企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる
職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(後編)

日向野 幹也さん
(早稲田大学 大学総合研究センター 教授)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日向野 幹也さん 早稲田大学 大学総合研究センター
金融論の研究者から、リーダーシップ教育の第一人者へ――日向野幹也・早稲田大学教授の思いがけないキャリアチェンジの物語は、そのまま日本の大学におけるリーダーシップ教育の歩みと重なります。まったく新しい教育プログラムをゼロから立ち上げ、大学側の評価を獲得し、他に類のない規模にまで発展させることができた原動力は、ほかならぬ、日向野先生自身のリーダーシップでした(前編参照)。インタビュー後編では、過去11年間にわたる大学でのリーダーシップ教育の成果を振り返るとともに、新しいリーダーシップを学んだ人材を企業はどう活かすべきかについてもご意見をうかがいました。
Profile

ひがの・みきなり●1978年東京大学経済学部卒業、83年同大学院博士課程修了、経済学博士(東京大学)。同年より2005年まで東京都立大学経済学部勤務。同年立教大学に移籍し、2006年より経営学部ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)を主査として立ち上げ発展させ、その実績のもとに2013年度の全学向けプログラム(立教GLP)を立ち上げた。2011年頃よりアクティブ・ラーニングとアクション・ラーニングの両分野で内外の顕彰を受けた(国際アクション・ラーニング機構の年間賞など)。2016年4月からは早稲田大学に移籍し、全く新しくリーダーシッププログラム(LDP)を開始した。著書に『大学教育アントレプレナーシップ』(ナカニシヤ出版、2013年)、松下佳代編著『ディープ・アクティブラーニング』(勁草書房、2015年)第9章など。

役割分担は不要――“間の球を取りにいく”リーダーシップとは

―― 立教大学経営学部で過去11年間取り組まれた、リーダーシップ教育の成果についておうかがいします。BLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)によって、学生にどのような変化が生まれましたか。

一番大きいのは、教員や大学・学部に対して、提案する習慣、風土が醸成されてきたことですね。教育サービスを受ける側の学生たちが、単なる消費者として不満を言うだけでなく、「ここはこういう理由で良くないから、このように変えるともっと良くなると思います」というふうに声をあげ、学生団体を中心に自ら進んで実行するようになった、提案者に変わってきたということです。そういう学生団体が四つも五つも結成されて、お互いに仕事を取り合うぐらいの勢いで活動していますからね。学部のイベントなどにもすごく協力的だし、授業中にグループワークやディスカッションを補佐する学生アシスタントを募集すると、志願者が殺到するんですよ。学部の活動のほうが面白いからという理由で、せっかく入ったサークルを辞めてしまう学生も少なくありません。大手の私立大学で、これほど学生の帰属意識が高い学部は他にないと思います。

―― 最近の学生気質からすると、ちょっと意外な感じがしますね。

人とのつながりを求めているという点では、昔の学生と比べても、それほど変わっていません。大人のほうが、そうしたつながりを実感できる場や機会を提供できていないから、変わったように見えるだけだと思います。

―― リーダーシップを学ぶ過程で、学生が問題を抱えたり、壁にぶつかったりすることも少なくないと思います。ふだん学生と接する中で、何かお感じになることはありますか。

BLPでは、それぞれリーダーシップに関する目標を立てるのですが、「私のやりたいことは“場作り”です」という学生が多く、歯がゆい思いをしています。「場作り」や「環境整備」は、言葉として非常に美しいのですが、そもそも授業という守られた環境下で行う「場作り」にはたいした技術がいらないし、リスクもゼロです。「場作り」に逃げてさえいれば、人とぶつかって嫌われる心配がありません。グループとして成果を上げることよりも、人を傷つけないことを最大の成果目標にしているわけです。そんなことでは、とてもリーダーシップとは言えません。反発されても、「成果を上げるためにはこの方がいいんじゃないか?」と問うて自ら実行するリーダーシップのほうが、多少の対人関係リスクはあるけれど、結局はチームのためになるんですよ。

それともう一つ、チーム全体の目標として「役割分担」を挙げる学生が多いのも、気になります。役割分担を誤解してしまうと、リーダーシップの成長に弊害が出るからです。グループワークの際に役割や担当を決めても、いざ始まってみると、誰が担当なのか言えないような仕事が次々と出てくるのが当たり前。ビジネスパーソンなら、誰もが日々実感していることでしょう。そこで「自分の役割じゃないから」と見て見ぬふりをするのは、リーダーシップ不足の典型例です。「権限のないリーダーシップ」を目指すなら、こうした仕事を“率先”して引き受け、「こんな仕事に気づいたからやっておいたよ」と報告することで他のメンバーにもそれを促す、“垂範”まで行うべきでしょう。サード後方にファウルフライが上がったら、ショートだけでなくサードもレフトも捕ろうとしなければいけない。おのおの役割はあっても、それを越えていくのが真のリーダーシップなんです。

―― どうすれば越えられるようになりますか。

チームで共有した目標をつねに確認し合い、それに忠実、敏感であることが大切でしょう。目標達成のために必要だと分かっているからこそ、野手間の取りづらい球も取りにいけるのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

宇田川元一:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載
黒田祥子さん:
生産性向上につながる鍵は「週単位」「日単位」の余暇時間
休み方への意識を変えるために人事が取るべき施策とは
2019年は、多くの企業にとって「休み方」を考え直す契機となるのではないでしょうか。平成から令和への改元に伴い、ゴールデンウィークが過去に例のない大型連休となっ...
2019/08/26掲載
川島 薫さん:
社会人として働くことに健常者も障がい者もない
“当たり前”を取り入れた、これからの障がい者雇用とは
楽天グループの特例子会社である、楽天ソシオビジネス株式会社。同社は、設立時より積極的に障がい者採用を行い、高い雇用率と定着率を実現しています。また、特例子会社で...
2019/07/26掲載

関連する記事

世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている
じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早期退職していく。会社の主力であるべきミドルマネージャー層が疲弊して、社内に活力が感じられな...
2018/12/25掲載注目の記事
パート・アルバイトの職場に対する隠れた不満
ES(従業員満足度)の向上が高いCS(顧客満足度)を生むという考え方があります。従業員が仕事や職場環境に不満を持ったままでは、十分な成果を出すことは難しいのです...
2018/08/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~
2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」...
2018/07/12掲載イベントレポート
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...