企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15397件   回答数33255

社員旅行の取り扱いについて

当社は毎年、社員旅行を行っております。
ただし、昨年からは木(午後)・金曜日で実施するようになりました。
当社としては両日を特別休暇とし、参加も自由にできることとなった場合
お尋ねしたいことがあります。

①旅行に参加しない者にも特別休暇を与えることで問題ないでしょうか
 (不利益扱いをしない)

②旅行参加者は『特別休暇』、参加できずに業務につく者は『出勤日』として
 賃金の不利益が起こらないようにするのは問題でしょうか。

③その日、業務のために参加できない者はやはり休日出勤手当を
 支給しなければならないでしょうか。(限定的な休暇付与)

お手数おかけしますが、ご教示頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

  • アーウィンさん
  • 大阪府
  • 商社(専門)
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/12/03 21:05
  • ID:QA-0088870
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/04 10:40
  • ID:QA-0088876

代表者

企画全体を通じて、特に、有利、不利の問題は見当たらない

▼ ③「業務のために参加できない者に対し、休日出勤手当を支給」することにすれば、本企画全体を通じて、特に、有利、不利の問題は生じないと思います。
▼但し、使用者が負担した費用が参加した人の給与として課税されるかどうかは、その旅行の条件を総合的に勘案して判断する必要があります。
▼課税問題に就いては、下記、国税上サイトを参照して下さい。
⇒ http://www.nta.go.jp/m/taxanswer/2603.htm

  • 投稿日:2019/12/04 13:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

早々のご返答ありがとうございます。
③の件、私の感覚でお話しさせて頂きますと
出勤日に旅行参加者に特別休暇を付与し、居残って業務につく方は通常勤務としても差し支えないように思うのです。これは、出勤日に業務をする者、代休を取る者がいるような環境と似ていると感じているからなのですが、いかがでしょうか。やはり、全社員、一斉に特別休暇を付与するのが通常なのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/04 16:54
  • ID:QA-0088886

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 参加しないものにも特別休暇ということであれば、不利益や不公平感はないでしょう。

②について
 特別休暇が無給であれば問題はありませんが、特別休暇が有給であれば不公平感があり問題です。社員旅行に行きたくてもいけない方にとっては不利益となります。

③について
 全員特別休暇とするのであれば、その日は休日扱いとなりますので、通常の祝日などと同じで、働いた時間については賃金が発生します。

  • 投稿日:2019/12/05 07:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

返信遅くなり、申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました。
②については行ける者、行けない者にか関わらず、給与支給するつもりなのですが、『特別休暇』を給与カットすることの方が不利益とはならないのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/04 22:45
  • ID:QA-0088893

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、①につきましては労働者に有利な措置ですので差し支えございません。

②につきましては、自由参加であれば労働者自身がいずれかを選択可能ですので、問題ございません。

③につきましては、特別休暇であれば基本的にはその日は労働日という事であって、旅行の参加者だけが労働免除されている事になります。従いまして、休日とは根本的に性質が異なりますので休日出勤手当を支給される必要はなく、通常の賃金支給のみで足りえます。

  • 投稿日:2019/12/05 10:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご連絡ありがとうございました。
社員には選択の自由と賃金の不利益がないように
配慮したつもりですので、納得して頂けるよう
働きかけたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
特別休暇の申請について 追記
特別休暇についてですが、 就業規則には、「休暇を与える」ではなく、「休暇を与えることができる」でした。 失礼しました。
裁判員制度と休暇
休暇中の賃金は、無給でよいか
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
ワーケーション
「ワーケーション」とは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、旅先で休暇を楽しみながら、テレワークも行う働き方を言います。欧米で広まりつつあるスタイルで、休暇に仕事を組み込むことで、長期の休暇を取りやすくなるメリットや、業務終了後はレジャーを楽しみリフレッシュし、業務への新...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...