企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

権限、役職、カリスマ性がなくても発揮できる
職場と学校をつなぐ「リーダーシップ教育」の新しい潮流(前編)

日向野 幹也さん
(早稲田大学 大学総合研究センター 教授)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日向野 幹也さん 早稲田大学 大学総合研究センター
「リーダーと聞いてどんな人を思い浮かべますか?」――MBAや大学の経営系の学部で行われるリーダーシップの授業の第一回目は、よくこの質問から始まります。受講生たちの描くリーダー像を浮かび上がらせた上で、リーダーシップとはそもそも何かという話に入っていくのが常道ですが、日本企業のリーダーシップ研修では、こうした導入部がまずありません。この状況について、早稲田大学 大学総合研究センターの日向野幹也教授は「日本の多くのビジネスパーソンにとって、リーダーとは権限者や経営者のことであり、リーダーシップは経営者や管理職が持つべきスキルと知識のことだと考えられているからです」と分析します。しかし、リーダーシップという言葉の意味するところが、いま、大きく変わりつつあります。リーダーシップの新しい世界標準とは何か。それは身につけることができるのか。できるとすればどうすればいいのか――。前職の立教大学経営学部で、日本はもちろん、リーダーシップの先進国・米国にもほとんど例のない、画期的なリーダーシップ教育プログラムを開発し、展開してこられた日向野先生にじっくりとお話をうかがいました。
Profile

ひがの・みきなり●1978年東京大学経済学部卒業、83年同大学院博士課程修了、経済学博士(東京大学)。同年より2005年まで東京都立大学経済学部勤務。同年立教大学に移籍し、2006年より経営学部ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)を主査として立ち上げ発展させ、その実績のもとに2013年度の全学向けプログラム(立教GLP)を立ち上げた。2011年頃よりアクティブ・ラーニングとアクション・ラーニングの両分野で内外の顕彰を受けた(国際アクション・ラーニング機構の年間賞など)。2016年4月からは早稲田大学に移籍し、全く新しくリーダーシッププログラム(LDP)を開始した。著書に『大学教育アントレプレナーシップ』(ナカニシヤ出版、2013年)、松下佳代編著『ディープ・アクティブラーニング』(勁草書房、2015年)第9章など。

経済学者からリーダーシップ教育者へ――BLPを機に転身

―― 日向野先生が立教大学経営学部で立ち上げられた、学生のリーダーシップ開発のための「ビジネス・リーダーシップシップ・プログラム」(BLP)は、2006年春の学部発足とともにスタート。今年11年目を迎え、産学官各界から注目を集めています。

最初の2年間は予算の財源なし、スタッフなし。孤立無援の手探り状態でしたが、それから10年余りが経ち、BLPは現在、経営学部の初年次共通教育および2、3年次教育科目として定着しただけでなく、その実績が認められて、全学対象のカリキュラム「立教GLP(グローバル・リーダーシップ・プログラム)」としても展開されています。08年からは、文科省と日本学術振興会の「教育GP(質の高い大学教育推進プログラム)」に採択され、その成果審査の中で、他大学に波及が見込まれる「イノベーティブな取組」に認定されました。これは全国で15件のみ、首都圏の私立大学では唯一という快挙です。実際、この春から私が籍を移した早稲田大学のほか、國學院大學や淑徳大学などでも、同様のプログラムが走り始めています。また、後ほど詳しく説明しますが、全都立高校の新設必修科目「人間と社会」に、立教BLP/GLPで使っている「リーダーシップ最小3行動」が掲載されました。つまり、大学だけでなく、高校でもリーダーシップ教育が本格的に始まったということです。個人的に今年は、“リーダーシップ教育普及元年”と言っていいほどの手ごたえを感じています。

―― 日向野先生ご自身はもともと、リーダーシップ研究がご専門だったわけではありません。05年まで22年間勤務された東京都立大学(現・首都大学東京)では、金融論を教えていらっしゃいました。かなり思い切ったキャリアチェンジですね。

