企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ムークス ムーク MOOCs(MOOC)

「MOOCs」(Massive Open Online Courses)または「MOOC」(Massive Open Online Course)は、訳すと「大規模に開かれたオンライン講義」という意味で、インターネット上で誰もが無料で大学などの高等教育機関の講義を受けることができる仕組みのことです。講義ではシラバスや配布資料、ビデオやクイズ、シミュレーション教材などが受講者に提供され、テストや課題の修了条件を満たした学習者には修了証も発行されます。
(2017/11/9掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MOOCs(MOOC)のケーススタディ

評価は高いが、認知度はあがらず
学び直しとモバイルが飛躍のきっかけとなるか

「MOOCs」の代表的なプラットフォームとして、海外にはスタンフォード大学などが参加する「Coursera」、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学などが参加する「edX」などがあります。日本ではJMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)において、さまざまな大学・企業が累計140講座を配信しており、プラットフォームには「gacco」「OpenLearning, Japan」「OUJ MOOC」「Fisdom」の四つがあります。

2012年に誕生したばかりの「MOOCs」ですが、日本での認知度は低く、『2017年度 大学のオープン化に関する調査』では「知らない」と回答した人が76%を占めています。「MOOCs」の取り組みについては8割以上が良いと評価しているだけに、いかに認知度を上げていくかが、今後の日本においての「MOOCs」普及のカギと言えるでしょう。

また、最近は端末のモバイル化が進み、「MOOCs」学習者もスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器を使用することが増えています。モバイルでの受講環境を充実させることも、認知や受講者の拡大には必須となるでしょう。

“「良質な講義」を「誰も」が「無料」で学べる学習機会を提供することで、さまざまな分野における知識レベルの共通化・標準化を推進し、個人が意欲的に学ぶことを支援するとともに、個人の知識やスキルを社会的な評価へ繋げていくことを目指す”――JMOOCのミッションにもあるように、教育システムの「理想」ともいえる「MOOCs」。今後の発展が期待されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

管理者が成長するために必要なこと 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....