企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

クライアントの課題解決はパートナーシップから
人の強みを引き出すAI時代のコーチング

ビジネスコーチ株式会社 代表取締役

細川 馨さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
細川 馨さん(ビジネスコーチ株式会社 代表取締役)

今や人材開発の世界では、一般化しつつあるコーチング。双方向のコミュニケーションにより自発的な行動を促すその手法は、創造性が問われる現在のビジネスシーンにおいて、ますます注目を集めています。ビジネスコーチ株式会社代表取締役の細川馨さんは、保険支店長時代にコーチングの世界に魅了された一人。自身の経験から、ビジネスコーチングを日本中に広めたいと精力的に活動を続けています。一方で、「クライアントの想いに寄り添い、時に周囲とコラボレーションを図ることも、今の人材開発ビジネスには求められている」という細川さん。AI時代ならではの人材開発について、これまでのキャリアにも触れながら細川さんにお話をうかがいました。

プロフィール

細川 馨(ほそかわ・かおる)/ビジネスコーチ株式会社 代表取締役。北海道函館市出身。1980年、セゾン生命入社。営業本部長として、組織を率いた。2003年に独立。2005年にはビジネスコーチ株式会社を設立し、代表取締役に就任。より良い組織創りを追求し、「クライアントの成果にこだわる、唯一無二のプロフェッショナル集団」である同社を率いている。

ボロボロになるまで働く、負けず嫌いのモーレツ保険営業マン

細川さんは、どのような学生時代を過ごされていたのでしょうか。

生まれは北海道で、実家は建具店を営んでいました。お世辞にももうかってはいるとはいえず、高校を卒業したら警察官になるつもりでした。ところが私は自由を愛する人間ですから、向いていないのではないかと思い直し、大学進学を機に上京しました。

学生時代はアルバイトに明け暮れた日々でした。いろいろやりましたよ。寿司屋の出前に、土木作業員、それから道路工事の現場。いちばんつらかったのは、工場の仕事でした。製造ラインに立って、ベルトコンベアを流れてくるお菓子をひたすら袋に詰めていく。決まったことを淡々とこなすことは、私には苦痛でしかありませんでした。それでも、昔から人の喜ぶ顔を見るのが大好きで。お金を貯めては母親に送金していたんです。

保険会社に就職を決めたのは、当時、世間を席巻していたセゾングループの会社だと聞いて、「かっこいい!」と思ったから。大学ではほとんど勉強していなかったので、学科試験がないと聞いて、「ここならいけるぞ!」と手ごたえを感じていました。

敏腕営業マンだったそうですね。

入社1年目の配属は札幌でした。系列のスーパーにあるカウンターで、買い物客や従業員に保険を売る仕事です。研修もそこそこに、現場に放り出されました。70人ほどいた同期は、1年もすれば半数が辞めていくような状況でしたが、私の場合は初年度から成績が良く、新人賞をいただいた記憶があります。負けず嫌いな私には、合っている仕事でした。

入社2年目には営業成績が全国トップ5に入り、6年目には最年少で営業所長になりました。しかしプレイヤーだったころとは違い、部下に動いてもらって成果を上げなければいけないので、辛くて仕方がなかった。私は「俺も頑張るから、お前もやれ」と、自分のやり方を部下に押しつけていました。

朝早くから夜遅くまで働いて、その後は部下を引き連れて飲みに行く毎日です。売上も就任3年目には300%増になりました。ただ、4年目ともなるともう限界。退職者が絶えず、私自身も体調を崩して入院するほどにボロボロの状態でした。何人もの営業所長を部下から輩出し、目標としていた北海道営業部を立ち上げたあと、福岡への異動を命じられます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

矢澤 潤子さん(ANAビジネスソリューション株式会社 代表取締役社長):
ポジティブな言葉をたくさんかけて、精一杯生きる姿を見せる
それが組織のモチベーションを高めるリーダーの役割
ANAを中心としたエアライングループとして、グループ全体で長年にわたり培ってきたハイクオリティーなサービスや人財育成ノウハウを生かして、付加価値の高い人材派遣、...
2018/09/21掲載
細川 馨さん(ビジネスコーチ株式会社 代表取締役):
クライアントの課題解決はパートナーシップから
人の強みを引き出すAI時代のコーチング
今や人材開発の世界では、一般化しつつあるコーチング。双方向のコミュニケーションにより自発的な行動を促すその手法は、現在のビジネスシーンにおいて、ますます注目を集...
2018/08/23掲載
飯島 淳一さん(コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社 代表取締役):
「ラーニングをベースとするタレントマネジメント」を企業に提案
時代の変化に対応し、顧客をナビゲートする
コーナーストーンは、世界192ヵ国で約36万人のユーザーに利用されているタレントマネジメントソリューションです。コーナーストーン日本法人を2016年から率いてい...
2018/07/27掲載

関連する記事

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る
会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり、和やかな雰囲気の中で、相互にアドバイスや示唆を与えあう――。元IT企業のマネジャーのフィ...
2015/12/25掲載注目の記事
花王株式会社
健康づくりの本質は人材育成
ヘルスリテラシーの高い組織を目指す「健康経営」の取り組みとは
厚生労働省や経済産業省の推奨もあり、健康配慮への取り組みを進める企業は増えていますが、なかでも際だって先進的と評価されるのが花王株式会社の「健康づくり事業」です...
2012/06/04掲載となりの人事部
株式会社レナウン
目指すのは三つの“C”――Change、Challenge、Create
人財を通じて改革を推進する「レナウン元気塾」の挑戦
アパレルは人なり。人が変わらなければ会社は変わらない――。1世紀以上の歴史を誇るファッション業界の老舗レナウンではここ数年、ビジネス環境の激変を受けて大胆な改革...
2012/01/23掲載となりの人事部
スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社:「自主性を引き出す」人材マネジメントとは~ マニュアルがなくても人は動く~
やる気や組織へのロイヤリティをどう引き出すかは、避けて通れない重要な課題――。正社員・非正社員を問わず、「人を尊重する経営」を標榜し、実践しているスターバックス...
2009/01/26掲載となりの人事部
川西玲子さん 映画から学ぶ「人事力=人材マネジメント術」
今回は、人材マネジメントの“ツール”としての映画に着目。人事担当者が映画から学ぶべき事柄について、時事・映画評論家である、川西さんならではの視点から興味深いお話...
2008/12/22掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【用語解説 人事辞典】
産業カウンセラー
1on1ミーティング
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...