企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12396件   回答数25725

36協定の特別条項について

            
 当社では研究調査試験および電気工事を業種として36協定を結んで、延長できる時間として3ケ月120時間、年間360時間の延長を定めて所轄の労基署長あてに届けております。
 しかしながら、特別な事業を推進するにあたり、突発的対応(自然災害などによる業務進捗の遅れ、緊急時対応など)に備えるため120時間、年間360時間に収まらない可能性があることから、法律で認められている特別条項を適用できないかと考えております。
 年間6回までの制約があるようですが、たとえば、今年の12月から開始したとして、年度末まで何回できるのでしょうか。また1回(暦月1ヶ月)あたり、1ヶ月の上限を80時間としてもよろしいのでしょうか。さらには、次年度も同様に、1ヶ月の上限を80時間、1年の上限を750時間として申請できるものなのでしょうか。受理の手続きには時間(審査)がかかりますでしょうか。
 実施にあたり、従業員代表(組合なし)への説明と意見書は必要となりますので、順序立てて行う予定ではおります。
 その他、留意点を含めて、実施の見通しについて教えていただければ幸甚です。よろしくお願いいたします。

  • りんごのおいしい季節さん
  • 神奈川県
  • 電気・ガス・水道・エネルギー
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/11/08 19:35
  • ID:QA-0073368

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/11/09 12:40
  • ID:QA-0073378

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

36協定は最低1年の期間となりますので、12/1~11/30までとなります。

延長できる時間を3か月単位ということですので、特別条項は、年2回までとなります。

12/1~3/末までということで4か月間ありますので、2回可能です。

1か月単位に変更するのでしたら、1か月80時間でも労基法上は可能です。次年度も同様です。

受理には時間はかかりません。

  • 投稿日:2017/11/09 14:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

 大変助かりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/11/09 17:46
  • ID:QA-0073397

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、新たに特別条項を設定されるということですので、協定を結び直すことでその時点、つまり特別条項設定時から1年間を対象とする(この間に6回可能)ことで対応されるとよいでしょう。

また特別条項の設定時間に現状上限はございませんので、1か月80時間や1年750時間でも手続上では可能と考えられますが、共に延長時間数が大変多くなりますので、労使間で真摯に協議を行って、極力減じられる事をお勧めいたします。

そして、監督署での審査は形式的なものですので時間はかからないでしょうが、審査が通ったからといって安全面のお墨付きを得たことにはなりえません。それ故、協定違反を犯さない事に加えまして、そもそも特別条項発動を極力しないように業務運営面で残業削減努力をされることが重要です。

  • 投稿日:2017/11/09 18:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
良く理解できました。長時間労働による過労死ラインもありますので、このことも念頭におかなければなりません。
 実施の段階の際には、投稿させていただきたく、その節はよろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
36協定の特別条項の上限時間について
いつもお世話になっております。 弊社は36協定では1ヶ月45時間、特別条項を発動した場合1ヶ月70時間と協定しております。ただ、1人で1回だけなのですが80時間を超えた月がございました。 対応策として、特別条項の上限を80時間以上に協定すると労基署からの是正や改善指導の対象とならないでしょうか。
36協定特別条項を適用した場合の年間残業時間の上限について
特別条項込みの36協定を締結した場合の年間残業時間の上限の解釈についてですが、 例えば、 年6回まで1ヶ月間の残業時間の上限を45→60時間とし、年間の上限を630時間(45時間×6ヶ月+60時間×6ヶ月)としたとします。 この協定に則り、年1回つまり1ヶ月特別条項を適用した場合、年間の残業時間の...
特別条項付36協定の延長手続き
特別条項付36協定締結後、延長の際に必要な手続きとして事前の通知ではなく、「事後の報告」をもって「手続き」と認められるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

マネジメント向け両立支援/カムバボス版!
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...