企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14468件   回答数30730

通勤手当と交通費

いつも参考にさせていただいております。

当社は現場での作業が多く、社員の中には直行直帰をしている者がおります。
そこで質問なのですが、約1ヶ月間現場に直行直帰していたのですが
通勤手当(毎月12,000円支給)とは別に自家用車交通費を支給するべきでしょうか。

その社員の自宅から現場までは結構な距離があり、自宅から会社までの距離は現場までの距離のだいたい半分(中間地点くらい)です。
現在支給している通勤手当は自宅~会社までの分です。

1ヶ月の交通費の算出方法としては、
(往復距離×日数)×ガソリン代(市況)÷燃費 で計算しています。

通勤手当と交通費で二重に同等くらいの金額が発生しますので
支給するべきなのか疑問です。
どうぞご指導のほどよろしくお願いします。

  • DKKさん
  • 熊本県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/02/21 12:20
  • ID:QA-0075013

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/02/21 22:11
  • ID:QA-0075024

代表者

直行・直帰は業務命令、当日の通勤手当不支給、出張旅費支給するのが筋道

▼ 会社が明示しなくても、自宅~客先間の直行・直帰は、業務命令と理解され、所要実費を支弁すべきと考えられ。ます。ここで、厄介なのは、税法上、「給与」である通勤手当と、「旅費交通費」とされる交通費が混在することです。
▼ 手間は掛りますが、この場合、当日は、会社における非勤務日ですから、通勤手当は日割り減算し、出張旅費として実費費用を支給されるのが筋道と言うことになります。尚、旅費規程における記載が必要です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/22 11:22
  • ID:QA-0075033

人事・経営コンサルタント

合理性

ポイントとして社命での業務に伴い、社員が負荷を負わないようにすることが原則です。
本件では事実上(自社への)通勤がないということだとすれば、すべて交通費処理で既定の実費を支払うことになるのではないでしょうか。自社出勤があればその日分のみ日割りで支給となります。
一方、こうした現場作業が基本の場合、そもそもの通勤費を払わず、交通費で対応するという例もありますので、運用は貴社のご判断となります。明文化したルール作りは欠かせません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/22 18:02
  • ID:QA-0075051

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、現場への直行直帰分交通費につきましても業務遂行に不可欠な費用といえますので、法的義務まではございませんが当然に支給されるのが妥当といえます。

文面内容を拝見する限りですと、当人にとりましてはかなりの費用負担となりますので、このような方が実際に多いようでしたら、人材確保の上でも現状に見合うよう通勤規定の内容自体を見直されるのが望ましいといえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
通勤手当の支給
現在、1か月分の定期代を通勤手当として支給しています。ある営業社員の1人が出張が多く、週1回しか事務所にこれません。そこで通勤手当をなくし事務所にくるときの交通費を都度精算して行うことは出来るのでしょうか。
自家用車通勤の通勤手当
いつもありがとうございます。 弊社では自家用車通勤者へ距離による通勤手当を支給しています。 3年前に規定の改定があり、より細かい単位での金額割になりましたが その時点で、既に支給している社員への距離の精査を行わなかった為 改めて精査を行ったところ、少ない金額で支給されたままになった社員が 出てまいり...
通勤交通費に関して
いつも拝見させていただいております。社員が現在の住まいから会社から遠くになる場合の交通費の上限は一般的には支給額は会社が決めてよかったでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
エコ通勤
CO2(二酸化炭素)の排出量を抑えるために、自動車を使わず、徒歩、自転車、公共交通機関などで通勤することを言います。
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...