企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14468件   回答数30730

労働時間の管理(カウント)について

いつもお世話になっております。

労働時間の管理(カウント)について教えて頂きたいのですが、
弊会は、日々の労働時間を管理し、月合計時に分単位の時間については
一定の制限で、繰り上げ・繰り下げ処理をし、給与に反映さっせています。

ネットで調べると、30分未満は0分、30分以上は1時間に繰り上げ・繰り下げ
することは問題ないとの記載がありました。
弊会は、15分未満は0分、15分以上30分未満は30分、30分以上45分未満は45分、
45分以上1時間未満は1時間へと繰り上げ・繰り下げ処理を行っております。
この取り扱いは問題ないでしょうか?
ご教授頂きたく存じます。何卒宜しくお願い致します。

  • バーグさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/07/21 11:46
  • ID:QA-0085720

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/07/22 13:31
  • ID:QA-0085734

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

通達では、30分単位しか認めておりません。

実務上も、15分単位では、かえって複雑ではないでしょうか?
法の趣旨からも、
15分単位でできるくらいであれば、1分単位の方がむしろ簡単だと思われます。

  • 投稿日:2019/07/22 23:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただき誠にありがとうございました。

大変失礼ですが、法・通達に反し違法名取り扱いということでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/07/22 17:27
  • ID:QA-0085737

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、1か月単位での割増賃金の支払の処理におきまして、30分未満は0分、30分以上は1時間に繰り上げ・繰り下げする措置に関しては認められています。

御社の場合ですと、15分未満を切り捨てされていますので、上記の方法よりも労働者に取りましては有利な扱いになります。加えまして、以下は15分毎に全て繰上げ措置となることから賃金全額払いの原則に反するような不利益は一切発生しませんので、問題はございません。

  • 投稿日:2019/07/22 23:05
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただき誠にありがとうございました。

大変失礼ですが、小高先生とご意見が異なりますが、法・通達に反していても合法との取り扱いということでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/07/22 21:18
  • ID:QA-0085745

人事・経営コンサルタント

労働者の利益

一ヶ月の総労働時間を
>30分未満は0分、30分以上は1時間に繰り上げ・繰り下げ
が一般的ですので、
記者の基準がそれを上回って労働者の利益になる、15分での区別する制度は問題ありません。

  • 投稿日:2019/07/23 09:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/07/22 23:34
  • ID:QA-0085750

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、法令通達等には様々な解釈がございますので、その点についてはご了承下さい、

その上で申し上げますと、御社の措置につきましては法令通達を上回る措置になりますので、問題はないものと解されます。

  • 投稿日:2019/07/23 09:31
  • 相談者の評価:大変参考になった

度々ありがとうございました。

安心しました。

今後ともよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
外国人就労者の管理について
いつも勉強させていただいております。 本日は、外国人就労者の管理について、質問いたします。 弊社はアジア系外国人を雇用しておりますが、 これまでビザの管理等の管理を行っておりませんでした。 この度遅まきながら管理をするにあたり、 どんな管理を行うべきか悩んでおります。 何かアドバイスをいただけ...
管理職比率について
当社は、管理職比率が20%に達しようとしています。この管理職比率はどのくらいが適性なのでしょうか。他社事例があればご教授願います。
危機管理(リスク管理)
危機管理が叫ばれていますが、人事部としてどこにポイントをおいて、人事部全体の危機管理をしていけば教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...
勤怠管理
メンタルヘルスの不調や過労死、残業代の未払い問題など、昨今、企業と社員の間で労働環境を巡って多くのトラブルが発生しています。そこで、重要性が再認識されるようになったのが「勤怠管理」です。働き方改革関連法の施行による影響など、勤怠管理について企業が理解しておかなければならないことは増えています。ここで...
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...