得できないケース)として定めているのですかという話になります。

精勤休暇自体は法的な根拠はなく、企業独自で定める特別な休暇ですから、基本的には、就業規則にどのように定めようと自由です。

例えば、繁忙期においては精勤休暇は育児休暇や有給休暇と連続して取得することはできないといった制限を設けているのであれば、基本的にはそれに服する義務があるでしょうが、制限がなく、取得条件が満たされている以上はいつでも自由に申請ができて然るべきものといえるでしょうから、基本的には申請拒否はできないのではないでしょうか。

投稿日:2021/02/20 08:27 ID:QA-0101062

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

時期変更を求めても不合理ではない

▼精勤休暇は、法定休暇でありません。その取得時期に関し格別の定めがない限り、会社は取得時期変更することができます。
▼法定の有給休暇に関してさえも、時季変更権がある事実に鑑みれば、会社が時期変更を求めても不合理ではありません。

投稿日:2021/02/20 10:54 ID:QA-0101067

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

就業規則

貴社が独自で定めた特別休暇なので法律や一般論では判断できません。就業規則に精勤休暇の取得方法などが書かれているはずなので、その定めに沿って判断して下さい。
本当の一般論としては会社側が取得時期については判断できるような気がしますが。

投稿日:2021/02/22 08:48 ID:QA-0101076

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード