企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ディーイーエスシーホウ DESC法

「DESC法」とは、ポジティブなコミュニケーションを行うための方法で、率直で誠実な意見の伝え方を目指します。DESCは自分の意見を述べるための四つのプロセスの頭文字をとったもの。Dは「Describe」で客観的に事実を描写すること、Eは「Express」で自分の感情を率直に伝えること、Sは「Specify」で具体的に提案や依頼をすること、Cは「Choose」で相手の行動に応じて自分の行動を選択することを意味しています。円滑にコミュニケーションを進めることを目的とした、主張を上手に伝えるための技術です。(2019/10/31掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DESC法のケーススタディ

相手を尊重しながら主張する
アサーティブ・コミュニケーションを

アサーティブ・コミュニケーションというキーワードを聞くようになりましたが、具体的にはどのような概念なのでしょうか。アサーティブとは、相手を尊重しながら自分の意見を主張すること。相手を気にせず強く主張するアグレッシブ、意見をいわないノンアサーティブの中間にあり、アサーティブなコミュニケーションはビジネスにおける態度として評価されやすいといわれています。会社でのポジションが上がれば上がるほど、アグレッシブな姿勢が上司としてふさわしいと思い込む人がいますが、自分の意見が正しいという前提で価値観を押し付けることは、部下との良好な関係を損ないます。

DESC法は、アサーティブ・コミュニケーションを行う上で有効な手法ですが、具体的にはどのように行動すればいいのでしょうか。まずは「D(Describe)」。忙しいときに人から仕事を頼まれたときは「今忙しいので無理です」と言うのではなく、「16時までに○○の作業を終わらせなければいけません」と事実を伝えます。

「E(Express)」では、「お手伝いしたいのですが、今日は難しいです」などと、攻撃的にならないよう感情を率直に伝えます。「S(Specify)」では、具体的な提案として「A君であれば、専門性も高いので手伝ってくれるかもしれません」というように解決案を示します。最後の「C(Choose)」では、相手に選んでもらい、その結果を受けて自分でも行動を選択します。例えば、「A君には頼めない」と相手がいうのなら、「来週なら手伝えます」「A君を一緒に説得します」などと、自分の行動を示します。

DSEC法は仕事だけではなく、私生活にも応用することができます。自己犠牲に慣れてしまっている人や、反対に他者への尊重が足りていない人にとって、他者とのほどよい親密性を構築するのに役立ちます。人への依頼事が苦手な人は、DSEC法に沿ったコミュニケーションから始めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

アサーション
「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しな...
セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~
近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下の関係性、何よりもコミュニケーションのあり方が大きく変わってきた。問題は、そのことに対して上司があまり“自覚的”でない点である。その結果、“想定外”のコミュニケーションギャップが発生し、マネ...
2007/08/29掲載注目の記事
転職と人脈
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密な...
2015/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
小島 貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える 「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

人事(行動)評価と懲戒処分について
当社の人事評価制度では、行動評価の対象範囲を、業務上の行動に限定し、業務外のプライベートな行動は評価対象外として整理していますが、業務上の行動が懲戒処分に相当する行為で、就業規則に基づく懲戒処分を付した場合でも、その行為(事実)は当該年度の行動評価の対象として評価を行うべきなのでしょうか。
解雇について
仕事に大きく問題があるわけではないのですが、やや暗くネガティブな社員がいます。 ある時期(仕事で注意を受けた時)を境に所属部署の長(これは社長に当たります。)とコミュニケーションが取りづらくなり、社長も声をかけたり等何度か歩み寄ったのですが、一向に変りませんでした。 周りから見た印象としては、愛想...
出向者の健康診断について
当社(A社)は、B社より出向者Cを受け入れています。この場合、出向者Cに健康診断を受けさせなければならないのは、当社(A社)でしょうか、それともB社でしょうか。あるいは、A社でもB社でもどちらでもよく、A-B社間で、任意に取り決めればよいのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...