企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13206件   回答数27653

入社時の辞令の内容について

入社時に全社通知する辞令について、従来は「入社日付」「氏名(ふりがな)」「配属先」を
記載して通知しておりました。

経営者より、年齢も記載した方が良いのではないかとの指摘がありました。
入社する人の年齢を他の社員も知りたいだろうとの意見でした。

私としては、入社する方が女性の場合などで、自分の年齢を全社員に周知するような
会社は嫌なのではないかと思います。

一般的にはどのような内容で通知されているのでしょうか?
また年齢を記載する場合、法的またはプライバシー等で問題がないかご相談させて下さい。

  • ムック3さん
  • 神奈川県
  • 精密機器
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2017/09/12 09:18
  • ID:QA-0072486

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/09/12 09:51
  • ID:QA-0072487

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、辞令についての直接的な法令上の定めはございません。従いまして、どのように記載されるかに関しましても原則会社が任意に決められる事が可能になります。

しかしながら、年齢を記載する業務上の必然性・合理性は通常考え難いですので、プライバシー保護の観点からも開示するのは避けるべきといえます。

  • 投稿日:2017/10/04 09:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

迅速なご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/12 11:00
  • ID:QA-0072489

代表者

入社時の社内公知に年令情報記載は違法

個人情報保護法の観点から、広義の人事異動(入退社・配置転換・昇降格・処罰等)の社内的公知に際しても、公知目的に必要な事項以外は記載すべきではありません。
▼ ご質問の「入社時の年令」は明らかに、利用目的の達成に必要な範囲を超える事項なので、事前に本人の同意を得ない限り法に反する行為になります。
▼ 「入社時の年令」を単なる好奇心レベルでなく、業務上必要であれば、担当責任部署を通じ、その都度、所定の手続きを経て入手すべきだと思います。

  • 投稿日:2017/10/04 09:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
年齢は通知しないことにしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/12 21:21
  • ID:QA-0072502

人事・経営コンサルタント

必要性

個人情報の開示は経営者とはいえ、恣意的に扱うべきものではありません。「みんなが知りたい」では全く開示理由になっておりません。
業務に必要かどうかで判断するもので、所属部門と名前程度で普通は十分なはずです。
通常年齢を会社が一方的に公開するという例を聞いたことがないのは、業務上必要性が無いからだと思います。

  • 投稿日:2017/10/04 09:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

分かり易いご説明ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
新入社員への入社時の辞令について
通常、採用内定時に採用通知を交付いたしますが、新卒新入社員を毎年4月1日付で入社した場合、入社時に採用通知を交付する必要はあるのでしょうか?4月1日の入社式に採用の辞令を交付する意味について教えてください。
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。

定番のQ&Aをチェック

有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...