企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
第82回 株式会社クレディセゾン

がんとともに生きていく時代
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(前編)

株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長 兼 戦略人事部 キャリア開発室長 武田 雅子さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人によってまったく違うがんの治療計画

―― 社員からがんを告白された場合、人事としてどう対応すればいいのでしょうか。

まずは今後のスケジュールを調整していくことになりますが、がんの場合、すぐに治療計画がわかるわけではありません。例えば一例として、告知から手術の日取りが決まって、手術を行って、腫瘍を病理検査にかけてから、術後どのように治療を行っていくかどうかが判明します。ですから、少しずつわかる範囲内で話し合いつつ、そのつど柔軟に業務スケジュールを組んでいくことが求められます。

株式会社クレディセゾン 取締役 営業推進事業部長 兼 戦略人事部 キャリア開発室長 武田 雅子さん

私のように術後、放射線治療とホルモン治療を行うこともあれば、術前に抗がん剤を用いて、あらかじめ腫瘍を小さくしてから手術を行うこともあります。おそらく皆さんの周りにもがんを経験された方が少なからずいらっしゃると思いますが、その症例や治療例がすべての患者さんに当てはまるわけではありません。「そういうがんなら、こうするべきだよね」などと、自分の記憶の引き出しに照らし合わせて、型に当てはめないように気をつけてください。人事として何か定型的に行えることはないんです。一人ひとりと向き合い、オーダーメイドで今ある制度の中でできることを考えることが大切なんです。

がんは治療や自身の状態によっても波があります。心も含めて、状況はさまざまに変化します。通常の傷病なら「手術すれば、あとは良くなるだけ」ですが、私の場合はホルモン治療の影響もあって、うつのような症状も現れました。「一度話し合ったから大丈夫」ではなく、本人も人事も、お互いにしっかりと変化についていつでも話し合える環境を整えるべきです。

―― 本人の心へのサポートも重要ですね。

告知直後は、大きく気が動転していることが多いですからね。ともすると「辞める」と言い出す人もいます。ただ、がん治療は長期になることが多いので、経済的な面を考えても、可能であれば仕事は続けた方がいい。その時々の感情で決めてしまうと、のちのち後悔することにもなります。特に男性のほうが辞めようとする人が多いんです。「正社員でフルタイム働かなければ」という固定観念が強いぶん、それ以外の選択肢を考えられず、極端な決断に走ってしまいがちなようです。女性は育児などライフステージの変化で、勤務形態や雇用形態が変わることもありますし、抵抗感が少ないのかもしれません。

これはいろいろな方に話しているのですが、仕事できちんと果たすべき役割があるということは、生きる上でとても大事なことなんです。一人で家に引きこもっていたら、やはりつらいですよ。育児の場合でも、赤ちゃんと二人きりになって気が滅入ってしまった、という母親のエピソードをよく聞きますよね。がんを治療しながら働いている人は大勢いますから、「がんとともに生きていく」という意識に変えていかなくてはならないと考えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」
現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいますが、多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ない...
2019/03/18掲載
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会
会社のためだけではなく社会のために生きる人が増えている
個人と企業が対等な時代に人事が考えるべき「エンゲージメント」とは
近年、人事領域において「エンゲージメント」への注目が高まっています。「従業員が会社に対して愛着を持てているか」という観点から、「個人と企業が一体となり、ともに成...
2019/02/28掲載
丸紅株式会社:
10年後を見据え、既存の枠組みを超える
丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策
2018年、「既存の枠組みを超える」をスローガンに、全社をあげてイノベーションを生むための施策をスタートさせた、丸紅株式会社。日本の人事部「HRアワード2018...
2019/02/18掲載

関連する記事

株式会社クレディセゾン:
がんとともに生きていく時代 
社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(後編)
36歳の時に乳がんと診断され、手術を受けた後、職場に復帰した経験の持ち主である、株式会社クレディセゾン取締役の武田雅子さん。前編では、ご自身の経験から、がんと診...
2017/08/21掲載となりの人事部
がん患者等の就労支援
ガイドラインと企業対応
65歳まで働くことが一般的になっている現在、企業は貴重な戦力を維持・確保するためにも、がんをはじめとする持病を持つ従業員への対応を進める重要性が増している。厚生...
2016/11/22掲載人事・労務関連コラム
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率...
2016/10/31掲載となりの人事部
株式会社ローソン:
男性が変われば企業風土も変わる!
ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(前編)
女性や外国人など多様な人材の活用を図るために、ダイバーシティ(多様性)推進に積極的かつ継続的に取り組んでいるローソン。小売業として初めて、女性活躍推進に優れた上...
2016/10/24掲載となりの人事部
共働き時代における企業の人事施策アンケート
女性活躍推進法が施行され、企業ではダイバーシティの推進や、両立支援策などの環境整備が進みつつあるが、いまだに女性は出産・育児等で離職する傾向が見られる。育児支援...
2016/10/17掲載人事・労務実態調査
【用語解説 人事キーワード】
がんサバイバー
がん対策基本法
介護離職
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...