企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガンサバイバー がんサバイバー

「がんサバイバー」とは、がんと診断されて治療中、あるいは治療後の人々のことをいいます。「survive(=生き残る)」が語源になっていることから、元がん患者という意味で使われるケースが多いようです。がんは今や治せる病気であり、がんサバイバーが社会生活をすこやかに送っていくために、さらなるサポートが期待されています。企業にとっては、社員ががんに罹患した場合に仕事と治療の両立をどうサポートするのかが重要な課題となっています。
(2017/12/15掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんサバイバーのケーススタディ

合併症や再発リスク、就労問題、精神的・身体的問題など
治療終了後も、がんと共に生きていく

2017月6月、乳がんにより帰らぬ人となったフリーアナウンサーの小林麻央さん。34歳で生涯を終えたショッキングなニュースは日本中を駆け巡りました。自身が闘病生活を赤裸々につづったブログは国内外ともに大きな反響を呼び、英国BBCの「社会に影響を与えた100人の女性」の一人に選出。さまざまなメディアでがんの特集が組まれ、社会現象とも言えるほど社会的にがんへの関心が高まりました。

これまで、がんと生きる人のサポートは、病を宣告されてから治療を終えるまでの「がん患者」へのケアにフォーカスされてきました。しかし、医療の進歩でがんが治療可能な病気となったことで、「がんサバイバー」として生きていく際のQOLにも、社会の関心が高まっています。治療を終えた後でも、合併症や再発への恐怖、人間関係、育児への不安、就労問題、経済的問題など、がんサバイバーは取り組むべきさまざまな課題を抱えながら生きていくことになるのです。

2012年6月に施行された、厚生労働省の定める「第2期がん対策推進基本計画」の中には、“がんになっても安心して暮らせる社会の構築”として、がん経験者の就労問題も含めた社会的な課題が挙げられています。2013年4月には、国立がん研究センターに「がんサバイバーシップ支援研究部」が設立されました。それでも、日本のがんサバイバーシップは、社会的認知や支援体制において遅れていると言われており、厚生労働省の研究班によると、がんに罹患した人の30%が自主退職し、4%が解雇されているといいます。がんサバイバーのウェルビーイングは、今後さらに社会全体で取り組むべき課題と言えるでしょう。

企業による、社員の「仕事とがん治療の両立」支援の動きも活発化しています。大手商社の伊藤忠商事では、がんの予防と治療のため、民間企業として初めて国立がん研究センターと提携。対象者のがん検診の無償化、高度先進医療保険の会社負担などを打ち出しました。両立支援コーディネーターを各カンパニーに配置し、仕事と治療の両立をサポートしていくとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

がん対策基本法
「がん対策基本法」とは、日本人の死因で最も多いがんの対策について定めた法律です。がん対策のための国および地方自治体の責務を明確にするとともに、全国どこの地域でも同じレベルの医療が受けられる環境整備や「がん対策推進基本計画」の策定などを掲げて、2006年に議員立法で制定されました。成立から10年経った...
妊活
「妊活」とは、妊娠・出産を望む男女が妊娠・出産を想定したライフプランを立て、妊娠に関する知識を学んだり、妊娠にむけて体調管理を心がけたりすること。不妊治療を含めた、妊娠・出産を目指す活動全般をいいます。近年は、キャリアと妊娠・出産の両立に悩むケースも多く、企業が不妊治療のための休暇制度を設けるなど、...
Society 5.0
「Society 5.0(ソサエティ5.0、超スマート社会)」とは、内閣府が提唱する未来社会のコンセプトのこと。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く次なる社会で、5年ごとに改定されている科...

関連する記事

株式会社クレディセゾン: がんとともに生きていく時代  社員が治療と仕事を両立するために人事ができることとは(前編)
国立がん研究センターの発表したデータによると、2012年時点でがん患者の約三人に一人が生産年齢(15〜64歳)で罹患(りかん)しており、働き盛り世代でがんにかかる人は少なくありません。一方でがん経験者の就労を支援する団体「一般社団法人CSRプロジェクト」が行っ...
2017/08/10掲載となりの人事部
私傷病により通院する労働者のための 「治療休暇制度」導入の実務
長期通院治療の必要な疾患であり、今や日本人の2人に1人が罹患するがんという病気を念頭におき、労務管理の観点からも有効な制度となりうる「治療休暇制度」について紹介します。
2012/01/30掲載人事・労務関連コラム
太田 肇さん: 本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(前編) 成果より「がんばり」で評価される組織が社員をつぶす?
『がんばると迷惑な人』という刺激的なタイトルの本の売れ行きが好調です。著者は同志社大学政策学部教授で、組織学者の太田肇先生。“個人尊重の組織論”を提唱する太田先生は、日本人なら誰もが小さい頃から教えられ、学校や職場で当たり前のように求められてきた「がんばり」こ...
2015/03/19掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

私傷病休職からの復帰について
同傷病での休職の回数についてお聞きしたいのですが…。 現在会社に癌宣告を受けられた方がおられます。 すでに転移も認められ長期の治療を必要とされており、有給休暇終了後に休職される予定です。 会社としては長期の欠勤が予想されるため人員を派遣社員等で補いたいのですが、本人はそのようなことは考えておらず...
治療と仕事の両立支援制度と時間単位年休付与
 治療と仕事の両立支援制度でがんや脳卒中などの病気にかかり長期治療が必要になった従業員に対して時間単位年休付与制度を制定しようと考えていますが、年次有給休暇はこんな利用目的の人だけ取得できる。というのは認められないといわれています。  治療と仕事の両立支援制度で長期治療が必要な人だけ時間単位年休付与...
自宅待機辞令について
がん治療のため入院をしていましたが、がん再発がわかり治療方針も決まらないまま退院となりました。抗がん剤投与もしており勤務するのは無理と判断し、しばらくは在宅勤務を勧めていますが本人がそれを受け入れません。すぐにでも出勤すると言って会社の指示に従おうとしません。無理をして通勤途上や勤務中に万が一のこと...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 福利厚生 ]
分類:[ 安全衛生 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...