【ヨミ】カイゴリショク 介護離職

家族などの介護を理由に、働き盛りの社員が会社を辞めることを「介護離職」と言います。団塊世代の高齢化などで親の介護に直面する子世代のビジネスパーソンが急増する中、介護離職を企業の深刻な経営リスクと捉え、支援制度の整備や職場環境の改善に乗り出す動きが広がっています。
(2012/1/16掲載)

介護離職のケーススタディ

“ケアメン”急増で企業も個人もリスク拡大
支え合う企業風土の醸成が支援のカギに

総務省の就業構造基本調査によると、2006年10月から翌年9月までの1年間に、介護が理由で離職・転職した人は約14万5,000人。5年前と比べると1.6倍に増えました。しかもその6割が、企業の要職に就く人が多い40~50歳代の中高年層で、特に男性の増加が目立ちます。介護といえばかつては“嫁の役目”という風潮がありましたが、最近は非婚化・晩婚化の影響から親と同居する独身の男性介護者も多く、彼らのことを“ケアメン”と呼ぶそうです。しかし高齢の親を独力で支えながら、介護と会社での重責を両立させることは想像以上に難しく、かといって離職すれば介護の費用負担に収入減が重なり、経済的に追い込まれてしまうケースも少なくありません。

介護離職の背景には、仕事との両立に役立つ使い勝手のいい介護サービスが乏しいことに加えて、日本企業に特有の、長時間勤務や仕事上の負担の偏りを当然視する職場環境が挙げられます。国の支援策として、家族の介護を理由に通算93日休める介護休業制度が認められているにもかかわらず、取得率が08年度で0.06%と、きわめて低い水準に止まっているのもそうした企業風土の表れと言えるでしょう。内閣府の男女共同参画会議の専門委員を務める東レ経営研究所研究部長の渥美由喜さんは「中高年の社員は、私的な事情を職場に持ち込むことを“悪”と考えがち。昇進に響くと考える社員もいる」と話します。

まもなく親の介護に直面する団塊ジュニア世代は多くの企業において長期にわたる人員削減や教育コスト抑制の影響を受けているため、組織内での代替要員の確保は容易ではありません。経験やノウハウを持った人材の離職が相次ぎ、その穴が埋まらなければ、現場のモラールダウンを招いてしまいます。

今後ますます大きくなる“介護リスク”に備えるため、一部の企業では、仕事と介護の両立を支援する独自の取り組みが始まっています。たとえば大手商社の双日は11年から国の介護休業制度とは別に、有給の介護休暇を年間85日取得できる制度や短時間勤務を最長3年間適用できる制度などを導入しました。日本ユニシスでは、介護休業は家族1人につき通算1年まで認められ、その他に有給休暇を積み立てて介護に利用することも可能です。旭化成でも、始業・終業時をずらすフレックスタイム制度を、介護中の社員はより柔軟に使えるよう改めました。

花王では、要介護の家族を抱える社員の比率を試算したところ、08年は12人に1人でしたが、23年には5人に1人に急増することがわかりました。これを受けて、同社では全社員を対象に介護セミナーを開催。同社人材開発部門によると「介護は誰にでも起こり得る。互いに支え合う企業風土を創りたい」とのこと。制度がいくら整っていても、それを積極的に使う意識と、使わせる職場環境が伴っていなければ意味がないのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード