企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14620件   回答数31052

転勤中に家族のみ戻る場合の会社負担について

現在会社の命で転勤している社員(家族も帯同)がおり社宅に住んでいますが、この度子供が小学校入学を来年4月に控え配偶者と一緒に持家に戻る予定があると連絡がありました。

その戻る際の引っ越し代、交通費は会社負担になるのか、また社員本人は引き続き社宅に住む予定ですが、社宅の上限が変更することから(3人から1人)借換を検討しているみたいでその際の引っ越し代等は会社負担になるのか質問がありました。

現状の弊社の転勤関係規程では家族が一部戻る際の扱いについては網羅しておりません。
家族の変更による借換えについては諸費用は本人負担と記載はしております。

本人は会社の命で転勤していることからその費用は会社負担としてほしいと申しております。

家族が引っ越し後は本人は単身扱いとなり別居手当等手当が支給され手厚くなることからどこまで会社負担とするべきでしょうか。

  • テンキンタントさん
  • 東京都
  • 不動産
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/12/03 10:39
  • ID:QA-0080764

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/03 17:16
  • ID:QA-0080807

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

社宅入居人数変動に伴う費用負担

本人都合による転居であるため、いずれの引越し費用とも従業員負担で問題ありません。極端な例ですが、本人が離婚したケースでも当然引越し費用は本人負担です。
何らかの妥協点を見出すなら、本人に現社宅への継続入居を認め、引越ししなくて済むようにすることでしょう

  • 投稿日:2019/01/25 13:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

遅くなりましたがご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/03 17:37
  • ID:QA-0080808

人事・経営コンサルタント

想定

転勤の際の補助規定などで細かく決まっていれば良いのですが、さまざまな事例を事細かに決めるのは不可能なので、一般論で業務命令での転勤においては引っ越し補助は1回限りとして扱うので良いのではないでしょうか。
未婚既婚・子の有無など細かく条件を決めても切りがありませんので会社命令での転勤1回につき1回補助で今後統一でいかがでしょう。

  • 投稿日:2019/01/25 13:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

遅くなりましたがご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/03 20:21
  • ID:QA-0080813

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、子供の学校であれば転勤先の学校でも入学可能ですし、帯同及び戻りの選択についてはあくまで家族側での判断によるものですので、規定がなされていない以上会社側で家族分まで負担する義務はございません。

従いまして、原則通り本人負担で問題ないですが、何か配慮すべき特別な事情があるような場合ですと、任意で例外的に支援されても差し支えないものといえます。

  • 投稿日:2019/01/25 13:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

遅くなりましたがご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/04 11:15
  • ID:QA-0080824

代表者

原則、会社が実費負担すべき

▼ 問題の原点は、「会社の転勤命令」、以降の諸案件は、その原点に付帯してして生じた「派生問題」故、常識を逸脱した案件でない限り、会社が実費負担すべきです。
▼ 一連の案件を見る限り、個人に負担させるべき局面は見受けられません。別居手当の支給も、何か特別に処遇が手厚くなったと、一寸、恩恵っぽい表現ですが、これも、歴とした就業規則の定めに基づいた措置で、本件判断の考慮要素とすべきではものではありません。

  • 投稿日:2019/01/25 13:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

遅くなりましたがご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
保険料について
弊社では社員の保険料(健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料・介護保険料)について、通常折半であるところを会社側負担を大きくしています。 例えば 健康保険 会社負担7  社員負担3 介護保険 会社負担7  社員負担3 厚生年金 会社負担6  社員負担4 雇用保険 会社負担6  社員負担4 となってお...
再検査費用の会社負担
お世話になります。以下、宜しくお願いいたします。 ①会社の定期健康診断(費用は会社負担)で要精密検査と診断された場合、その時の再検査受診費用も会社負担になるのですか。 ②業務中、車での移動の際に助手席に乗ると時間を問わず直ぐに眠気がつき眠ってしまう社員がおり身体的な疾患が原因ではないかと思え、病院で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 会社は社員の事情をどこまで考慮してくれる?「転勤」に関する取り扱いの最新実態を探る
    サラリーマンに「転勤」はつきものですが、それが転居を伴うものになると、ちょっとした一大事です。引っ越し先を探したり、子供の幼稚園や学校の心配をしたり。家族と離れて単身赴任する場合は自分の健康や経済的な負担も気になってきます。そんな「転勤」をめぐる個人の事情について、今の会社はどれくらい配慮してくれる...
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • 慶弔見舞金の実態 ――結婚、出産祝金の支給状況
    『労政時報』が実施した「慶弔見舞金、休暇制度に関する実態調査」の結果から、慶弔見舞金、中でも結婚、出産などの祝金について、会社・共済会の給付主体別に支給状況や水準を取り上げます。

あわせて読みたいキーワード

サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
転勤プレミアム
「転勤プレミアム」とは、主に転勤のある正社員に対し、転勤のリスクを加味して上乗せされる賃金のことをいいます。転勤が決まれば、住居や家族の仕事、子どもの教育など、生活におよぶ影響はさまざまです。また、実際に転勤を命じられなかったとしても、「いつ転勤になるか分からない」という状態が続けば、人生の見通しを...
配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...