企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14087件   回答数29792

派遣労働者の紹介料は支払わなければならないのですか

お世話になります。

派遣労働者を直接雇用する場合の紹介料についてご質問です。

現在、派遣労働者を受入中ですが、近々契約が終了します。
当該労働者も同じ時期に派遣元との雇用契約が終了します。

この度、当該労働者が当社で働きたい意思を表明し、当社も直接雇用したいと考えております。
派遣契約には、労務提供後に派遣先が雇用する場合は、派遣元に連絡し、
紹介料を支払うという内容の文言がございますが、
今回のケースはこれに該当すると言えるのでしょうか。

もともと紹介予定派遣ではなく、当該労働者は現在の派遣元との関係が良好ではないため、派遣元を期間満了退職し、当社で働きたいと申し出てきた事情があります。
派遣元との関係は完全に解消された後の雇用なので、紹介料を支払う必要は全くないと考えますがいかがでしょうか。

ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2019/04/08 15:28
  • ID:QA-0083654

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/04/08 22:50
  • ID:QA-0083662

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、派遣元との雇用契約が終了した後であれば、当人がいずれの会社で雇用されるのも自由となります。

従いまして、ご認識の通り、当人の自由意思で雇用契約終了→御社との雇用契約締結となる場合まで派遣元会社へ紹介料を支払う義務まではございません。

  • 投稿日:2019/04/24 09:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/04/09 10:50
  • ID:QA-0083668

代表者

「・・・紹介料を支払う」という条文に該当するのではないか

▼確かに、今回の事案では、「紹介行為」は存在せず、紹介料を支払う必要はないと認識できます。然し、この状況は、派遣契約の「労務提供後に派遣先が雇用する場合」にも該当することも明らかですね。
▼そうなると、事の是非は別として、「・・・派遣元に連絡し、紹介料を支払う」という条文が生きてきます。この条項は、派遣会社の唯一の収益源としての派遣社員が、派遣先に直接被用される事態に対する防衛策ですね。
▼どう考えるかは自由ですが、先方が、「そうですか」と単純に同意してくれると期待するのは、甘いと思います。

  • 投稿日:2019/04/24 09:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
雇用契約書
誠に基礎的な質問ですが宜しくお願いします。 雇用契約書の送付タイミングと雇用契約書は2部準備し、会社と当該入社者が各自保有するのですか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...