企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第82回 株式会社クレディセゾン

がんとともに生きていく時代
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(前編)

株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長 兼 戦略人事部 キャリア開発室長 武田 雅子さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんでも話し合える信頼関係が仕事と治療との両立を可能に

―― 貴社には、がん患者をサポートするための制度がありますか。

特にがん患者を対象にしたものはありません。その他の傷病と同じように、傷病休職制度や短時間勤務制度、健康相談など一通りの制度でサポートしています。2008年には復職支援制度を導入しました。復職前に自宅でのプログラムをクリアして、産業医と復職面談の上、必要に応じて短時間勤務から復職をスタートさせる、というものです。これはがんの治療を行う社員だけでなく、メンタルに不安を抱える社員にとっても有効な制度だと思います。人事制度を一律に適用するのではなく、本人としっかり話し合いながら、なるべく無理のないように職場に戻ってこられるよう、サポートします。

私ががんになったときには制度がありませんでしたが、非時間管理者であったこともあり、部長にも同僚にも了承を得た上で、朝、放射線治療を行ってから11時ごろに出社したりしていました。治療は毎日でその期間は出張できませんし、リンパ節郭清をしていて、重い荷物も持てないから、先に荷物を出張先へ送ってもらって、私だけ移動すればいいようにする、といったようにやりくりもしていました。私が治療などで抜けるシーンがあっても、その年の採用や研修を止めるわけにはいきませんから、それを踏まえてどういうふうに仕事を達成できるのか、周りのみんなも自然に考えてくれたんです。

株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長 兼 戦略人事部 キャリア開発室長 武田 雅子さん

―― それだけのチームワークが発揮されるためには、普段からのコミュニケーションも重要ですよね。

確かにそうですね。私に限らず、メンバー同士がプライベートのことも含めてお互いによく知っていますし、がんを告白したときも、ある程度は受け止めてくれるだろう、という自信がありました。みんなで仕事に取り組んでこの困難を乗り越えていこう、と。そのためには、普段からの信頼関係が大事ですね。日ごろから、どのようにチーム単位で仕事を進めていくのか、時にはフォーメーションを変えて、リーダーも含めて柔軟に対応する、ということです。

当社の場合、女性比率が正社員の77%ということもあって、産休や育休でメンバーが抜けるのは日常のことです。また、子育てをしていると、子どもが熱を出すなど、不測の事態が起こることもあります。そうなると、本人はどんなに仕事をしたくても子どものことを優先しなければならないので、周りが手を差し伸べるしかありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」
現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいますが、多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ない...
2019/03/18掲載
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会
会社のためだけではなく社会のために生きる人が増えている
個人と企業が対等な時代に人事が考えるべき「エンゲージメント」とは
近年、人事領域において「エンゲージメント」への注目が高まっています。「従業員が会社に対して愛着を持てているか」という観点から、「個人と企業が一体となり、ともに成...
2019/02/28掲載
丸紅株式会社:
10年後を見据え、既存の枠組みを超える
丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策
2018年、「既存の枠組みを超える」をスローガンに、全社をあげてイノベーションを生むための施策をスタートさせた、丸紅株式会社。日本の人事部「HRアワード2018...
2019/02/18掲載

関連する記事

株式会社クレディセゾン:
がんとともに生きていく時代 
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(後編)
36歳の時に乳がんと診断され、手術を受けた後、職場に復帰した経験の持ち主である、株式会社クレディセゾン取締役の武田雅子さん。前編では、ご自身の経験から、がんと診...
2017/08/21掲載となりの人事部
がん患者等の就労支援
ガイドラインと企業対応
65歳まで働くことが一般的になっている現在、企業は貴重な戦力を維持・確保するためにも、がんをはじめとする持病を持つ従業員への対応を進める重要性が増している。厚生...
2016/11/22掲載人事・労務関連コラム
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率...
2016/10/31掲載となりの人事部
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(前編)
女性や外国人など多様な人材の活用を図るために、ダイバーシティ(多様性)推進に積極的かつ継続的に取り組んでいるローソン。小売業として初めて、女性活躍推進に優れた上...
2016/10/24掲載となりの人事部
共働き時代における企業の人事施策アンケート
女性活躍推進法が施行され、企業ではダイバーシティの推進や、両立支援策などの環境整備が進みつつあるが、いまだに女性は出産・育児等で離職する傾向が見られる。育児支援...
2016/10/17掲載人事・労務実態調査
【用語解説 人事キーワード】
がんサバイバー
がん対策基本法
介護離職
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...