無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

社員の準委任契約

自社で雇用関係のある従業員を、関連会社の管理指導(コンサル業務)をさせたい場合、準委任契約を結ぶことは問題ないでしょうか。問題ない場合、注意すべき点等はありますでしょうか。
自身で調べてみたのですが、そもそも可能なのかが分かりにくく、ご教示下さい。

投稿日:2020/08/03 12:13 ID:QA-0095544

jindaさん
栃木県/情報サービス・インターネット関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

問題ありません。

管理指導(コンサル業務)が、完成しなくても決められた作業を遂行するだけでよいとする契約形態であれば、業務の遂行を目的とする委任契約ということになります。

そしてこの委任契約に関しては、法律に関する業務を委任する場合のみ「委任契約」と呼ばれ、それ以外の業務については全て「準委任契約」ということになります。

準委任契約の場合、あくまで労働期間に対して報酬が支払われるものであって明確な目標というものはなく、「1か月働いたら、いくら貰える」というような形態ですから、仕事を完成させる必要はございませんが、民法第644条に定められる「善管注意義務」は課せられます。

したがって、その義務がおろそかになった場合等は、損害賠償請求を受けることもあり得ますのでそこは注意が必要です。

投稿日:2020/08/03 14:29 ID:QA-0095555

相談者より

ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

投稿日:2020/08/17 14:56 ID:QA-0095778大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

準委任契約ということは、その部分についてフリーランスということになりますから、

会社として兼業が可能であれば、問題はありません。

投稿日:2020/08/03 14:57 ID:QA-0095559

相談者より

兼業との兼ね合いについて理解しました。ありがとうございます。

投稿日:2020/08/17 14:56 ID:QA-0095780大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

会社間でコンサル契約を

▼御社と関連会社間でコンサル契約を締結し、然るべき知識と能力を有する社員をその任に命じればよいのではないでしょうか・・・。

投稿日:2020/08/03 21:30 ID:QA-0095577

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2020/08/17 14:56 ID:QA-0095781大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、こうした事案に関しましては会社間での契約になりますので、当然に準委任契約も可能といえます。

但し、仮に当該従業員の業務につきまして関連会社側からの指示の下で行うような事があれば、いわゆる労働者供給事業を行っているものとしまして職業安定法違反を問われますので注意が必要です。

投稿日:2020/08/03 21:33 ID:QA-0095578

相談者より

労働者供給とならないよう対処します

投稿日:2020/08/17 14:57 ID:QA-0095782大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

関係性

複雑な雇用や料金の流れを整理しておくことが大切と思います。例えば;
管理指導業務を貴社業務で行う以上、給与は関連会社ではなく、貴社から支給
関連会社からは給与ではなく指導料を得る
貴社と関連会社間で準委任契約を行う
というような、カネ、ヒトの流れの齟齬が無いよう、明確化しておくことだといえます。

投稿日:2020/08/04 09:22 ID:QA-0095593

相談者より

料金を含めた体系整理を進めたいと思います。ありがとうございました。

投稿日:2020/08/17 14:58 ID:QA-0095783大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料