企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

正社員を派遣する場合の待遇説明、賃金、契約の流れについて

弊社はソフトウェア開発会社で、普段は請負・準委任契約が多いのですが、状況によりにより正社員を顧客先へ労働者派遣する場合があり、3つほどご質問があります。

【弊社の状況】
・質問の派遣契約の対象になるのは、全て正社員(無期雇用)
・雇用契約書にて賃金などの詳細は記載し、派遣の可能性は説明(就業場所として、自社または派遣先と記載)
・労使協定方式を採用
・派遣時も正社員時の雇用契約に基づいた諸条件。就業規則も同じものを使用。


◆雇用中の正社員を派遣する際の、待遇の説明について
説明のタイミングは、以下の3回があるかと思います。
正社員の場合もすべて必要になるのででしょうか。

①雇入れ前の待遇に関する説明
 https://jsite.mhlw.go.jp/toyama-roudoukyoku/content/contents/000389251.pdf
→正社員を派遣する場合、すでに雇用契約が済んでおり雇入れ前ではないのですが、
 正社員としての雇用契約前に説明する必要がありますか。

②雇入れ時の待遇に関する説明
 https://www.mhlw.go.jp/content/000594080.pdf のP.17「派遣労働者として雇入れようとするときの明示」
→雇入れ時には派遣先が決定していることはなく、派遣先の苦情申し出先等の記載ができないのですが、
 正社員としての雇用時も必要になりますでしょうか。

③派遣時の待遇に関する説明
 https://www.mhlw.go.jp/content/000594080.pdf のP.14「就業条件明示書」(又はP.10~P.13の内容を網羅)
→正社員としての雇用契約条件のまま派遣する場合、派遣料金に関する記載は不要で、それ以外の項目を説明すればよいでしょうか。


◆賃金について(月給制からの時給換算方法)
弊社は月給制なのですが、労使協定方式は時給で記載されています。
月給からの時給換算は「月給額÷1か月平均所定労働時間数」で問題ないでしょうか。
※1か月平均所定労働時間=(年間所定労働日数×8時間)÷12か月

年によって平均所定労働時間が変わるかと思いますが、万が一労使協定の最低賃金を割ってしまう場合は、何か手当などで補填という形で問題ないものでしょうか?


◆労使協定での契約の流れ
①派遣先から待遇などに関する情報の提供を受ける(無期雇用なので抵触日通知は不要)
②社員へ派遣時の待遇説明
③派遣先と契約締結(個別契約、派遣先通知書)
④派遣就業開始


以上、よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/08/31 11:46 ID:QA-0096268

yogaさん
東京都/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

この相談への回答はありませんでした

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
正社員の解雇について
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
特定派遣について
特定派遣について判らない点があります。1.派遣期間は、一般と同様なのか。2.上記に関して、派遣元で直雇用(契約・正社員)されていても同じなのか。以上2点の回答お願いします。
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
限定正社員
「限定正社員」とは、勤務地や仕事内容、勤務時間などを限定して働く正社員のことで、従来型の正社員とパート、アルバイトなどの非正規社員の中間的な雇用形態を指します。転勤や残業、職務変更がないため、子育てや介護などの事情で働く時間と場所に制約がある人でも働きやすい、という特徴があります。通常の正社員と比べ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A テレワークに最適なWEBツール oVice
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...