企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

生理休暇の「振り替え」と「有給の制約」新設について

1.振り替えについて
正社員、パート社員ともに、生理休暇の申し出があった際に、
①休日との振り替えを指示することは問題ないでしょうか。
②本人から「振り替えは嫌だ」と返されたら、承諾するしかないでしょうか。

2.有給制約の新設について
現在、正社員のみ無制限で生理休暇を有給としています。
①有給適用時の制約
・過去1年の利用実績から月の最大利用日数や回数などを調査
・実態上の最大値を使って制約を作成
 (例えば「月の上限3日まで」かつ「連続して取得」かつ「月1回まで」など)
とした場合、不利益変更と判断されるでしょうか。
②有給適用範囲の制約
現在、入社直後から有給での生理休暇取得が可能としています。
これを「使用期間終了後から、条件(例えば①のような)を満たせば有給」と
いったように、適用範囲に制約を設けた場合、不利益変更と判断されるでしょうか。
①②ともに「既存社員にとっては不利益とはならない」つまり「不利益変更ではない」と
解釈できるのでは?と思っております。いかがでしょうか。
ご助言くださいますようお願いいたします。

投稿日:2020/07/08 12:42 ID:QA-0094916

jinji-step1さん
埼玉県/運輸・倉庫・輸送

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

1.①②生理休暇は労基法で定められた制度ですので、「認めない」という選択肢はありません。また当日症状が悪化することがあり得ますので、事前申告も不要で、認める必要があるでしょう。
代わりに振替休日を取得させるというのは、この主旨に反する可能性があるのではないでしょうか。
2.①生理休暇自体は全社員に適用される必要がありますが、有休処理自体は貴社の福利厚生ですので、一律に問題とはいえないかも知れませんが、主旨からすれば正社員限定ではなく勤務日数とシンクロすれば全社員摘要が望ましいと思います。
また症状には個人差がきわめて大きく、一般論が通じない最もデリケートな内容であり、提示のような症状に立ち入る事情聴取は、有給のためとはいえかなり大きなプライバシー侵害の恐れがあるように思います。避けた方が良いのではないでしょうか。
②現社員に不利益はないといえます。一方で「正社員限定」部分の問題は残ります。

投稿日:2020/07/08 13:33 ID:QA-0094921

相談者より

ご助言ありがとうございます。

2.①について
実績を勤怠管理システムから追うことができますので、事情聴取は行わない想定です。
事情聴取をしない前提で考えた場合、いかがでしょうか。

可能であれば見解をご回答くださいますと幸いです。

投稿日:2020/07/08 15:08 ID:QA-0094924大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、1につきましては、生理休暇につきましては法律で認められた権利ですので、振替等他の措置を要請する事は出来ず、当人の希望通りに取得させる必要がございます。

2につきましては、有給日数に制約を設ける事自体は差し支えございませんが、御社の場合ですと現状無制限に認められていますので、これに制限を新設される事は労働条件の不利益変更に該当します。その点については、既存社員であっても変わりございません。
しかしながら、たとえ不利益変更であっても、労使間で協議された上で実際に発生する不利益が殆ど無くかつ合理的な変更内容である等の場合ですと、労働契約法第10条に基づき労働者の同意を得られなくとも変更内容は有効とされます。当事案につきましては、そのような結果になりうるものといえますので、変更される事も十分に可能といえるでしょう。

投稿日:2020/07/08 22:40 ID:QA-0094937

相談者より

ご助言ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日:2020/07/10 10:23 ID:QA-0094981大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

生理休暇は、休日との振替には馴染まず、申し出どおりに与える必要があります。

無制限での休暇利用を、条件付きとすることは外形上も不利益変更にあたると考えられます。

適用範囲に制約を設けたとしても、既存社員には何ら影響はなく、不利益の問題は起こらないし、今後、新たに入社してくる新入社員に条件を設けることは御社の自由であり、不利益変更の問題を論ずる必要はありません。

投稿日:2020/07/12 09:00 ID:QA-0095025

相談者より

ご助言ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日:2020/07/13 09:47 ID:QA-0095043大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
産前産後期間中の有給一斉取得について
当社では8/15、16を有給一斉取得日に設定しております。今回、産前産後期間の中に有給一斉取得日が入る者がおります。この場合 有給の2日分について支給するのでしょうか。 それとも産前産後は休暇が定められているため有給一斉取得扱いにしないほうがいいのでしょうか。
有給一斉取得時の給与に付いて
今年度有給一斉取得を4日実施しています。 途中入社の方は、有給が無く一斉取得日にあたった場合、その分の給与は支給しないといけないのでしょうか。
退職日を決定するにあたっての有給日数の最終日
例えば12/30退職する際の有給が20日残っている場合、12/10までを業務、その後20日を有給とするのか、公休を含め(週休2日、月8日あると)12/2まで業務、公休8日、有給20日とするのか、どちらでしょうか
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
制約社員
「制約社員」とは、働く場所や時間、従事する仕事内容などの労働条件について何らかの制約をもつ社員の総称です。伝統的な会社組織の基幹を成してきた正社員が、会社に言われれば「いつでも・どこでも・どんな仕事でも」働く無制約社員を前提とするのに対し、近年は特定の場所や時間での勤務を希望するパートタイマー・契...
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...