無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

経験やスキルより「ストレス耐性」で採用する企業
人員削減で、サポートする余裕のない人事部 厳しい仕事のストレスで体調を崩す社員が増加

中途採用での主な選考基準といえば、経験・スキル・意欲・人柄などが挙げられるが、今はそこに「ストレス耐性」が新たに加わろうとしている。もちろん、以前から人柄などの中にある程度は含まれていたともいえるが、近年注目されているのは、単に忍耐強いとか前向きであるといった「気持ちの問題」よりも、仕事のストレスに耐えられる精神的なタフさ、柔軟さがあるかどうかだという。その背景には、厳しい仕事のストレスから体調を崩す社員が増え、対応する人事部も人員削減で余裕がない現実がある。

精神的にたくましい人材が欲しいのです

「先日1次面接を行ったKさんとHさんですが、残念ながら今回はご縁がありませんでした。また良い方をご紹介ください」

A社の採用担当からの「不採用」の連絡だった。A社は業界では上位の人気企業だ。2次面接に進める人材はそう多くはない。ただ、KさんもHさんも同じ業界でのキャリアはそれなりに持っていただけに、ちょっと惜しかったな…というのが私の正直な気持ちだった。

A社の採用担当者は、こんなことを言ってきた。

「部門マネジャーが面接したのですが、もっとたくましくて、精神的にタフな方がいいと言うんです。面接と同時に行った適性テストでも、少し線が細いという結果が出ていたので、今回は見送りになりました。次回は、極端にいえばスキルはなくてもいいので、そういった気持ちの強い方を紹介してください」

これには私も驚いた。これまでA社はスキルの十分な人材しか採用しない、いわゆる即戦力志向の強い企業として知られていたからだ。

そこで、私が思い浮かべたのがEさんだった。Eさんは異業種での経験しかない。ただ、中堅企業で営業を中心に一人何役もの仕事をこなしてきたタフな人材だった。このまま中堅企業で終わるのではなく、大手にステップアップしてスケールの大きい仕事をしてみたいという、野心的な転職希望者である。しかも、まだ20代と若い。

本来ならA社に推薦することはまずない人材だ。業界知識もないし、大手企業での勤務経験もない。しかし、精神的なタフさに関しては自信を持って推薦できる人材だと思ったので、まずはこのEさんを紹介して様子をみることにした。Eさんに打診すると、A社ならばぜひ応募してみたいという。

「この前、ご要望をいただいていた精神的に強い人材ですが…」

今までのように経験業界やスキルだけで書類審査されると、そこで不採用になってしまうかもしれない。そう思って、ぜひ一度直接会ってみてほしいと、特別枠としてご紹介することにした。

「わかりました。お会いしましょう」

採用担当の返事は早かった。どうやらA社内では、すでにこの特別枠での選考が進んでいるらしい。Eさんは書類選考なしで、すんなりと1次面接に進めることになった。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
レジリエンス
役割曖昧性
ストローク
ポジティブ・メンタルヘルス
リフレーミング
昇進うつ
PREP法
正月病
DESC法
ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