企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カジョウテキオウ 過剰適応

「過剰適応」とは、ある環境に合うように、自身の行動や考え方を変える程度が度を超えている状態を指します。その結果、うつ病やパニック障害といった二次障害を引き起こすこともあり、精神疾患者に陥りやすい人が持ち合わせている傾向ともいえます。人から良く思われたい、認められたいという「承認欲求」は社会生活を営んでいる限り誰もが抱くものです。その欲求が強くなるあまり、自己の本質よりも他者に認められるための行動を優先してしまい、心身を消耗してしまう。またそれを習慣的かつ反射的に行ってしまうのが過剰適応の特徴です。(2019/8/30掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過剰適応のケーススタディ

自分も他人もOK
部下を過剰適応にさせないために

相手の機嫌をそこねないよう、相手に合わせることを優先してきた。親の期待に応えるべく行動し、いつも「いい子」だと言われてきた。悪いことが起こると、周囲ではなく自分を責める。自分の欲望や主張より、相手の意向を尊重する――。程度に差こそあれ、ほとんどの人が「周囲を気にする」行為を経験しているのではないでしょうか。他者を尊重するのはパーソナリティの一つでもあり、どこからが過剰なのか明確に線引きをするのは難しいものです。

「適応」と呼ばれるものには、二種類あります。一つは、社会や現実の要求に応じて、自分を変化させていく「外的適応」。もう一つは、内面的に幸福感や満足感を経験し、心的状態が安定していることを指す「内的適応」。何をもって過剰と判断するかの目安となるのが、これらのバランスです。外的適応が重視されすぎており、内的適応が軽視されている場合に、過剰適応傾向にあると判断することができます。

過剰適応には、「アサーション」と呼ばれる自他尊重の考え方の訓練が有効です。一般にコミュニケーションにおける表現は、攻撃的な自己表現、非主導的な自己表現(過剰適応)、相手と対等な自己表現(アサーティブ)の三つがあります。アサーションでは三つ目のアサーティブな状態を目指すトレーニングで、「相手を傷つけず自分も傷つけない」自他尊重のマインドを持つことで、自己犠牲的な承認を軽減させていきます。

場合によっては、精神疾患にもつながりかねない過剰適応。自分の感情を抑える「感情労働」を求められる職場では、過剰適応状態に陥りやすい環境といえます。上司は部下を過剰適応状態にさせないよう、自分や同僚の顔色をうかがってストレスをため込んでいる因子が見られたら、彼らが自尊感情を取り戻せる環境を整えるためのサポートが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
アサーション
「アサーション」(assertion)とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つで、「人は誰でも自分の意見や要求を表明する権利がある」との立場に基づく適切な自己主張のことです。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しな...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

小島 貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える 「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”
組織のわかりあえない対立を読み解く ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に回っていくでしょう。けれども現実は、各所で起こる対立に、現場の社員だけでなく人事も頭を悩ませています...
2019/10/18掲載キーパーソンが語る“人と組織”
注目の「1 on 1」を企業変革の切り札にしていくためには? リクルートマネジメントソリューションズ、1 on 1実践支援ツールをリリース
企業が厳しく複雑なビジネス競争を勝ちぬくには、現場の社員一人ひとりが創意工夫を凝らして仕事に取り組み、成果を上げていくことが必要です。現場の実践力を高めるために何をすればいいのかと悩んでいる企業も多いと思いますが、いま最も注目されている施策の一つが、上司と部下...
2018/06/06掲載注目の記事

関連するQ&A

労災の適応に関して
基本的な質問ですが どなたかお願いします。 労災の適応範囲は雇用契約が結ばれていれば全員適用で問題ないのでしょうか? どなたかお答えください。 よろしくお願いします。
就業規則 遅刻の際のペナルティーについて
弊社の役員は、「遅刻」をとにかく嫌っており、 交通機関や自然災害等の理由以外で遅刻をした場合には、 たとえ「1分」の遅刻でも、「半休」扱いとすると 以前から公言し、これが適応されてしまっています。 就業規則の制裁として適応される範囲でしょうか? 従業員からは厳しいという声が多数上がっているため、 ...
フレックスタイム制の総労働時間過不足について
フレックスタイム制での総労働時間清算について教えてください。 労働時間に過剰があった場合、その清算期間内に過剰時間分の賃金を支払うことで清算しなければならないと伺いました。 次のような例ではいかがでしょうか。 ①総枠177時間の月に、月の後半が忙しくて60時間過剰勤務した。その時間のうち2日間は休日...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト 期間限定キャンペーン

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...