企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14259件   回答数30263

入社後、すぐにやめてしまうスタッフの給与に関して

先日、働き始めて2日で退職した社員がおり、
経営者から、給与の支払いに関し苦言及び今後の対策依頼がありました。

当然働いた分は当然支払う必要があると考えますが、
事前に労働者との約束(同意)ができていれば、以下のような対応は可能なのでしょうか?

「研修期間も研修期間終了後も給与(時給)は同じですが、
 もし、1週間以内に退職した場合は、時給が変わります(少なくして支払う)」

可能な場合、雇用契約書に明記をすれば、良いでしょうか?
(但し書きのような形で)

例:
基本賃金 時給 1500円
     研修期間時給 1500円
但し、勤務日が5日満たず退職した場合は、時給 900円

お忙しいところ恐れ入りますが、ご教授いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

  • あーくさん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2019/05/17 10:48
  • ID:QA-0084419

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/05/17 12:59
  • ID:QA-0084423

代表者

事前同意があれば可能、最賃法に注意

▼事前同意があれば、可能です、但書き的表現でも同じ効力があります。
▼但し、900円という時給は、東京都(\985)、神奈川県(\983)に関しては、最低賃金を下回りますので要注意です。

  • 投稿日:2019/05/20 11:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
そうでした、900円は最低賃金以下でした…
参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/17 14:26
  • ID:QA-0084431

人事・経営コンサルタント

退職対応

職業選択の自由という憲法上の定めがある以上、退職を妨害するような規定は無効です。
妨害ではなく最初から時給を下げて置いて、ボーナスで補填を設定するのであれば、○日間勤務しなければ不支給は可能です。(その分人材確保に影響が出る可能性があります)
当然同ポジションの他のスタッフも全員同条件にする必要があります。

  • 投稿日:2019/05/20 11:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

なるほど、退職させないようなマイナスの規定は問題になる場合がある、ということですね。
大変参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/17 21:09
  • ID:QA-0084450

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、最低賃金額以上である限り労働契約の内容としまして同意していれば時給額の変更は有効となります。

但し、労働契約書のみならず就業規則上でもそうした内容が明確に定められていることが必要です。

  • 投稿日:2019/05/20 11:20
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
就業規則と齟齬があるといけないということですね。
大変参考になりました。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/05/18 08:23
  • ID:QA-0084457

みらい志向さん
  • 大阪府
  • その他業種

本来、賃金というのは、使用者が自由に定めることができるものです。

したがって、最低賃金に反しないかぎり、どのような条件をつけても基本的に問題はありません。

例えば、飲食業などでは、忙しい時間帯とヒマな時間帯で時給額に差を設けるというのは、普通にあります。

したがって、例のように契約書に明記することも特に問題はないでしょう。

ただしこの場合、6日目以降に退職した場合は1500円を支払うことになりますが、そこはいいんですかという話になりますね。

したがって、採用後、仕事に嫌気がさしても、5日間我慢すれば1500円貰えるといった穿った考え方をする従業員が、今後出てこないともかぎりません。

であれば、研修期間が何ヶ月かはわかりませんが、研修期間中と終了後で時給額に差を設けるほうが、分かり易いと思うのですが。

今後新たに採用する従業員に、研修期間中と終了後で時給額に差を設けることは、労働条件の不利益変更の問題にはなりません。

ただし、このような採用直後に退職する従業員が、たびたび出てくるようなら、採用から考え直した方がいいでしょう。

  • 投稿日:2019/05/20 11:39
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ご回答ありがとうございます。

>6日目以降に退職した場合は1500円を支払うことになりますが、そこはいいんですかという話になりますね。

そこはいいんです。
うちは、派遣でスタッフを外に出しているので、1週間働いてもらえば請求ができますので。
(2、3日だとちょっと…)

やめる人もたびたびではなく、今回初めてこういう人がいたので、対策を考えているところです。
研修期間中の差をつけることは、応募数の観点から考えていません。

ご意見参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/18 12:12
  • ID:QA-0084458

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の内容は、労基法17条の賃金相殺の禁止や憲法22条の職業選択の自由等に抵触してしまうおそれがあります。

また、そのような事をアナウンスすれば、この会社はよほど、すぐ人が辞めてしまうんだなともとられかねません。

対策としては、
会社の採用に問題があるということにもなりますから、採用面談の見直し、
また、研修期間中は時給をもう少し下げ、研修終了後あげるという方法が考えられます。

  • 投稿日:2019/05/20 11:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
労基法17条等に抵触する可能性があるのですね。

人によって意見が分かれているところのようで、難しいです。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの時給設定について
アルバイトの時給設定について教えてください。 アルバイトを3つの時間帯に分けて 時給設定を検討しています。 ①8時半~17時30分  時給900円 ②17時30分から22時 時給1,000円 ③22時以降       時給1,100円 仮に②の時間帯の者が残業した場合 22時以降の賃金は...
研修期間の設定
弊社はアミューズメント施設を経営している会社です。アルバイト、パートを採用した際に研修期間を設け、その期間内は時給を5%程度下げております。そこで質問なのですが、研修期間というのは、任意で期間を設定してもいいのでしょうか?
退職時の社会保険料
いつも参考にさせていただいております。 退職時の社会保険料について確認させてください。 弊社は、当月徴収、20日締めの28日支払、日給月給制です。ほとんど締日で退職します。 9/1~9/20の退職なら、9月分が退職月の給与です。9月分給与から保険料は徴収しません。 9/30の退職なら、10月が退職...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...