企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14468件   回答数30730

派遣元における同一労働同一賃金のメリット・デメリットについて

いつもお世話になっております。
とある製造派遣会社で人事をしております。

ご相談が御座います。
労働者派遣法改正における、同一労働同一賃金についてですが、
①派遣先均等・均衡方式のメリット・デメリット
②労使協定方式のメリット・デメリット

上記2点について、
派遣会社の立場のメリット・デメリット、
派遣社員の立場のメリット・デメリットをご教示頂けますでしょうか。

2019年1月23日に厚生労働省から労働者は派遣法改正の概要<同一労働同一賃金>が
出たばかりで、詳細は後々だとは存じますが、教えて頂けると幸いです。

お手数をおかけしますが、ご回答頂けますでしょうか。
宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2019/02/01 14:28
  • ID:QA-0082073

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/01 15:44
  • ID:QA-0082079

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 派遣先が少ない場合には、派遣先均等・均衡方式がよろしいでしょう。
②について
 派遣先が多いケースでは、同じ業務であるのに、派遣先によって単価・賃金が違うケースがでてきます。そのような場合には、労使協定方式により、派遣元として、業務内容、地域等により一律待遇をはかる方向がよろしいと思われます。

  • 投稿日:2019/02/01 15:50
  • 相談者の評価:参考になった

早速のご回答ありがとうございます。
派遣先がかなり多いので②が良さそうです。
他にもご意見があれば、お願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/02 21:04
  • ID:QA-0082097

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まず派遣会社側のメリットとしましては、
①:労使間での合意手続きの手間を要しない事
②:派遣先の労働者の待遇に直接影響を受けない事
が挙げられます。デメリットについては他方のメリットの裏返しと考えれば分かりやすいでしょう。

一方で派遣社員側のメリットとしましては、
①:派遣先の労働者を考慮した処遇が受けられる事
②:協定内容に基づいたきめ細かな処遇改善が行われ易い事
が挙げられます。デメリットについては、派遣会社の場合と同様裏返しの考え方になるでしょう。

勿論、改正法施行前の段階である事に加えまして、派遣元及び派遣先の業務運営や労使事情によっても様々な状況が考えられますので、あくまで一般論としてご理解下さい。

  • 投稿日:2019/02/04 11:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答有が御座います。
大変参考になりました。

ちなみにですが、以下の質問はいかがでしょうか。
①均衡均等待遇・労使協定方式で会社・支店・派遣先単位は可能かどうか?

②均等待遇・労使協定方式をそれぞれ分けても大丈夫か?

③労使協定方式の場合に、一律に賃金を決めないといけないのか、エリア別等で賃金を変えてもよいのか?

④均等待遇 ↔ 労使協定方式での異動があった場合の賃金の変動?
  例:業種が違う場合
  自動車業界1,200円 → 電子機器1,000円
→ 下がっても大丈夫かどうか。 

⑤営業・間接部門と派遣先で勤務する人は違っていていいんですよね?

⑥請負事業所はそもそもどのようにすればよいのかどうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/04 17:45
  • ID:QA-0082144

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問について回答させて頂きますと‥

①均衡均等待遇・労使協定方式で会社・支店・派遣先単位は可能かどうか?
②均等待遇・労使協定方式をそれぞれ分けても大丈夫か?
― 共に、各々における処遇が異なる事から可能と思われます。

③労使協定方式の場合に、一律に賃金を決めないといけないのか、エリア別等で賃金を変えてもよいのか?
― エリア別賃金と同一労働同一賃金の主旨(派遣先労働者と派遣社員の格差是正)とは異なりますので、可能と思われます。

④均等待遇 ↔ 労使協定方式での異動があった場合の賃金の変動?
  例:業種が違う場合
  自動車業界1,200円 → 電子機器1,000円
→ 下がっても大丈夫かどうか。 
― ③と同様、同一労働同一賃金の主旨から外れますので可能と思われます。

⑤営業・間接部門と派遣先で勤務する人は違っていていいんですよね?
― 違っていても差し支えございません。

⑥請負事業所はそもそもどのようにすればよいのかどうか?
― 請負は派遣とは異なりますので、このような改正法内容の適用はなく、よって何かの措置を講じる必要はございません。

  • 投稿日:2019/02/04 18:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部様

いつもお世話になっております。
早速のご返信誠に有難う御座います。
また、大変参考になりました。
引き継ぎ、分からない事が御座いましたらご教示下さい。
何卒宜しくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
派遣と請負のメリット、デメリット
製造業で、派遣と請負を検討する際、それぞれのメリット、デメリットを教授下さい。
給与制度変更のメリット、デメリット
お世話になります。 給与制度を変更しようと考えていますが、一般的な事が理解できていませんので教えて頂きたいです。 決算月 8月 現在、昇給のタイミングは4月になりますが、一般的には4月なのでしょうか?又は期初なのでしょうか? それとも、別の時期? また、4月に昇給をするメリット・デメリットと...
バンド型賃金とメリット昇給
バンド型賃金とメリット昇給についての書式を教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

業務委託
「業務委託」とは、企業に雇用されるのではなく、企業と対等な立場で、仕事単位で契約を結ぶ働き方のこと。契約形態には、委任契約と請負契約の2種類があります。委任契約は、成果や結果にかかわらず、一定期間に実際に遂行した業務に対して報酬が支払われます。請負契約は、役割を完了させることが任務となっており、納品...
3年ルール
派遣社員として働く人たちへの雇用安定措置として、2015年の労働者派遣法改正により、有期雇用の派遣社員の受け入れ期間の上限が3年となりました。それ以降は、派遣先での直接雇用または派遣元による無期雇用への転換や、異なる部署への配置変更といった対応が必要になります。本来は、派遣社員の処遇向上のために推進...
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...