無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ワーク ファミリー コンフリクト ワーク・ファミリー・コンフリクト

「ワーク・ファミリー・コンフリクト」とは、仕事と家庭生活で求められる役割が両立せず、葛藤を感じる状態にあることをいいます。家庭を持ちながら働く人たちは、職業上の役割と、家庭での親や配偶者としての役割を果たさなければなりません。ワーク・ファミリー・コンフリクトは、時間的制約、緊張や疲れによる葛藤、行動様式が異なることへのストレスなどが要因といわれており、子供を持つ母親の就業率の増加や、離婚によるシングルマザー(シングルファザー)の増加から問題視されるようになっています。

ワーク・ファミリー・コンフリクトのケーススタディ

仕事と家庭で葛藤するワーク・ファミリー・コンフリクトを解くには

すでに多くの人が知っている「ワーク・ライフ・バランス」は、仕事とプライベートの両立という意味で使われますが、その「プライベート」が独身生活であるか、育児中であるかどうかなどによっても悩みの性質や総量は変わってきます。

ワーク・ファミリー・コンフリクトは、仕事上の役割と家庭上の役割(配偶者として/親として)の両立がかなわないことからやってくる葛藤。仕事が家庭に与える影響と、家庭が仕事に与える影響の、二つの方向性があります。例えば、仕事で絶対に参加したいプロジェクトがあったのに、子供が熱を出して休まなければならなかった。仕事が忙しく、前から計画していた家族旅行を中止しなければならなかった、などといった状態が例として挙げられます。

1970年代以降の米国で研究が進んできましたが、その背景にあるのは、女性の社会進出。これまでの研究では、就学年齢未満の子供を持つ共働き夫婦で、特に女性にワーク・ファミリー・コンフリクトが高いことがわかっています。

「男性は外で仕事、女性は家を守る」という性別分業意識は、すでに過去のものとなっているように思えます。しかし実際には、親世代が旧来的な価値観を持っていて介入してきたり、子供を置いて仕事に出かけることに女性のほうが罪悪感を覚えやすかったりするなど、若い世代でも性別分業意識が内面化していることは少なくありません。

そんな葛藤を軽減するために、企業はどうすればいいのでしょうか。性別分業意識が問題となっている場合、アンコンシャスバイアス研修を実施したり男性の育児休業を推奨したりするなど、会社としての方針を提示するのが有効です。労働時間や仕事の難易度が問題である場合は、時短勤務やフレックスタイム制の導入などで解決できることもあるでしょう。本人たちは「仕事の比率を下げたら、出世コースから外されてしまうのでは」と不安に思っています。 葛藤をとくカギは「柔軟さ」。従業員のライフイベントに寄り添い、働く時間や内容など、柔軟に対応できる環境を整備して周知することが大切です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ワーク・ファミリー・コンフリクト」に関する記事

「ワーク・ファミリー・コンフリクト」に関する人事のQ&A

うつ病で連続して欠勤を繰り返す社員への最後通告について

無期労働契約社員(日給者)で、近々3年間程の間に、うつ病を理由に欠勤を何回も繰り返している社員がおります。勿論会社として最大限の配慮を行ってきたつもりです。本年度も年初から長期の休職(診断書有)をし、...

人事担当Aさん
東京都/ 繊維製品・アパレル・服飾(従業員数 1001~3000人)
2020/12/25 17:42 ID:QA-0099482 その他 回答終了回答数 3 件

ストレスチェック集団解析結果について

ストレスチェックの結果についてお聞きしたいです
ストレスチェック個人の結果は個人情報なので開示してはいけないのですが
職場集団解析結果は職場内で職場集団解析情報を開示し
職場メンバーで改善項目を話し合...

ピロピロさん
愛知県/ 運輸・倉庫・輸送(従業員数 3001~5000人)
2020/12/17 11:59 ID:QA-0099231 労務・法務・安全衛生 解決済み回答数 2 件

「ワーク・ファミリー・コンフリクト」に関する書式・テンプレート

復職申請書

復職申請書のテンプレートです。
傷病による休職を経ての復職の場合は、復職申請書と医師の診断書をもとに復職可否を判断します。また時期の明確化、記録のために復職許可証を発行する方がよいでしょう。

ダウンロード