企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アクティブリスニング アクティブリスニング

「アクティブリスニング」(active listening)とは、カウンセリングにおけるコミュニケーション技法のひとつで、米国の臨床心理学者カール・ロジャースが提唱した、相手の言葉をすすんで“傾聴”する姿勢や態度、聴き方の技術を指します。日本語では「積極的傾聴」と訳されます。受容の精神と共感的理解をもって相手の話に耳を傾け、その言葉の中にある事実や感情を積極的につかもうとする聴き方のことです。アクティブリスニングにおいて、聴く側は話し手とともに感じ、考え、問題の本質を明確にしていくプロセスを共有することで、話し手が自ら解決できるように支援します。
(2014/8/25掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクティブリスニングのケーススタディ

共感と受容の精神に基づく話の“聴き方”
上司風を吹かせず、部下自らの解決を促す

アクティブリスニング」の概念が初めて発表されたのは1957年。“カウンセリングの父”と呼ばれる臨床心理学者のカール・ロジャース博士が、同名の論文によって提唱し、各方面から大きな反響を呼びました。日本には「積極的傾聴」または「積極的傾聴法」と訳され、紹介されています。

心理療法の対象者を患者ではなくクライアント(来談者)と呼び、面接の内容を記録・逐語化するなど、現在ではカウンセリングの常識として定着している手法を、最初に導入したのはロジャース博士です。博士の理論は、フロイトなどに見られるような悲観論とは対照的に、人間に対する楽観的・肯定的な見方にその特徴があるといわれます。すなわち、人間には誰しも自己実現する力が本能的に備わっており、クライアントの成長と可能性の実現を促す環境を整えるのがカウンセリングの使命であるという考え方です。アクティブリスニングもそのための聴き方の技法であり、コミュニケーションの姿勢に関する概念にほかなりません。

きき方には「聞く」と「聴く」がありますが、アクティブリスニングは、ただ受動的に聞き流すのではなく、話し手の言葉の中にある事実と感情をすすんで把握し、その本質を明確にしてあげることで、話し手が自分自身で問題解決できるように手助けする聴き方をいいます。それには聴き手の基本的な心構えとして、相手の考えや気持ちを相手の立場に立って理解する共感的理解と、自らの判断や評価の枠組みをいったん外し、相手の心情を全面的に受け入れる受容の精神が欠かせません。

アクティブリスニングは、企業でも管理・監督者に必須の能力として、研修などでよく取り上げられます。しかしそうした立場であればなおさら、部下とコミュニケーションをとる際に「忠告してやろう」「説得してやろう」といった思いに駆られやすいでしょう。上司風・先輩風を吹かせたい気持ちをあえて捨て去り、無の心境で相手に応対することがこの技法の大前提なのです。

具体的にアクティブリスニングを実践するには、次のような働きかけが求められます。

●話し手の言葉や態度、表情に集中し、自分が真剣に聴いていることを態度で示す

●言葉の奥にある気持ちや言葉には表れない真情をくみとりながら、
  相手の言わんとすることの意味全体をつかむようにする

●聴いた内容を相手にフィードバックする。意見は挟まず、「あなたはなぜ、そう思ったのですか」
 「それは○○という意味ですか」などと一歩突っ込んだ質問を投げかけたり、
 「そんなことがあったらつらいですね」と共感を示したりしながら、状況や感情の本質を明確化していく

そうした聴き方に徹することで相手はもっと心を開いて話したくなり、やがて自分から前向きな問題解決へとたどりついていく――それが、アクティブリスニングによる理想的なコミュニケーションの姿なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

傾聴
「傾聴」とは、カウンセリングやコーチングにおけるコミュニケーションスキルの一つです。人の話をただ聞くのではなく、注意を払って、より深く、丁寧に耳を傾けること。自分の訊きたいことを訊くのではなく、相手が話したいこと、伝えたいことを、受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”行為や技法を指します。それによっ...
アサーション
「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しな...
ノンバーバル・コミュニケーション
「ノンバーバル・コミュニケーション」(non-verbal communication)とは、言葉によらない、非言語コミュニケーションのことです。会話や文字など言語を介した通常のコミュニケーションの手法をバーバル・コミュニケーションと呼ぶのに対して、ジェスチャーや態度、表情など言語以外の要素による...

関連する記事

齋藤孝さん 部下を育てる言葉、ダメにしてしまう言葉
部下がやる気をなくすのも起こすのも上司の言葉しだい、と言えるかもしれませんが、では、上司は部下をステップアップさせるためにどんな言葉をかけたらいいのか。逆に、上司と部下の人間関係を険悪にしてしまうのは、お互いのどういう言葉なのでしょうか? 近著『嫌われる言葉―...
2004/12/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~
近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下の関係性、何よりもコミュニケーションのあり方が大きく変わってきた。問題は、そのことに対して上司があまり“自覚的”でない点である。その結果、“想定外”のコミュニケーションギャップが発生し、マネ...
2007/08/29掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第59回 「対話(ダイアローグ)」が求められる時代(前編) ~信頼に基づく話し合いが、組織を活性化する~
チームとして成果を出すために、人々をまとめ、鼓舞し、組織の活力を高めていく手法である「対話(ダイアローグ)」が注目されている。ただし、これは従来型の以心伝心によるコミュニケーションではない。対話とは、創造的なコミュニケーションであり、単なる雑談や議論とは異なる...
2012/08/27掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

優秀な人材確保のために、女性活躍推進を! 学びを可視化する ビジログ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...