企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14840件   回答数31765

会社都合でキャンセルになった社員旅行のパスポート代について

表題の件、質問せていただきます。

社員旅行の申し込み時にパスポートが期限切れだったため、パスポートの更新をしました。
(申込用紙にパスポート受領予定日を記入する欄があり、パスポート申請を急ぎ行いました)
その後、会社都合で社員旅行が中止されてしまった場合のパスポート代は会社に請求できるものなのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

  • サイサトウさん
  • 東京都
  • 鉄鋼・金属製品・非鉄金属
  • 回答数:5件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2018/11/12 11:55
  • ID:QA-0080350

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
5件中 1~5件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/12 13:57
  • ID:QA-0080357

代表者

会社負担が筋

会社企画の旅行行事が、会社都合でキャンセルなった訳ですから、それに係る費用はすべて会社が負担するのが筋でしょう。

  • 投稿日:2018/11/12 14:59
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます
参考にさせていただきます

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/12 14:24
  • ID:QA-0080358

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

社員旅行が中止となった場合のパスポート申請費用

これは、法令事項ではないので、事業主の立場に立って事業主が負担しない論法とします。

・従業員は、海外旅行に備えてキャリーバック等を新調しても、それを請求する者はいない。それと同じ扱いである。
・パスポートの更新であるなら、既に海外旅行経験はあり、今後も行く可能性があるので、やはり個人で負担するものとなる。
・海外旅行が来年に延期なら、その際に使用してもらう。
・もちろん、海外旅行の中断がやむを得ない状況であることが前提となると思います

  • 投稿日:2018/11/12 15:01
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます
ただ、キャリーケースは旅行申し込みに必要ではありません。パスポートは申し込みに必須事項でしたので、従業員サイドの意見もいただけると参考になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/12 17:38
  • ID:QA-0080364

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

社員旅行が中止となった際のパスポート発行費用

先ほどは、事業主の立場で回答いたしましたが、従業員の立場でも回答いたします。

社員旅行がなければ発生しなかった費用なので、当然事業主が負担すべきという主張になります。
しかし、この理屈を認めると、社員旅行でのパスポートの申請費用は事業主が負担すべきということになります。社員旅行の都度、新規および更新費用を事業主が負担することになりかねません。
これはこれで筋が通っていますが、負担が増えますので、慎重に検討すべきです

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/13 10:02
  • ID:QA-0080368

人事・経営コンサルタント

人事方針

会社側の命令でパスポート取得をさせたのであれば会社が補償すべきものです。単に記入欄を設けただけでなく、会社として参加を要求(仕事として参加義務)であれば、会社責任で、完全な自由意思であれば補償しないという方針でいかがでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/11/13 14:48
  • ID:QA-0080378

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

本来は、パスポート代について、個人負担なのか会社負担なのか、会社が事前にアナウンスすべきといえます。

社員旅行が強制であれば、業務の一環とも考えられますが、任意であれば、パスポートは社員旅行以外にも使用できますので、負担をどちらにするかは会社の考え方によります。

この辺が不明確であるため、迷っていらしゃるわけだと思いますが、えてして、このような一見業務とは無関係とも思えることで、社員のモチベ―ションが低下し離職にまで発展するケースも少なくありません。

もやもやするよりは、請求が可能かどうか、まずは上司、あるいは直接人事部に確認してみることをお勧めします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社員旅行の日に有給休暇の一斉付与をあてることはできるか
社員旅行(費用は会社もち、強制力あり)にこれまで土曜日出勤のところを使って、土日で行っていました。従業員側から、金土にすることはできないのか?という要望が出されています。 1日は土曜日出勤のところをあてるのですが、金曜日を有給休暇の計画的付与を一斉に適用させることはできるのでしょうか。 会社が時季指...
海外出張のためのパスポート取得費用について
社命による海外出張を命じられた社員から、「パスポートを持っていないので、取得費用を会社で負担して欲しい」と言われました。パスポートはプライベートでも使用するものであり、自動車免許の場合は会社負担ではなく、仕事で必要であれば個人負担で取得させていますので、会社負担ではない旨回答しました。しかし、会社で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • 外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
    人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
  • 内定後に「雲隠れ」する転職者の心理
    複数の企業から内定が出た場合、入社する会社以外はすべて辞退しなくてはなりません。転職活動ではよくあることですが、せっかく内定をくれた会社に辞退を伝えるのは、やはり気が重いもの。しかし、人材紹介会社を経由して転職活動を行う場合は、基本的に紹介会社に辞退を伝えればいいだけです。「そこが気楽だから人材紹介...

あわせて読みたいキーワード

サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
分断勤務
「分断勤務制度」とは、1日の所定勤務時間を分割して働くことができる勤務形態のことで、「分割勤務」と呼ばれることもあります。これまでの勤務形態は、昼休憩は挟みつつも「連続して8時間」などが通常でしたが、会社外での勤務を認めるリモートワークが広がり、「オフィスで4時間+自宅で4時間」といった柔軟な働き方...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVE最新版にAI搭載 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...