企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会社都合でキャンセルになった社員旅行のパスポート代について

表題の件、質問せていただきます。

社員旅行の申し込み時にパスポートが期限切れだったため、パスポートの更新をしました。
(申込用紙にパスポート受領予定日を記入する欄があり、パスポート申請を急ぎ行いました)
その後、会社都合で社員旅行が中止されてしまった場合のパスポート代は会社に請求できるものなのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿日:2018/11/12 11:55 ID:QA-0080350

サイサトウさん
東京都/鉄鋼・金属製品・非鉄金属

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

会社負担が筋

会社企画の旅行行事が、会社都合でキャンセルなった訳ですから、それに係る費用はすべて会社が負担するのが筋でしょう。

投稿日:2018/11/12 13:57 ID:QA-0080357

相談者より

ご回答ありがとうございます
参考にさせていただきます

投稿日:2018/11/12 14:59 ID:QA-0080360参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

社員旅行が中止となった場合のパスポート申請費用

これは、法令事項ではないので、事業主の立場に立って事業主が負担しない論法とします。

・従業員は、海外旅行に備えてキャリーバック等を新調しても、それを請求する者はいない。それと同じ扱いである。
・パスポートの更新であるなら、既に海外旅行経験はあり、今後も行く可能性があるので、やはり個人で負担するものとなる。
・海外旅行が来年に延期なら、その際に使用してもらう。
・もちろん、海外旅行の中断がやむを得ない状況であることが前提となると思います

投稿日:2018/11/12 14:24 ID:QA-0080358

相談者より

ご回答ありがとうございます
ただ、キャリーケースは旅行申し込みに必要ではありません。パスポートは申し込みに必須事項でしたので、従業員サイドの意見もいただけると参考になります。

投稿日:2018/11/12 15:01 ID:QA-0080361参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

可児 俊信
可児 俊信
株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

社員旅行が中止となった際のパスポート発行費用

先ほどは、事業主の立場で回答いたしましたが、従業員の立場でも回答いたします。

社員旅行がなければ発生しなかった費用なので、当然事業主が負担すべきという主張になります。
しかし、この理屈を認めると、社員旅行でのパスポートの申請費用は事業主が負担すべきということになります。社員旅行の都度、新規および更新費用を事業主が負担することになりかねません。
これはこれで筋が通っていますが、負担が増えますので、慎重に検討すべきです

投稿日:2018/11/12 17:38 ID:QA-0080364

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

人事方針

会社側の命令でパスポート取得をさせたのであれば会社が補償すべきものです。単に記入欄を設けただけでなく、会社として参加を要求(仕事として参加義務)であれば、会社責任で、完全な自由意思であれば補償しないという方針でいかがでしょうか。

投稿日:2018/11/13 10:02 ID:QA-0080368

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

本来は、パスポート代について、個人負担なのか会社負担なのか、会社が事前にアナウンスすべきといえます。

社員旅行が強制であれば、業務の一環とも考えられますが、任意であれば、パスポートは社員旅行以外にも使用できますので、負担をどちらにするかは会社の考え方によります。

この辺が不明確であるため、迷っていらしゃるわけだと思いますが、えてして、このような一見業務とは無関係とも思えることで、社員のモチベ―ションが低下し離職にまで発展するケースも少なくありません。

もやもやするよりは、請求が可能かどうか、まずは上司、あるいは直接人事部に確認してみることをお勧めします。

投稿日:2018/11/13 14:48 ID:QA-0080378

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
就労パスポート
「就労パスポート」とは、障がいのある人の就職や職場の定着を促すために、働く上での自分の特長や希望するサポートなどを記載して、コミュニケーションを円滑にするための情報共有ツールです。2019年11月に厚生労働省が発表した取り組みで、当事者と支援機関が一緒になって作成し、働くためのポイントを事業主にわか...
就労ビザ
就労ビザとは、外国人が他国で働くときに必要な在留資格のことです。ビザにはこの他にも、留学を目的とした人に与えられる「留学ビザ」や、観光に必要な「観光ビザ」などがあります。パスポートとビザの違いは、パスポートが自国の政府が発行するものであるのに対して、ビザは滞在先の国によって発行されることです。
住宅借入金等特別控除
「住宅借入金等特別控除」は住宅ローンを組んで住宅を建築・購入、またはリフォームして住んでいる人を対象に、一定の期間、所得税から一定の金額を控除するものです。「住宅ローン控除」という呼び名でよく知られています。控除を受ける初年度は従業員が確定申告を行いますが、2年目以降は勤務先の年末調整によって控除を...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。