企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

「対立」はイノベーションの源泉
組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは

武蔵野大学 経営学部 経営学科 准教授

宍戸 拓人さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「対立」はイノベーションの源泉 組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは

異なる流儀や価値観を持つ個人の集まりである以上、組織内で起きる「対立」は避けては通れないものかもしれません。組織をマネジメントする立場の人からすれば、社員同士の対立はなるべく避けたいことですが、一見すると波風の立たない穏やかな組織でも、その裏側で対立の回避や妥協が繰り返されているようでは、変化を起こせずに緩やかに衰退していく危険性も秘めています。イノベーションを生み出し、企業を前進させるためには、組織内の対立にどう向き合えばいいのか。「コンフリクト・マネジメント」をご専門とする、武蔵野大学 経営学部 経営学科の宍戸拓人准教授にお話をうかがいました。

Profile
宍戸 拓人さん
武蔵野大学 経営学部 経営学科 准教授

ししど・たくと / 一橋大学大学院商学研究科博士課程修了[博士(商学)] 後、一橋大学商学部特認講師を経て現職。専門は組織行動論。コンフリクト・マネジメントを中心に、企業と共同でシニア・マネジメント、研修効果の改善、組織文化の普及などの課題について、定量研究を行なっている。研究にあたっては、アカデミックな背景だけではなく、現場の具体的な悩みから研究課題を抽出することを重視している。(写真=栗原克己)

ビジネスの現場ではなぜ、価値につながらない「妥協」が生まれるのか

宍戸先生がご専門とされている「コンフリクト・マネジメント」とは、どのような研究分野なのでしょうか。

コンフリクトという概念自体は、ものすごく古いものです。歴史をひもとけば、19世紀のカール・マルクスをはじめとして、多数の哲学者や社会学者が取り組んできたテーマでもあります。

1970年代に入ると、心理学者のケネス・W・トーマスとラルフ・H・キルマンによって「二重関心モデル」が考案されました。コンフリクト、つまり対立が起きたときに、「自分の意見・利害」を重視するか「他人の意見・利害」を重視するかでX軸とY軸を構成し、解決に向けた手法を分類したものです。これは80年代ころから徐々に企業のマネジメントに応用されるようになりました。

「二重関心モデル」(宍戸拓人氏 作成)

二重関心モデル

二重関心モデルにおける分類は、次のように分類できます。

  • 自分の意見・利害のみを重視する……「強制」
  • 自分の意見・利害も、他人の意見・利害も重視する……「協調」
  • 他人の意見・利害のみを重視する……「服従」
  • 衝突を避け、対立など存在しないかのように振る舞う……「回避」

ビジネスの現場では基本的に、意見や利害の不一致を乗り越える「協調」を目指すために活用されてきたと言えるでしょう。しかし私が特に注目し、重要だと考えているのは、上記の4分類の中間にある「妥協」です。

「妥協」とはどういった状態を指すのですか。

例えば、ある会社に商品企画と販売の部門があるとします。商品企画は「どんどん新しい商品を出したい」と考え、販売は「定番商品を安定的に売っていきたい」と考えています。そのため、両部門の間では対立が起きています。

そんな状態なので、商品企画のメンバーが販売側へ新商品を持っていっても簡単には受け入れてもらえません。突き返されてしまうと、商品企画のメンバーは上司に何と言って報告すればいいのか、困ってしまいます。一方で、販売のメンバーにも事情があります。部門としては定番商品を売っていく方針なので、商品企画が持ってきた新商品を店舗に置いておくと上司に怒られるかもしれません。

そこで二人は相談し、「新商品を置くには置くけど、目立たない場所にしよう」と決めました。これが「妥協」です。こんなことをしても何の価値も生まないのですが、とりあえず物事を前に進めるために妥協するのです。

考えてみれば、似たようなケースは私たちの日常の業務の中でも頻繁に起きているかもしれません。しかし「妥協」を続けていると、いずれはさらに悪い状況に陥ることもあるかと思います。

そうですね。だからこそ、妥協を乗り越えて「協調」へ向かう必要があります。ここで重要なのは両者の意見や要求、利害の背景にあるものを理解すること。商品企画はなぜ新商品を出したいのか、販売はなぜ定番商品を売りたいのか。互いの背景を理解する必要があるのです。

「なぜ」と問いを立てていけば、それまでは見えていなかったことが明らかになるかもしれません。商品企画側はデータを分析して、定番商品の売れ行きがゆるやかに落ちていることに危機感を覚え始めているかもしれない。店舗側は新商品が出るとスタッフ教育の手間が増え、安定した売り上げを落としてしまうと危惧しているかもしれない。

意見や要求のレベルで表面的に妥協するのではなく、それらの背景を理解した上で互いの利害や懸念点を真剣に考え、互いが納得できるようにして価値を生むのが協調の意味でしょう。


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
新たな価値をもたらす「タスク・コンフリクト」を生かすために
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次のページ

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった2
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ2
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが参考になったでオススメしました
岐阜県 石油・ゴム・ガラス・セメント・セラミック 2020/05/20

 

キングペンギンさんが参考になったでオススメしました
東京都 HRビジネス 2020/05/16

 

2件中 1~2件を表示
  • 1

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

宍戸拓人さん:
「対立」はイノベーションの源泉
組織を前進させるコンフリクト・マネジメントとは
異なる流儀や価値観を持つ個人の集まりである以上、組織内で起きる「対立」は避けては通れないものかもしれません。組織をマネジメントする立場の人からすれば、社員同士の...
2020/05/15掲載
高橋俊介さん:
不確実性の時代に企業や人事はどう行動すべきか
「変化対応能力のある組織」をつくるダイバーシティとキャリア自律
グローバル化によるビジネス環境の急速な変化、少子高齢化にともなう人手不足、働き方改革への対応、さらには突然の大規模災害や感染症に備えての対策まで、企業はさまざま...
2020/05/08掲載
富永京子さん:
多様化の時代だからこそ大事にしたい
職場における「わがまま」の効用
会社組織は、いろいろな人の集まりです。雇用形態の違いに加え、近年は女性の管理職登用やグローバル化、障がい者雇用にLGBTQなどへの配慮もあり、多様化が進んでいま...
2020/04/16掲載

関連する記事

株式会社レナウン
目指すのは三つの“C”――Change、Challenge、Create
人財を通じて改革を推進する「レナウン元気塾」の挑戦
アパレルは人なり。人が変わらなければ会社は変わらない――。1世紀以上の歴史を誇るファッション業界の老舗レナウンではここ数年、ビジネス環境の激変を受けて大胆な改革...
2012/01/23掲載となりの人事部
宮城まり子さん
社員が笑顔で、生き生きと働くための「キャリアカウンセリング」
コミュニケーション不全に陥っている職場や個人に対して、どのように支援していけばいいのか──。今回は臨床心理士として、またカウンセラーとしても豊富な経験を持つ、法...
2009/02/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する あなたの会社の健康労務費見直しませんか?

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...