無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

社員旅行での自由行動と会社の管理責任について

この度、全額会社負担で社員旅行に行くことになり、幹事を担当することになりました。
行き先は国内、日程は2泊3日の予定で、2日目は完全に自由行動とする予定ですが、
その際の行き先や行動予定を社員に申告させる必要はあるでしょうか?
検討する中で賛否両論出ており、判断に迷っています。
〈必要派の意見〉
 ・自由行動とはいえ会社主催なので、ある程度行動予定を把握しておく必要がある。
 ・万一、事件等に巻き込まれた際に、行動予定を把握していないと会社の管理責任が問われる。
〈不要派の意見〉
 ・自由行動なのだから、決められた時刻までに帰って来るよう注意喚起するだけでよい。
 ・自由行動なのに拘束感を与えるような申告はさせるべきでない。

特に、事件・事故等があった場合にどこまで会社として管理しておくべきなのか
(管理責任が問われるのか)、アドバイスをいただけましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

投稿日:2016/10/11 20:47 ID:QA-0067765

shinmaijinjiさん
東京都/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社の費用負担有無よりも、この旅行が強制参加であるか任意参加であるかによって判断すべきといえます。

つまり、原則全員参加の指示が出されている場合ですと、旅行時間については労働時間とされ会社の指揮命令下にあることになります。その場合ですと、事故があった際には会社側での管理責任の問題も問われる可能性が無いとまでは言い切れません。従いまして、全くの行動自由とする事はリスク管理上避けるのが妥当といえます。

一方、任意参加であれば、会社が全額費用を出されたとしましても、基本的に業務と無関係であるレクリエーションの域を出ませんので、原則会社が責任を問われる事はないものといえます。

投稿日:2016/10/12 09:39 ID:QA-0067768

相談者より

ご回答ありがとうございます。
旅行の扱いと致しましては、休日扱い・任意参加を予定していますので、ご回答を参考に、最低限の注意喚起に留めようかと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2016/10/12 10:55 ID:QA-0067769大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

必要派の意見を尊重

▼ 税法、労災,個人賠償責任など、色々、考慮すべき事項がありますが、参加の任意性、費用の会社支弁、特休付与の有無関わらず、「会社主催」という事実は動かせません。自由時間中の社員の行動は、利害関係のない第三者にとっては、「会社主導のレクリーション参加中の行為」としか映りません。
▼ ご相談の「行動予定の把握の要否」は、社内と言うコップの中の、自己防衛論の問題です。「何も起きないかもしれない」は「何でも起こり得る」と背中合わせです。自由行動というのは、「会社主催」という傘の中の議論で、被害者等、第三者にとっては関係のないことです。「事故は起こってからでは遅い」ことに思いを致し、回答者としては、必要派の意見を支持致します。

投稿日:2016/10/12 12:14 ID:QA-0067770

相談者より

ご回答ありがとうございます。
ご指摘のとおり、会社主催ということを重視し検討してまいりたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2016/10/18 10:05 ID:QA-0067842大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

社員旅行の目的

完全自由行動で社員旅行というのが今一つイメージできません。強制参加であれば、当然業務ですので、会社が行動を把握する必要があるでしょう。完全自由意思で、参加圧力や不参加であっても、何一つ不利益を被ることがないのであれば、会社の責任は限定的だと思います。ただ旅行のど真ん中で完全自由行動を入れる明確な目的がないのであれば、全体行動までを社員旅行とし、終了後自由解散にしてはいかがでしょうか。

投稿日:2016/10/12 22:05 ID:QA-0067777

相談者より

ご回答ありがとうございます。
実施までかなり時間がありますので、行程につきましても検討を重ねてまいりたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2016/10/18 10:06 ID:QA-0067843大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
行動観察シート

チームメンバー(部下)の「行動評価」や「行動開発(能力開発)」をするためのデータの基本となるものです。
行動評価、行動開発の基本は「行動観察」です。
行動観察は2ヶ月くらい毎日、訓練しないとなかなか習得できません。
メンバーの行動開発のみならず、リーダー(管理者)自身の行動開発も可能となります。
パソコンに向かって仕事をしている姿が一般的になったチームリーダー(管理者)は、個人の成果は上がるかもしれませんが、チームのマネジメントができません。
チームのマネジメントやリーダーシップの発揮は、チームメンバーひとりひとりを良く観ることから始まります。
このシートを使い、2ヶ月間地道に観察を続けていると「大きな気づき」を得ること間違い無しです。

有限会社ライフデザイン研究所

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード