企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

在宅手当について

相談内容が2つあります。
一つは、コロナ禍が後押しし、在宅勤務を実施しておりますが、この度、在宅手当を一日単位で、支払うことを検討しています。
そこで、在宅手当は、残業の基礎額に含まれるということを、知りました。社労士のアドバイスもあり、まずは、基礎額に含め、給与計算を始めようと思っておりますが、毎月、残業の時間給が変動してしまうことになり、運用が煩雑で、在宅勤務数は、社員判断(業務の必要性に応じて)なので、コストのコントロールも難しい状況が想定されます。例えば、みなし残業なども、支払いが毎月変わってしまいます。

残業の基礎額に含めない方法など、何か解決策などありましたら、是非、ご教示をお願いします。

2つ目のご相談は、
当社でも、通勤費の実費支給を開始しております。ただ、現状では、経費との区別において、運用が非常に複雑化してしまっており、混乱してしまう社員もおり、他の管理方法がないか、検討したいと考えております。例えば、就業規則に、「在宅を基本とする」ということを明確に明示し、基本通勤費は発生せず、会社の要請や業務に応じて、出張費が発生するという考え方で、通勤費支給を「0」にしてしまうことは、可能でしょうか?また、全社員でだけでなく、職種に応じて、通勤費支給「0」を変更しても良いのでしょうか?

ご教示をいただければ幸いです。

投稿日:2020/08/21 10:45 ID:QA-0095971

YumeYumeさん
東京都/化学

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、割増賃金計算の対象にはなりますが、日数に関わらず毎月定額を支給されますと事務負担を大きく減らす事が可能です。業務実態を踏まえて見込まれる平均的な在宅勤務日数を基準にされるとよいでしょう。在宅によってかかる従業員側のコストは様々ですし、むしろ通勤しない事によるメリットの方が大きくなるのが通例とおもわれますので、実際の勤務日数に合わせて厳格に支給される必要性まではないものといえます。

また通勤費の件に関しましては、ご認識されている方法で対応可能といえます。原則在宅勤務であれば、通勤費が発生しないのが通常といえますし、勿論職種の勤務実態に応じて変える事も可能といえるでしょう。

投稿日:2020/08/21 11:58 ID:QA-0095975

相談者より

大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/08/26 09:46 ID:QA-0096085大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1.について 
 在宅勤務が社員判断ということですが、業務の必要性に応じてということであれば、会社が判断した上で、双方、あらかじめ、在宅勤務の日時は決めておくべきでしょう。

 みなし残業を導入しているのであれば、在宅勤務手当は、1日単位ではなく、週の在宅日数などにより、固定で決めておくべきです。みなし残業はあらかじめ何時間分か決めておく必要があるからです。
 もっとも在宅勤務により、残業時間はあきらかに少なくなるということであれば、現状のみなし残業代でカバーできますので、1日単位でも可能とはいえます。

2.について
 在宅勤務が原則ということであれば、通勤手当はなくし、実費精算ということでもかまいません。その場合は、ご認識のとおり、就業規則に明示してください。

投稿日:2020/08/21 12:43 ID:QA-0095977

相談者より

大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/08/26 09:48 ID:QA-0096086大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

1.まずそもそも出勤を社員が自由に決められるということ自体が煩雑さの原因ではないでしょうか。勤怠管理こそ管理職の仕事であり、業務状況、進捗管理は管理職の仕事です。原則在宅とか、週3日在宅というような定量化した勤務をベースにすれば、不定型な勤務実態に振り回されるという異常な状態を回避できます。結果給与計算も簡素化できるはずです。

2.上記同様に原則週何日通勤/月何日・・というように勝手な勤務ではなく定型化した形にすれば計算も簡易になるでしょう。いずれにしても会社の方針を定め、就業規則他で明確化、社員がそれを共有できる理解促進が必要です。

投稿日:2020/08/21 21:36 ID:QA-0095997

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
残業単価の基礎について
残業単価の基礎について質問です。 当社では、みなし残業手当として、等級別に一律5万~7万の範囲で毎月定額を営業手当、業務手当の名目で支給しています。 みなし残業手当ですので、手当額を超えた時間については残業手当を支払わなくてはいけませんが、その際残業単価の基礎にこの営業・業務手当をいれるのでしょうか...
在宅勤務手当について
 在宅勤務に伴って発生する水道光熱費や通信費用を在宅勤務者に負担とし、その負担分を補う形で在宅勤務手当を支給する場合、定額の手当(在宅勤務手当)で補う場合は、割増賃金の算定基礎に参入しなければならないと思います。  しかし、日額で支給する場合(例えば日額300円×在宅勤務日数で支給する場合)、月によ...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...
朝残業
「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度...
ノー残業デー
「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。オンとオフの...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。