立教大学でも経営学部の新設に合わせ、金融論の教員として採用されたのですが、その際、「並行して、リーダーシップ教育も担当してくれないか」と打診されました。経営学部としては後発なので特色を出したほうがいいだろうという発想から、立教大学では、全員必修のBLPを、経営学科のコアプログラムとして構想していたのです。当時、学部で必修のリーダーシップ教育は、どこの大学にもありません。専門家も現在より少なかった。畑違いの私にBLP立ち上げの話が回ってきたのは、そのせいでしょう。正直、リーダーシップ教育になじみはなかったのですが、構想を尋ねてみたところ、都立大時代にゼミで取り入れていたプレゼンテーションの訓練やグループワークと似ていると感じたので、それを学年全体に広げればいいだろう、と。軽い気持ちで本業との兼任を引き受けて、気が付いたら、すっかりこちらにのめり込んでいました(笑)。私自身、それをリーダーシップという言葉では理解していなかったものの、昔から何か新しいことを考えて仲間と一緒に取り組むのは好きでしたし、得意なほうでしたからね。

―― 打診があった時点で、大学側が構想していたリーダーシップ・プログラムとはどのようなものだったのでしょうか。

日向野 幹也さん 早稲田大学 Photo

基本的なイメージだけで、中身はゼロから自由にできる状態でした。しかし、いろいろ調べていくうちに、そのイメージは時代遅れだと分かったのです。従来、日本でも、リーダーシップ教育の本場である米国でも、一般にリーダーシップといえば、“権限や役職”、あるいは持って生まれた“カリスマ性”に裏づけられるものと考えられてきました。教育プログラムも、いわゆる管理者研修や帝王学の類、つまり対象者に権限があることを前提としたリーダーシップ開発が定番で、じつはBLPも当初の構想では「大学生版の管理者研修」をイメージしていたのです。しかし学部発足までの準備期間中に、米国での実態を視察してみると、それはすでに時代遅れになっていました。代わりに、「権限がなくても発揮できるリーダーシップ」を涵養(かんよう)すべきという考えが、主流になりつつあることに気がついたのです。帰国後、BLPの学習目標もそうした潮流にあわせるべきと報告すると、当時の学部長にたいへん驚かれましたが、ご自分もアメリカに留学されていた経験から、「北米ではそれがむしろ伝統的なリーダーシップなのかもしれない」と理解し、BLPの新しい方向性に強く賛成してくださいました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

石坂典子さん:
外部との交流が仕事の意義を見出し自信へとつながる
石坂産業を地域で愛される会社にした“考える”マネジメントとは
建築系廃材の処理を行う石坂産業は、徹底した分別と独自の技術で95%以上のリサイクル率を実現するなど、同業他社との差別化を図り、高い競争力を実現していることで知ら...
2018/09/05掲載
指揮者のいないオーケストラに聞く
一人ひとりがリーダーシップを発揮する「自律型組織」のつくり方
「ティール組織」「ホラクラシー」など、自律的な組織のあり方が注目されています。一見、まったく新しいもののように思えるこの概念を、40数年前に実現していた組織が、...
2018/08/30掲載
山本 寛さん:
優秀な若手をひきつける「リテンション・マネジメント」
人が辞めない組織をつくりあげる極意とは
少子化に伴う労働人口の減少が進行する中、優秀な人材に長く組織で活躍してもらうための施策である「リテンション・マネジメント」が注目を集めています。特に企業の将来を...
2018/07/18掲載

関連する記事

パート・アルバイトの職場に対する隠れた不満
ES(従業員満足度)の向上が高いCS(顧客満足度)を生むという考え方があります。従業員が仕事や職場環境に不満を持ったままでは、十分な成果を出すことは難しいのです...
2018/08/20掲載新卒・パート/アルバイト調査
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
ATD 2018 International Conference & Expo 参加報告
~ATD2018に見るグローバルの人材開発の動向~
2018年5月6日~9日に、米国カリフォルニア州サンディエゴにて、「ATD 2018 International Conference & Expo(ICE)」...
2018/07/12掲載イベントレポート
どういう生き方をするのか、そもそもなぜ働くのか――。
人生そのものを考えさせる教育が社員の仕事への意欲を高める
長時間労働の削減が叫ばれる現在、仕事を選んで効率的に利益を上げたい、と考える企業も多いのではないでしょうか。そんな中、小さな工事でも断らず、顧客の信頼を得ること...
2018/06/19掲載編集部注目レポート
葛西 浩平さん(株式会社ジェック 代表取締役社長):
人は本来、たくさんの可能性を持っているもの――若い人たちが自分の才能や価値観を大切にし、「仕事を謳歌」していくために必要なこと
ただ単に需要へ対応するだけでなく、「需要を創造する企業集団」へ変わっていくためには何をするべきなのか。多くの企業が悩み続けるテーマだと言えるのではないでしょうか...
2018/05/30掲載HR業界TOPインタビュー
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン 管理者が成長するために必要なこと

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....