企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15382件   回答数33230

フレックスタイムについて

いつもお世話になっております。

フレックスタイム制について、ご質問があります。

現在フレックスタイム制にて勤務している従業員がいるのですが、諸事情によりしばらくの間は夜10時から翌朝6時までの勤務をお願いする事になりました。

弊社ではコアタイム、フレキシブルタイムは設けていないのですが、フレックスタイム契約の下で働く従業員を言わば夜勤専属のように扱う事は問題ないのでしょうか?
夜勤手当等は確実に払う事にしており、今回の対応はあくまで2~3週間程度の臨時的なものです。

  • jindaさん
  • 栃木県
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2017/03/08 13:37
  • ID:QA-0069603
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/03/09 22:16
  • ID:QA-0069631

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、フレックスタイム制の有無に関わらず、文面のような変更は現行の労働条件に反しますので、通常認められません。

但し、本人が自発的に同意された場合ですと、期間を明示された上で臨時に勤務してもらう事は差し支えございません。あくまで「自発的同意」を要しますので、無条件で提示に対する諾否の自由を認めなければならない点に留意が必要です。

  • 投稿日:2017/03/10 11:38
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

自発的同意とは、どのような形式によるものが妥当なのでしょうか。
「〇月〇日から〇月〇日まで、夜勤業務にて勤務してもらえるか」という会社側の意思表示に対して答えてもらう形で宜しいのでしょうか。”自発的”という解釈が出来ず、ご教示願えれば幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/03/10 22:51
  • ID:QA-0069649

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「自発的同意とは、どのような形式によるものが妥当なのでしょうか。
「〇月〇日から〇月〇日まで、夜勤業務にて勤務してもらえるか」という会社側の意思表示に対して答えてもらう形で宜しいのでしょうか。”」
― ご文面の業務指示に近いような言い回しでは事実上強要と受け取られかねませんので、避けるべきといえます。まずは夜勤業務が必要となる事情をきちんと説明された上で、「出来るようであれば〇月〇日から〇月〇日までの期間に限りお願いしても大丈夫でしょうか?」といったご相談モードで提示される事が必要です。それで本人が断ればそれ以上のお願いは原則として出来ません。そういった本人の自由意思が示されかつ認められるような状況での同意を得ることが必要になります。

  • 投稿日:2017/03/13 10:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご教示頂きありがとうございます。
あくまでも相談形式で依頼するように気を付けたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
フレックスタイム制のコアタイムの設定について
フレックスタイム制の導入を検討しています。 弊社の勤務時間は9時-18時ですが、コアタイムの時間設定をどうすべきか思案しております。 ①コアタイムなし(完全フレックスタイム) ②コアタイム1時間 ③コアタイム2-3時間 ④コアタイム4-5時間 ⑤コアタイム6-7時間 上記のような、フレックスタイム制...
フレックスタイム制における半日休暇(有給)について
フレックスタイム制においてコアタイムが10:00~15:00の 場合の半休はどの様に扱えば良いのでしょうか。ちなみに所定労働時間は9:00~18:00の8Hとなっております。
フレックスタイム制のフレキシブルタイムの設定について
フレックスタイム制のフレキシブルタイムの変更を検討しています。現在は、フレキシブルタイムの開始時間が朝の5時、終了時間が夜の10時となっております。開始時間および終了時間それぞれ、最も一般的な時刻は何時でしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
フレックスタイム制
働き方改革への意識が高まるなか、労働者が柔軟に勤務時間を決められるフレックスタイムに注目が集まっています。法改正が進み、人事制度の充実に向けて導入の検討を進めている企業もあるでしょう。社員の最適な働き方を目指したこの制度は、労働者および企業にどのようなメリット・デメリットを与えるのでしょうか。また、...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...