企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12147件   回答数25152

派遣元からの個別契約書が届きません

拠点事務所で、派遣先として派遣個別契約書のとりまとめをしております。(事務職)
各出張所含む事務所にて担当営業が派遣元へ依頼をし、人材を派遣してもらっており、
県外含むそれらの派遣受け入れの契約書の対応をしております。

派遣元から派遣個別契約書が届かず、何度か担当営業を通じて依頼をしても「対応します」のお返事だけで、書類が届かず数か月がたち困っております。
このままにしておいてよいものでしょうか。
また、このまま届かない場合、派遣先としても何か問題がありますでしょうか。
また、何かよい対応がございましたら教えていたけないでしょうか。

この派遣元とは、現在は派遣依頼をしておらず、5か月ほど前の短期での派遣契約書が未締結のままです。
(請求書は届き、支払も終えております)

本来は事前に契約をかわすべきことは弊社担当営業にも伝えてはいますが、派遣受け入れを優先するため、どうしても契約書の取り交わしが派遣開始後になることが多く、私(事務職)が県外の分もすべて契約書については対応しているため、担当営業からの報告が遅くなると、契約書が届かないまま派遣が終わっていた、などということもあります。


初めて投稿しております。わかりにくい点等あるかと思いますが、
ご教示いただけますと幸いでございます。
なにとぞよろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2017/07/05 11:27
  • ID:QA-0071378

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/07/05 14:03
  • ID:QA-0071379

代表者

「契約なき処に契約書なきが如く、契約ある処に必ず契約書あるべし」

▼ 「契約なき処に契約書なきが如く、契約ある処に必ず契約書あるべし」という、弊職が始めて職を持った時に、叩きこまれた事を久しぶりに想起しました。契約は契約書等の書面なくても有効に成立しますが、世の中、当事者間の行き違い、対第三者への抗弁、など客観的立証力を有する書面の整備は、スムーズに取引関係を進める為、欠くべからざる行為です。
▼ この観点から言えば、御社のご担当者が、甘いのか、派遣元側に何か特別な事情があるのか分かりませんが、契約書不在の理由を至急、且つ、徹底的に解明し、正常化することに尽きます。今まで、大きな問題が生じなかったのは、超僥倖と言うべきでしょう。

  • 投稿日:2017/07/06 09:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
当たり前のこととはいえ、すでに終わった派遣案件でもあり、追求するべきか否か迷っておりましたが、やはり必要なこととして対応したいと思います。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/07/05 22:20
  • ID:QA-0071386

人事・経営コンサルタント

商取引

契約なしで取引をするのがどれだけリスキーかはビジネスの常識以前の問題なので、遅れを正当化できる理由は何もありません。すでに取引も終わったとのことですが、派遣期間中に原因のあるトラブルが後で発生した場合など、結局リスクは残ります。
とはいえ、無契約状態で派遣を受け入れてしまうようなコンプライアンスに無頓着な社風は、この問題以外への影響も含め、きわめて危険といえるでしょう。
「言ってるけど聞かない」のはやっていないのと同じで、一事が万事でどれだけ大きな取引を成功させている営業だとしても、どこかで穴を空けるリスクを常に持ち、それまでの利益を吹き飛ばすほどの損害をもたらす恐れのある人間だといえるでしょう。こうしたモラルハザードは人事政策上、絶対に放置すべきではなく、契約書が届かないこと含め、締結と契約書の提出を重大な責任として取り扱うべく、経営判断が必要でしょう。

  • 投稿日:2017/07/06 09:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ご指摘いただいた通り、上司に報告しても反応は鈍く、判断の甘さ等に危惧するところです。改めて対応を検討しすすめていきたいと思いました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/07/06 17:45
  • ID:QA-0071404

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます、

ご相談の件ですが、労働者派遣に関わる個別契約書は派遣開始前に取り交わす事が必要になります。

これを取り交わさない事は勿論、遅れる場合も当然ながら法令違反となりますので、早急に派遣元へ要求されることが必要といえます。法令で義務付けられている以上、派遣業務が終了しているからよいという事にはなりえませんので、注意が必要です。

  • 投稿日:2017/07/06 18:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
皆様からの力強い回答を拝読し、対応にあたる決意ができました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
派遣社員の残業・休日出勤について
派遣先が派遣労働者に残業や休日出勤させたい場合、派遣元が36協定を締結し、届けますが、派遣先と派遣元間で結んでいる契約条件(特別条項付き協定の時間)よりも派遣先での労働時間が超過した場合、派遣先、派遣元にはそれぞれどういった影響(責任・罰則など)が出るのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...