企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15746件   回答数34232

アルバイトの年次有給休暇について

アルバイトの年次有給休暇の付与について教えてください。
当社のアルバイトは、3ヵ月ごとに契約更新をしており、週20時間を超えない範囲で前月末までに翌月の出勤日および出勤時間をアルバイトと相談の上決定しています。したがって、月の出勤日、出勤時間数は、アルバイトの都合によって異なります。
このような場合、年次有給休暇は付与すべきなのでしょうか?

  • *****さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2007/01/12 14:35
  • ID:QA-0007114
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/01/12 19:54
  • ID:QA-0007119

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

法定の年次有給休暇は、アルバイトのような短時間労働者であっても付与しなければなりません。

有休の発生要件については、正社員同様、雇用開始の日から6ヶ月継続勤務かつ労働日の8割以上出勤と変わりありませんが、その付与日数につきましては労働日数に比例して少なくなります。

御社の場合には週の所定労働日数が決まっていないようですので、1年間の所定労働日数によって最初(入社6ヶ月目)の有休付与日数は以下の通りとなります。

・1年間の所定労働日数が217日以上‥10日
・1年間の所定労働日数が169日~216日‥7日
・1年間の所定労働日数が121日~168日‥5日
・1年間の所定労働日数が73日~120日‥3日
・1年間の所定労働日数が48日~72日‥1日

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/01/16 23:40
  • ID:QA-0007143

オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事有難うございます。
(※所用で回答が遅くなり大変失礼いたしました。)

ご質問の件ですが、年次有給休暇につきましては当日労働を行わないわけですから有休日の労働時間を計算する必要は無く、「有休日に支給すべき賃金」を計算することが求められます。

その場合の「支給すべき賃金額」ですが、通常の場合、御社のように所定労働時間が決まっていなければ、労基法第12条の「平均賃金」の額を支払うことになります。
計算方法は以下の通りです。

平均賃金=過去3ヶ月間の賃金総額÷過去3ヶ月間の総日数
(※但し、次の額が上記算式の額を超える場合には、次の額となります。
・「賃金総額を実際の労働日数で割った金額の6割の額」)

従いまして、御社のような不規則な労働パターンの場合、平均賃金は毎月変わりますので有休日の賃金額もそれに合わせて変動することになります。

  • 投稿日:2007/01/17 17:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

服部様
ご回答をいただき、どうもありがとうございました。とてもよく分かりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
アルバイトの有給休暇について
アルバイトの雇用契約書にて、有給休暇のことを表記する必要はありますでしょうか?
前年度年次有給休暇未付与者の繰越について
年次有給休暇の繰り越しについてご質問です。 前々年度に出勤率が8割に満たないために前年度に年次有給休暇が付与されなかった職員について、 前年度は出勤率が8割に達したので、年次有給休暇を付与致します。 その際、前年度付与されなかった日数分を繰り越しても宜しいのでしょうか。 ご教示宜しくお願い致します...
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • どうする? 迫る社会保険の適用拡大
    パートタイマー白書や就職活動の意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査を考察。今回は「厚生年金・健康保険の適用拡大」について。厚生年金・健康保険への加入要件が「週30時間以上または年収130万円以上」から「週20時間以上または年収106万円以上」に引き下げられますが、パート・アルバ...
あわせて読みたいキーワード
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...
代替休暇制度
2010年度から施行された改正労働基準法では、1ヵ月60時間を超える時間外労働に対する法定割増賃金率を現行の25%以上から上乗せして、50%以上に引き上げました。「代替休暇制度」とは、この上乗せ部分(25%)の割増賃金の支払いに代えて、有給の休暇を付与するしくみです。同制度を導入するためには、代替...
定番のQ&Aをチェック
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。