企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

年俸制の求人票の書き方について

お世話になっております。

表題の件ですが、当社は、「年棒とは別に業績に応じたボーナスを別建てで支給する」としています。

現在求人票の書き方は、
例)
年収 4,000,000円 〜
※ 年収は45時間みなし労働込み、賞与含まず
業績連動賞与:年2回(2016年度支給実績: 2.5ヶ月分)
としています。

実際は、年収のミニマムが、4,930,000円~となっています。

よって、求職者の見え方が実際は、「4,930,000円~」なのに、
「4,000,000円~」となり採用の機会損失となります。

もちろん、賞与は変動給なので場合により支給されないケースもあります。
こちらを踏まえたうえでうまい書き方がございましたらご教授頂けたら幸いです。

お手数をお掛け致しますがよろしくお願い致します

  • Ginさん
  • 東京都
  • マーケティング・リサーチ・テレサービス
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2017/09/07 12:08
  • ID:QA-0072414

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/09/07 18:47
  • ID:QA-0072420

人事・経営コンサルタント

表示

採用情報としてはこのような表記でいかがでしょうか。
給与:年棒制400万円~
昨年実績:年棒+業績賞与93万円
(業績賞与はその年度業績によって変動するので保証ではありません)

これで応募者が知りたい情報はほぼカバーできると思います。ウソはつけませんので、確定部分と未確定部分を分け、実質500万近い給与となることが伝われば十分で、これで理解できない層は恐らくこの条件の対象外ではないかと思います。

  • 投稿日:2017/09/08 09:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考になりました。
ありがとうございました!

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/07 23:12
  • ID:QA-0072430

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます

ご相談の件ですが、「実際は、年収のミニマムが、4,930,000円」、「賞与は変動給なので場合により支給されないケース」といった点の具体的内容によっても異なってきます。

つまり、上記年収ミニマムが賞与を除いた基本給与のみであれば、今後もこの額は保障されるはずですので、単に「年収4,930,000円~」と記載すればよいものといえます。

そうではなく、上記年収ミニマムが基本給与プラス賞与であるとすれば、賞与支給無等によって今後4,930,000円よりさらに低くなる可能性も生じますので、例えば「基本年収額 4,000,000円~ (過去の実績:賞与プラスで年収総額4,930,000円~)」と記載されると分かりやすいといえるでしょう。

いずれにしましても、今後の支給額も見据えた上で虚偽記載とならない内容で分かりやすい表記とされるべきです。

  • 投稿日:2017/09/08 09:47
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考になりました。
ありがとうございました!

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
賞与の支給月変更に関して
いつも参考にさせていただいております。 さて、賞与の支給月変更を検討しておりますが、変更に伴う問題点がありましたらご指摘頂きたく思います。 賞与算定期間・支給月 夏: 1月~6月 →7月支給(現在:12月~5月→7月支給) 冬: 7月~12月→1月支給(現在:6月~11月→12月支給)
1人だけ賞与支給
当方、従業員が10人未満の小さな会社です。 7月と12月に賞与支給をしていますが、このたび設立時より会社に貢献している社員に対し、 一時金を特別賞与と言う形で支給して欲しい、と社長より言われました。 時期は6月ですが、1人だけ賞与支給することは問題ないのでしょうか? よろしくお願いします。
退職者への業績手当支給
当社では営業の業績により業績手当を支給しておりますが 支給方法が4月、5月分を合せて6月に支給という形をとって おります。 4月末退職の場合、1ヶ月給与支給がなく6月に支給となりますが システム上、支給が困難なため給与支給時に在籍していなければ 支給はしないという形にする予定ですが、労基法上、問題...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 2013年役員報酬・賞与等の最新実態
    労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事では、その最新調査結果の中から「常勤役員の報酬・賞与の水準」「業績連動型報酬の導入状況」を中心に、取り上げます。
  • 好況時に優秀な人材を採用する難しさ
    景気が上向きに転じると、同じような求人が乱立して競争が厳しくなったり、転職希望者が忙しくなって転職活動をできなくなったりと、難しい問題が出てくるため、好況になったからといって喜んでいられないのが人材紹介。優秀な人材を採用するために、どのような対応をしているのでしょうか――。
  • 中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法
    中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...